消費税増税ストップ 集団的自衛権行使反対/党埼玉県委 国会へ署名


塩川衆院議員(右から3人目)に署名を手渡す梅村衆院比例候補(同2人目)と埼玉の衆院小選挙区候補(左3人)、伊藤氏(右端)=2014年11月18日、衆院第2議員会館

塩川衆院議員(右から3人目)に署名を手渡す梅村衆院比例候補(同2人目)と埼玉の衆院小選挙区候補(左3人)、伊藤氏(右端)=2014年11月18日、衆院第2議員会館

日本共産党埼玉県委員会は18日、衆院第2議員会館で、「消費税増税ストップ」「集団的自衛権の行使反対」の署名を、塩川鉄也衆院議員(衆院北関東ブロック比例候補)に手渡しました。梅村さえこ同比例候補や衆院小選挙区候補、来年のいっせい地方選候補、伊藤岳参院埼玉選挙区候補らが参加しました。

「消費税」の署名は1万2243人分、「集団的自衛権」の署名は5620人分です。

署名を受け取り、あいさつした塩川氏は、安倍内閣が消費税10%増税の先送りを表明したことについて「増税中止を求めるみなさんの運動の成果です。たたかいが安倍内閣を追い込んだのであり、たたかいを広げるような総選挙の結果にしよう」と語りました。

塩川氏は、景気悪化の原因が消費税8%増税などの「安倍失政」によるものだと指摘。それに加えて、原発再稼働や環太平洋連携協定(TPP)推進などへの批判を恐れての解散・総選挙だと述べ、「これらを実施させないためにも総選挙でノーの審判を下そう」と訴えました。

梅村氏は「いったん決めた増税を先送りさせたということは、消費税反対の運動の中でも画期的なことです。運動で培った思いをぶつけて勝利をもぎ取りたい」と力を込めました。(赤旗2014年11月19日付より)