埼玉知事選 戦争法案きっぱりノー 高齢者施策を/柴田候補演説に人の輪


声援をうける柴田知事候補と小池副委員長=2015年8月1日、さいたま市

声援をうける柴田知事候補と小池副委員長=2015年8月1日、さいたま市

埼玉県知事選(9日投票)で柴田やすひこ候補(62)=無所属新、日本共産党推薦=の勝利めざし、「民主県政の会」が1日、さいたま市の、さいたま新都心駅東口前で共産党の小池晃副委員長・参院議員の迎えて、開いた街頭演説。ビラを受け取った人が立ち止まって聞くなど、時間を追うごとに人の輪が広がりました。

宣伝カーの周りには「戦争反対」「9条守れ」などと書かれたプラカードが並びました。

映画を見た帰りに自転車を止めて聞いていた男性(70)は「候補者の話も聞かないで投票するわけにいかないからね。今の知事も前の知事も、大型事業で借金をつくるようなことばかりやっていたから、そんな県政じゃね。柴田さんには、高齢者のための施策をやってほしい」と話しました。

町内会のお祭りでみこしを担いていた女性2人(50代)は、休憩中に柴田さんの演説を聞いていました。「戦争法案はナシだね」と口をそろえました。

応援演説に立った日本キリスト者平和の会の平沢功事務局長は「戦争法案廃案の先頭に立つ柴田さんを知事に」、新日本婦人の会埼玉県本部の松井美保子副会長は「埼玉県は子どもの医療費(県の制度で)の無料化は就学前まで。せめて中学卒業まで無料に」と訴えました。

久喜市の小川美穂さん(22)は「このまま戦争に突き進むのではと日に日に危機感が増しています。9条の会で活動する祖父母の姿を見て平和を維持するのは大変だと思っていました。柴田さんに知事として戦争法案反対を声をあげてほしい」と語りました。

鮮やかなピンク色の9条Tシャツを着て演説を聞いていた70代の女性(ふじみ野市在住)は「戦争法案を廃案にしたい。きっぱりとノーと言っているのは柴田さんだけ。埼玉県は、医師と看護師が少なすぎます。健康で平和に豊かに暮らしたいから柴田さんを応援しています」と話しました。

 

725万県民の命守る 柴田氏訴え

 

さいたま新都心での街頭演説で、柴田やすひこ候補は「知事選は、戦争法案に明確にノーを突きつけることが第一の争点です」と強調。「すべての人が人間らしく働ける、生活できるようにするための施策を行います」と語りました。

子育て支援では「中学卒業までの医療費助成を行い、そのことで(市町村の医療費無料化制度を応援し)18歳までお金の心配なく医者にかかれるようにします」と訴えました。

地域の活性化について「福祉、社会保障のインフラを整備することはスーパーゼネコンでなくても、地域の建設業者・工務店でもできる。『脱原発』をめざしたエネルギーの地産地消も地域の業者ができることです。こうした取り組みを進め、地域の仕事を起こし、雇用を生み出します」と語りました。

柴田氏は「戦争法案が通り、戦争が起きれば、県内の米軍や自衛隊基地は攻撃目標になる。725万県民の命を守る知事であれば、この問題を真正面に掲げて知事選をたたかうべきです。若者を戦場に送らない、この国を戦争する国にしてはならない、このみなさんの思いを広げ、私を知事に就任させてください」と訴えました。

(しんぶん赤旗2015年8月4日付より)