【さいたま市】9条俳句拒否撤回を 市教委に共同センター


さいたま市大宮区の三橋公民館で起きた9条俳句掲載拒否問題で、憲法改悪反対さいたま共同センターは10日、市教育委員会に掲載拒否の撤回を求める請願と署名203人分を提出しました。

請願は、同館俳句サークル会員が詠んだ「梅雨空に『九条守れ』の女性デモ」の句を、公民館側が「公民館だより」へ掲載せず、作者やサークルに代わりの句を要求したことについて、「自主的な活動を積み重ねてきた公民館利用者を侮辱するもの」と批判。不掲載を撤回するとともに、憲法を順守し、市民の言論・表現を統制しないよう求めています。

請願者代表の前島英男さん(さいたま地区労議長)は「教育委員会でも、この問題をちゃんと話し合ってほしい」と訴え、応対した市生涯学習総合センターの担当者に請願を手渡しました。

市教委の定例会議は20日に開かれます。共同センターは引き続き署名を集めて追加提出することにしています。(赤旗2014年11月13日付より)