平和の議席もう一度 埼玉県議選 上尾・伊奈区/いっせい地方選ルポ 激戦区


市民の期待に応えて奮闘する新藤候補=2015年3月15日、上尾市

市民の期待に応えて奮闘する新藤候補=2015年3月15日、上尾市

埼玉県議選南13区(上尾市・伊奈町、定数3)で、日本共産党の新藤たか子候補(60)=新=は、共産党の議席が8年間空白になっている同区で何としても党の議席を取り戻そうと奮闘しています。

 

8年空白 克服に全力

上尾市の共産党は2007年までの28年間、県議を送り出してきましたが、最近2回の選挙では当選できていません。今回の選挙から伊奈町が選挙区に加わり、1増の3議席をめざす同町議選(定数16)での勝利とともに県議選必勝に向け全力をあげています。

新藤候補のほかに、自民党は前上尾市議の新人2人、民主、公明両党が現職1人ずつ、無所属で前上尾市議の新人が名乗りを上げ、選挙戦は有力6候補による多数激戦です。

 

介護経験を語り

新日本婦人の会の事務局長や地域鉄道ニューシャトルの「利用者の会」会長として、住民の願い実現の先頭に立ってきた新藤候補。連日、対話・宣伝に全力をあげています。

新藤候補は、母を介護した経験を語りながら、安倍政権による介護保険サービス縮小や介護報酬引き下げなどの介護保険改悪を批判。「高い保険料を払って、いざとなったら制度を使えない。こんなことは許せません」と述べ、「政治を変える共産党を大きくしてください」と訴えています。

 

逆立ち正すため

県議会では、自民・民主・公明などの「オール与党」が、福祉切り捨て、無駄なダム建設推進の県政を後押ししている実態を語り、「逆立ちした政治をただすため、県議会に送ってください」と力を込めます。

こうした訴えに、通りかかった人や車中からの声援が増え、「自民党にはもう飽き飽きした」と共産党に期待を寄せる有権者が広がっています。

自民党の2候補は町中にポスターを貼り出すなど、競い合って保守層の掘り起こしにしのぎを削っています。民主党は集会などをこまめに回り、公明党は共産党支持者にも「票を分けてほしい」と頼みにくるなど必死です。

 

埼玉県議選の様相
2議席から8超目指す

埼玉県議選(定数93、1減)で日本共産党は、現有2議席から、議案提出権を持ち、議会常任委員会すべてに委員を送れる8議席以上をめざします。16人(現2、新14)が立候補を表明しています。

自民党は現有49議席に対し、推薦を含む65数人が立候補する見込みで、民主党は現有12議席に対し、推薦を含む15人程度、公明党は現状維持の9人が立つ見込みです。(赤旗2015年3月19日付より)