市民参加の市政こそ/埼玉・上尾市長選 中里候補第一声


市民から激励を受ける中里候補=2016年1月31日、上尾市

市民から激励を受ける中里候補=2016年1月31日、上尾市

1月31日告示(7日投票)された埼玉県上尾市長選(立候補3人)で、第一声をあげた中里きよし候補(69)=無所属・新、市政を変えよう・みんなの会、日本共産党推薦=は「憲法を暮らしに生かし、市民参加の市政で住んでよかったと思える上尾市にしていきます」と訴えました。

元小学校教諭の中里候補は「『教え子を再び戦場に送らない』と言ってきた者として戦争法廃止を求めていきます。戦争法を容認する現市長では市民の命・暮らしは守れません」と力説。「『子育てするなら上尾』と呼ばれたまちを復活させる」と、学校給食無料化や小中学校全学年での少人数学級を実施すると語りました。負担増や住民サービス削減の現市政を批判し、「国民健康保険税や介護保険料を引き下げるなど、安心して住めるまちをつくります」と訴えました。

図書館本館の移転計画を見直し、市民・利用者の声を生かした図書館にしていくと語りました。

応援に駆けつけた共産党の紙智子参院議員は「市長選は、安倍暴走政治に審判を下すチャンスです。悪政の防波堤どころか市民の暮らしをおびやかしている今の市政でいいのでしょうか。この思いを中里さんに託してください」と訴えました。

4歳の子の母親は「市民が主人公で、一人ひとりの願いに応える中里さんに、ぜひ市長になってほしい」と話しました。

(しんぶん赤旗2016年2月2日付より)