小鹿野町議会が意見書 埼玉


埼玉県小鹿野町議会は21日、日本共産党が提出した、戦争法案の廃案を求める意見書を賛成10(共産党1、無所属9)、反対3(公明1、無所属2)の賛成多数で可決しました。

意見書は、同法案の衆院での可決強行について「国民への十分な説明もなく、多くの反対の声を押し切」ったと批判し、国会での「審議が進めば進むほど法案の問題点や危険性は明らかになっている」と指摘しています。

(しんぶん赤旗2015年8月25日付より)