戦争法案ノーを埼玉から/知事選告示 柴田候補が訴え


第一声をあげる柴田候補=2015年7月23日、さいたま市

第一声をあげる柴田候補=2015年7月23日、さいたま市

埼玉県知事選が23日告示(8月9日投票)され、「民主県政の会」代表で県労働組合連合会議長の柴田やすひこ氏(62)=無所属新・日本共産党推薦=が立候補しました。

知事選は現新5人が立候補。事実上、柴田氏と、4選をねらう上田清司氏(67)=無所属現=、元総務省官僚の塚田佳祐氏(58)=無所属新・自民党県連推薦=の有力3氏による争いです。

柴田氏は「一番の争点は戦争法案だ。埼玉から戦争法案を廃案に追いこむ」と強調。日本の侵略戦争の誤りを認めない上田知事は安倍首相と根が同じだと指摘し「世界の常識からかけ離れた、偏った歴史観の教育現場への押しつけを許さないためにも、私を知事に押し上げてほしい」と呼びかけました。

日本共産党の梅村さえこ衆院議員が応援に駆けつけ必勝を訴えました。

志位和夫委員長がメッセージを寄せました。

(しんぶん赤旗2015年7月24日付より)