安倍暴走止める私を知事に 埼玉知事選 柴田候補訴え


きょう午後5時小池氏が応援へ

訴える柴田候補=2015年7月31日、川越市

訴える柴田候補=2015年7月31日、川越市

埼玉県知事選(8月9日投票)で「戦争法案ストップ」「暮らし・福祉第一の県政に」と訴えている、「民主県政の会」の柴田やすひこ候補=無所属新・日本共産党推薦=は7月31日、川越市や坂戸市など県西部で遊説し、政策や支持を訴えました。

朝8時、川越市の西武線本川越駅前に立った柴田氏は「将来のある若者の命を守るためにも戦争法案に明確に反対します。私が知事になることで安倍政権の暴走にストップをかけることができます」と訴えました。

柴田氏は、福祉施設の整備や地域資源を活用した自然エネルギー開発と、それを通じた地域活性化などの政策を語り、「住んでいてよかった埼玉県、平和を全国に発信する埼玉県といった明るく元気な埼玉県をめざし、全力で頑張ります」と決意を込めて支持を呼びかけました。

「民主県政の会」は柴田氏勝利へ、1日午後5時から、JRさいたま新都心駅東口で街頭演説を行います。日本共産党の小池晃副委員長が応援に駆けつけます。

(しんぶん赤旗2015年8月1日付より)