比例候補駆ける/北関東ブロック 梅村さえこさん(50)/子育て世代と一緒に


訴える梅村候補=2014年11月17日、新座市

訴える梅村候補=2014年11月17日、新座市

2度目の国政への挑戦で、塩川鉄也候補=前=とともに、北関東での2議席絶対確保をめざし、連日4県を駆け巡っています。

1990年の消費税をなくす全国の会の結成に参加し、市民運動を続けて20年以上。消費税が、庶民や中小企業をどれほど苦しめてきたかを目の当たりしてきました。「消費税増税は先送りではなくきっぱりと中止し、消費税に頼らない政治の実現で、国民の暮らしと営業を守ります」と力を込めます。

地元の埼玉県蕨市では、2児の母親として保育園の保護者会や学童保育の役員、「蕨駅にエレベーター設置を求める市民の会」会長などを務め、子育てママと一緒に民主姿勢への転換にも力を尽くしました。新日本婦人の会埼玉県本部会長の加藤ユリさん(68)は「子育てをしながら、いつも明るく訴えているのが印象的です。消費税や女性への差別の問題など、国民の立場でがんばってほしい」と期待を寄せます。

梅村候補は訴えます。「暴走政治ときっぱり対決し、対案を示して国民とともにたたかう共産党の議席を伸ばして、新しい政治をつくりましょう」

 

プロフィール

1964年愛知県名古屋市生まれ。立命館大学文学部卒業。消費税をなくす全国の会事務局長など。党准中央委員、書記局員、女性委員会副責任者。

(赤旗2014年11月23日付より)