東北地方太平洋沖大震災救援募金をよびかけ


日本共産党埼玉県委員会は、11日午後発生した東北太平洋沖大地震の被災地・被災者救援のため12日朝、「党埼玉県東北地方太平洋沖大震災救援対策本部」〈本部長:小松崎久仁夫委員長〉を設置し、埼玉県の全ての党組織が、次の活動にとりくむことにしました。①県内の地震による被災状況を点検し、行政とも協力して必要な援助活動をおこなう。②救援募金にとりくむ――ことを確認しただちに活動を開始しました。
このよびかけに全県の党組織が活動に立ち上がっています。訪問すると、ブロック塀の倒壊、水道管の水漏れ、屋根瓦の落下など各所で被害の実態が起きていることが判明し、建設会社、大工さんの紹介などその場でできる援助をおこないながら、被災地出身の方々からは、家族、親戚の安否を気遣っていることがつぎつぎ訴えられました。
駅頭や地域で募金活動にとりくんでいる党議員と党支部は、被災と被災者を一刻も早く救援してほしいの思いがこもった募金をただちに日本共産党中央委員会を通して、送る手続きをしました。
 
救援募金は、お近くの党員か、または党議員、もよりの党地区委員会へご連絡いただければお伺いします。党県委員会への救援募金の振込先は、次の口座にお願いします。
【郵便振替口座】00110ー1ー562668
【口座名義】 埼玉県委員会
※通信欄に「地震救援募金」など、募金の趣旨がわかるようにご記入ください。
 
みなさんから寄せられた募金は、党県委員会の責任で、党中央委員会を経由して被災をうけた自治体、行政機関に届けさせていただきます。みなさんのご協力をお願いします。
募金に対する問い合わせは、日本共産党埼玉県委員会(℡048-658-5551)または、もよりの党事務所、党員まで。