宮代の国保下げよう/町議選2日告示 現職2氏全力


がんどう栄一候補

がんどう栄一候補

山下あきお候補

山下あきお候補

2月2日の告示(同7日投票)が迫る埼玉県宮代町議選で、日本共産党は、がんどう栄一(64)、山下あきお(65)の現職2候補の勝利に全力をあげています。定数14に対し、共産2、公明2、民主1、諸派・無所属12の17人が立候補する見込みです。公明党が、戦争法や消費税「軽減税率」について共産党攻撃を強めるなど激戦の様相です。

2候補は「戦争法廃止の願いを共産党に託してほしい」と主張。国民健康保険税や介護保険料の引き下げ、小中学校全教室へのエアコン設置、町外医療機関での子ども医療費「窓口払い」撤廃などの政策を掲げています。

共産党が実施した町民アンケートで、67%が「暮らしが苦しくなった」と回答しています。しかし、町は国保税や介護保険料の引き上げ、公共施設料金値上げなどの負担増、高齢者・児童施設の「ふれ愛センター」廃止などを行ってきました。

共産党は、昨年6月議会で「安保法制関連法案に反対する意見書」を他会派と共同して提出し、可決させました。負担増、住民サービス削減に反対を貫く一方、保育料引き下げや、子ども医療費「窓口払い」撤廃(町内医療機関)などを実現させてきました。

(しんぶん赤旗2016年1月30日付より)