【さいたま市】議長・委員会など決定 共産党、議運委に常時2人


さいたま市議会5月臨時会開く

4月の市議選後初となる、さいたま市議会5月臨時会が1日に開かれ、市長提出の専決処分報告議案3件を承認し、正副議長や委員会の所属などを決定しました。

正副議長の選挙で日本共産党は、議長に山崎章議員、副議長に戸島義子議員を候補に立てました。無記名投票の結果、議長に桶本大輔議員(自民)、副議長に小森谷優議員(公明)が選出されました。

新しい会派構成は、▽自民党23▽民主改革16(民主党と改選前に「改革フォーラム」に所属していた議員で構成)▽公明党11▽日本共産党8▽無所属2です。

改選時比1増の8議席となった共産党は、議会運営委員会に常時2人の委員をおけるようになり、予算委員も2人から3人になりました。

1日に決まった日本共産党市議団の所属委員会・新役員は次の通りです(敬称略、◎は副委員長、○は理事)。

 

▽総合政策=神田義行

▽文教=久保美樹

▽市民生活=鳥海敏行、松村敏夫

▽保健福祉=◎守谷千津子、戸島義子

▽まちづくり=山崎章、大木学

▽予算=○久保、戸島、松村

▽議会運営=神田、戸島

 

新役員

▽団長=山崎

▽幹事長=神田

▽副団長=戸島(幹事長代理を兼務)、鳥海

(しんぶん赤旗2015年5月2日付より)