響き合う 平和の訴え/終戦記念日 戦争法案廃案を


「戦争する国にさせない」と訴える(左から)梅村、おくだ、伊藤の各氏=2015年8月15日、さいたま市

「戦争する国にさせない」と訴える(左から)梅村、おくだ、伊藤の各氏=2015年8月15日、さいたま市

 

梅村衆院議員、おくだ参院比例候補、伊藤参院選挙区候補

埼玉県委員会は15日、JRの川口(川口市)、浦和、大宮(さいたま市)の各駅前で街頭演説を行いました。

梅村さえこ衆院議員は、14日に発表された「安倍談話」を「欺瞞(ぎまん)に満ちたもの」と批判し、「歴史の教訓に学ぶなら、侵略戦争の誤りに真摯(しんし)に向き合い、再び戦争を行わないという決意を世界に広げるべきです」と指摘。「憲法9条の、二度と戦争はしない、武器は持たないという決意を戦後70年のこの日に改めて表明し、戦争法案ストップに全力をあげます」と語りました。

おくだ智子参院比例候補は「安倍首相は、侵略戦争の誤りを認めないからこそ、憲法9条を踏みにじり、『戦争する国づくり』に夢中になっています。戦争法案反対の声をもっと広げ、廃案に追い込みます」と力を込めました。

伊藤岳参院埼玉選挙区候補は「安倍首相の独裁政治を許さないために国民のみなさんと力を合わせてたたかいます」と語りました。

川口駅前で宣伝に足を止めた男性(78)は「安倍首相は、本音では侵略したと思っていない。こういう人を総理大臣にしてはいけない」と話しました。

(しんぶん赤旗2015年8月18日付より)