わいろ政治の根断つ 塩川比例候補訴えに共感


市民と握手する塩川候補=2014年12月5日、越谷市

市民と握手する塩川候補=2014年12月5日、越谷市

塩川鉄也北関東比例候補は5日、埼玉県の越谷市や三郷市で党員、後援会員と宣伝しました。

塩川候補は「政治とカネ」の問題で、「政党助成金にどっぷりつかった政党に国民の声は届かない」と同制度の廃止を主張。安倍政権が原発を推進するかたわらで、ゼネコン業界や原発メーカーから自民党への献金が大幅に増えていると指摘し、「こういうわいろ政治を断ち切ってこそ原発ゼロの社会を実現できる」と企業・団体献金禁止を訴えました。

JR南越谷駅前では、待ち合わせをしていた人がじっと耳を傾けたり、「しんぶん赤旗」号外をじっくり見ていたりしました。

足を止めて聞いていた女性(61)=越谷市=は「集団的自衛権は反対。医療や介護の改悪も不安です。消費税は10%どころかなくしてほしい。企業献金や政党助成金をもらう政党では私たちを向いた政治はできないという話はその通りだと思います」と話しました。(赤旗2014年12月6日付より)