埼玉・朝霞市議選29日告示 「基地のまち」から戦争法ノー/共産党3候補が全力


斉藤ひろみち候補

斉藤ひろみち候補

山口こうえつ候補

山口こうえつ候補

石川けい子候補

石川けい子候補

29日告示(12月6日投票)される埼玉県朝霞市議選(定数24)で、日本共産党は、斉藤ひろみち(53)、山口こうえつ(65)=以上現=、石川けい子(52)=前=の3候補当選に全力をあげます。定数を4人程度上回る立候補が見込まれています。

朝霞市は陸上自衛隊朝霞駐屯地がある「基地のまち」です。2017年度には全国の陸自を束ねる「陸上総隊司令部」設置の計画があります。自衛隊関係者も多く住み、共産党の市民アンケートにも隊員家族から「戦争法」に対する不安が寄せられています。

共産党は「市議選で共産党が勝利することが戦争法廃止の大きな力になります」と訴えています。

富岡勝則市長は、国民健康保険税や介護保険料を引き上げ、高齢者や障害者、一人親家庭など行政の支援が必要な人たちへの助成金やサービスを次々廃止・削減しこれに自民党や公明党などが賛成してきました。

共産党は「県内4位の財政力を持ち、毎年10億円の黒字が出る朝霞市には、市民の暮らしを守る十分な力がある」と指摘。国保税の1人1万円引き下げや削られた福祉事業の復活、通院も含めた18歳までの医療費無料化などを掲げ「3人の当選で市民の願いを実現します」と、宣伝と対話・支持拡大に奮闘しています。

(しんぶん赤旗2015年11月25日付より)