介護保険料の軽減を さいたま市議会 山城屋議員要請


このほど開かれた、さいたま市議会一般質問で日本共産党の山城屋せき市議は、介護保険料の負担軽減を求めました。

山城屋氏は、来年4月の介護保険料改定で大幅な引き上げがされれば、高齢者の暮らしにさらに大きな負担となると指摘し、「国庫負担の増額を求めつつ、介護保険給付費等準備基金の全額取り崩しや一般会計からの繰り入れなども行い、基準額が現行から高くならないような措置をとるべきだ」と迫りました。

大塔幸重保険福祉局長は、「繰り入れは考えていない」と答弁。山城屋氏は、「高齢者が地域で安心して生活できるように市が施策を行うべきだ」と重ねて負担軽減を求めました。(赤旗2014年12月18日付より)