県民の願いとスクラム組み、実現する党を大きく/埼玉3市 山下書記局長が訴え


聴衆の声援にこたえる(左から)秋山文和県議候補と山下芳生書記局長=2015年4月5日、春日部市

聴衆の声援にこたえる(左から)秋山文和県議候補と山下芳生書記局長=2015年4月5日、春日部市

聴衆の声援にこたえる(左から)新藤たか子県議候補、山下芳生書記局長、伊藤岳参院埼玉選挙区候補、奥田智子参院比例候補=2015年4月5日、上尾市

聴衆の声援にこたえる(左から)新藤たか子県議候補、山下芳生書記局長、伊藤岳参院埼玉選挙区候補、奥田智子参院比例候補=2015年4月5日、上尾市

訴える山下芳生書記局長と青柳しんじ県議候補=2015年4月5日、さいたま市

訴える山下芳生書記局長と青柳しんじ県議候補=2015年4月5日、さいたま市

日本共産党の山下芳生書記局長は5日、埼玉県春日部市、上尾市、さいたま市の駅頭で演説し、「どんなに後ろ向きの県政であっても、県民の願いとスクラムを組んで頑張り抜き、実現するのが共産党だ」と述べ、党躍進で県政、さいたま市政を前に動かす力をさらに大きくと訴えました。

現有2議席から議案提案権を持つ8議席以上をめざす埼玉県議選。現有7議席のさいたま市議選では全行政区の11議席に挑みます。どの駅頭でも多くの聴衆から何度も声援と拍手が送られました。

「アジアへの侵略戦争に命がけで反対した筋金入りの反戦平和の党、共産党に『戦争立法』ノーの願いを」

山下氏はこう語るとともに、「『世界で企業が一番活躍しやすい国』ではなく、国民が世界で一番、安心して暮らせる日本を、その願いを共産党に託してください」と呼びかけました。

上田県政は、「住民福祉の増進」という地方自治体の本来の役割を投げ捨てる一方、治水・利水に役立たない八ツ場ダム(群馬県)建設にさらに132億円をつぎ込もうとするなど、無駄な巨大開発を推進。この逆立ちした県政に、共産党以外は何でも賛成の「オール与党」です。自民党や右派会派などは自分たちの気に入らない日本史教科書を採択した高校長8氏を文教委員会に呼んでつるし上げ。県立高校の修学旅行の平和教育も問題視し、生徒の感想文を提出させ、審議するなど異常な事態です。

「教育の内容や子どもたちの内心にまで土足で介入する。政治が絶対にやってはならないことだ」と批判した山下氏。「知事の逆立ちをたださないだけじゃない。自分たちの歴史観、教育観が逆立ちしている。こんな議員に埼玉の県政、子どもたちの未来を託すことはできない」と力説すると、「そうだ」の声と拍手がわきました。

山下氏は、共産党が県民の願いに応えて提案し、▽竜巻などの災害を受け、県独自の被災者生活再建支援制度を創設▽人口あたりの医師数が全国最低の現状打開へ、県独自の医学生奨学金創設などの医師確保対策に踏み出したことなどをあげ、8議席以上への躍進を訴えました。

埼玉県春日部、上尾、さいたまの3市で5日、山下芳生書記局長を迎えて行われた街頭演説では県議候補の秋山文和(春日部市)、新藤たか子(上尾市・伊奈町)、青柳しんじ(さいたま市見沼区)の3氏、さいたま市議候補10氏も訴えました。(赤旗2015年4月6日付より)