皆さんの声県政に/定数2で自民現職破る 前原氏決意 埼玉県西5区


当選を報告する前原氏(左)=2015年4月13日付より、ふじみ野市

当選を報告する前原氏(左)=2015年4月13日付より、ふじみ野市

12日投開票された埼玉県議選西5区(ふじみ野市・三芳町、定数2)で、日本共産党の前原かづえ氏(65)=新=は9965票(投票率24.51%)を獲得し、自民党の現職を破って当選しました。

前原氏は13日朝、東武東上線上福岡駅前で宣伝し、当選を報告。市民から「良かったね」「頑張って」と声がかかり、握手を求める人もいました。

「戦争立法」などの安倍政権の暴走にストップをかけ、「暮らし・教育・福祉応援の県政を」と訴えた前原氏。選挙中、元民生委員の女性から「安倍さんはこわいから頑張ってよ」と声をかけられるなど、保守・無党派の人たちからも期待が寄せられました。

女性は選挙後、「安倍さんは戦争をしたいのだと感じるし、聞く耳を持たないから前原さんに何とかしてほしかった」と語りました。

同区は、今年からかつて議席を持っていた旧上福岡市と旧大井町・三芳町の選挙区が統合され定数が1から2となり、共産党と後援会は何としても前原氏を当選させようと奮闘。これまでの後援会員や支持者に対する支持拡大だけでなく、テレデータを使った「声の全戸訪問」に取り組み、選挙終盤には後援会員に「折り入って作戦」で支持を広げてもらいました。

前原氏は「みなさんの『暮らしを良くしてほしい』という願いを受け止め、暮らしと平和を守り、みなさんの声を県政に届けるために頑張ります」と話しています。(赤旗2015年4月14日付より)