党躍進で安倍暴走に審判 梅村北関東比例候補が宣伝


党市議と宣伝する梅村比例候補(中央)=2014年11月14日、蕨市

党市議と宣伝する梅村比例候補(中央)=2014年11月14日、蕨市

日本共産党の梅村さえこ・衆院北関東ブロック比例候補は14日、埼玉県蕨市のJR蕨駅前で、党市議団と早朝の駅頭宣伝を行いました。

梅村氏は、安倍内閣が解散・総選挙に動き出していることについて、「暴走政治への国民の反対の声が、これ以上広がらないうちに選挙をしてしまおうという党利党略によるもので、許すことはできません」と批判。

「解散しなければならないところまで追い込んだのは国民です。対案を示して安倍自公政権と正面から対決している日本共産党を大きく伸ばしてください」と訴えました。

梅村氏は、国民の怒りを呼んだ「政治とカネ」の問題に触れ、政治の腐敗を生み出している政党助成金の廃止を主張。「教育や福祉の充実にこそ税金を使うべきです」と強調しました。

ビラを受け取りに戻ってくる通勤者や、遠巻きに耳を傾ける市民の姿が見られました。(赤旗2014年11月15日付より)