総選挙募金へのご協力をお願いします


総選挙での躍進めざす
供託金募金・選挙闘争募金にご協力をお願いします

2014年11月 日本共産党

 

日本共産党を支持してくださるみなさん、「しんぶん赤旗」読者、党員のみなさん

今回の解散・総選挙は、「海外で戦争する国づくり」、消費税増税、雇用と社会保障の改悪、原発再稼働、沖縄の新基地建設、「政治とカネ」問題など、安倍暴走政治が、国民の世論と運動に追い詰められた結果の選挙です。

安倍暴走政治に主権者国民が直接「ノー」の審判をくだす絶好の機会です。日本共産党は、安倍内閣の暴走と亡国の政治に正面から対決し、国民の立場で対案を示し、各界各層の人々と共同をすすめてきた党です。日本共産党が躍進してこそ、暴走政治にストップをかけ、国民の声でうごく政治へと転換する大きな力になると確信しています。

そのために日本共産党は、比例代表選挙の全ブロックでの議席獲得・議席増と小選挙区での議席獲得をめざしてたたかいをすすめています。自民党に匹敵する数の候補者を立てる唯一の党です。全国のすみずみから暴走政治批判の声をきっちりとあげてたたかい、昨年の東京都議選・参院選に続いて必ず躍進する決意です。

 

みなさん

こういう日本共産党のたたかいには、どんなに節約に努めても、大きな資金が必要です。日本共産党はいま、供託金募金と選挙闘争募金を合わせた一大募金運動をすすめており、みなさんの絶大なご協力をお願いしています。

候補者1人当たり、比例600万円・小選挙区300万円という世界の中でも異常に高額な供託金制度は不当なものですが、短期間に一気に総額何億円もの額を用意しなければ立候補もできません。さらに全有権者に党の政策、候補者を知らせるためのビラ、ポスターなどの宣伝物の作成、宣伝カーの運行、候補者の活動保障、事務所の確保と維持など、さまざまな選挙費用が一気に必要になります。もちろん、供託金も選挙費用も、党として一定の備えはしてきましたが、一大募金をお願いしなければならないのが実情です。

みなさん。日本共産党は、国民の血税を分け取りする政党助成金やおおっぴらな政治の買収である企業・団体献金を一円も受け取らず、すべての活動資金を党員・支持者と国民のみなさんに頼って賄っている日本でただ一つの政党、だからこそ国民の立場を貫ける最も確かな党です。

暴走政治ストップの募金、政治を転換する募金です。急を要する募金です。ご支援・ご協力を重ねて心からお願いします。

 


 

【募金先は】

▼募金は、もよりの都道府県・地区委員会または党支部、議員にお願いします。

▼中央委員会に郵便振替で送金される場合は下記にお願いします。
【口座番号】00170―7―98422
【加入者名】日本共産党中央委員会
通信欄に住所、氏名、職業、および「総選挙募金」と記入してください。

▼銀行口座から送金される場合は、
ゆうちょ銀行 店番〇一九(ゼロイチキュウ)
【口座・受取人名】当座0098422
ニホンキョウサントウチュウオウイインカイ
送金と同時に、bokin@jcp.or.jp に、氏名、住所、職業、金額、および「総選挙募金」と明記したメールを送信してください。

※いずれの場合も、送金手数料はご負担願います。