戦争法案ノーは柴田候補だけ/埼玉知事選あす投票 期待の声次々


埼玉県知事選投票(9日)が3日後に迫った6日夕、柴田やすひこ候補(62)の勝利をめざす「民主県政の会」が日本共産党の市田忠義副委員長を迎えて川口市のJR川口駅前で開いた街頭演説は、「戦争法案ノーは柴田候補だけ」との訴えに大きな拍手と声援が上がりました。

声援をうける柴田やすひこ候補(右)と市田忠義副委員長=2015年8月6日、川口市

声援をうける柴田やすひこ候補(右)と市田忠義副委員長=2015年8月6日、川口市

憲法を暮らし・政治に生かす

6日のJR川口駅前(川口市)街頭演説での柴田やすひこ候補の訴え(要旨)を紹介します。

 

川口駅前 柴田氏の訴え

「戦争法案ノー、若者を戦場に送らない」との思いで、全力でたたかい抜いてきました。だんだん支持が広がっているなか、一回り、二回りと支持を広げていただき、知事に押し上げてください。

知事選の最大の争点は、安倍政権がごり押しする戦争法案を廃案に追い込めるかどうかです。参議院での審議がヤマ場を迎えるなかで、知事選の投票日を迎えます。戦争法案反対の声を集め、知事選を勝ち抜こうではありませんか。

戦後70年たって、憲法が最大の危機を迎えています。この知事選でその危機を突破し、むしろ、憲法に書かれていることを具体的な暮らしのなかに、政治のなかに、きちんと根付かせ、生かす県政を進めてまいります。

戦争と社会保障、福祉は両立しません。70年間、みんなの力で保ち続けた平和ブランドが崩されようとしており、全国、世界が注目しています。

そんななかで、埼玉県民は1票を行使することができます。「戦争はいやだ」と思う人は、自民党も公明党のみなさんも投票に行こうではありませんか。9日は、「戦争法案ノー」の大きな声を集めて、私を第60代の知事に就任させてください。

(しんぶん赤旗2015年8月8日付より)