比例候補駆ける/北関東ブロック 塩川鉄也さん(52)/暮らし、平和に全力


市民と握手する塩川候補=2014年11月21日、新座市

市民と握手する塩川候補=2014年11月21日、新座市

「安倍内閣の暴走政治に待ったをかける絶好の機会。私の再選と、梅村さえこ比例候補の当選を勝ち取って、北関東ブロック(定数20)での2議席以上獲得へ、頑張ります」。塩川鉄也候補は連日街頭で訴えます。

国会では5期15年、原発・エネルギー、中小企業、地域経済、地方行政、放送・通信・郵政問題などに精力的に取り組んできました。2014年通常国会では、質問回数が54回で1位にランクされました。

2月に首都圏を襲った大雪災害では、農家などの窮状を調査。国に要望を届け、農業用ハウスの再建補助金や地方自治体の除雪補助金の拡充などが実現しました。

群馬県などで深刻な騒音被害をもたらす米軍機の低空飛行問題では、米軍が航空管制を握り、「訓練エリア」にしていることを明らかにし、「『米軍特権』を許すな」と追及しました。

埼玉県平和委員会の二橋元長事務局長は「塩川さんは、米軍が市街地の上空で実戦さながらの訓練をしていることを暴露し、追及してくれました。暮らしと平和にとってかけがえのない議員です」と期待を寄せます。

 

プロフィール

1961年、埼玉県日高市生まれ。東京都立大学卒業。日高市職員などを経て、2000年衆院選の比例北関東ブロックで初当選。

(赤旗2014年11月23日付より)