戦争法廃止の政府考える 埼玉でシンポ 各党・ママ・学生発言


5野党合意も力に戦争法廃止へ全力をあげると語った伊藤氏(右から3人目)。その左へ、日森、松崎両氏。右2人はVIPとママの会の代表=2月27日、春日部市

5野党合意も力に戦争法廃止へ全力をあげると語った伊藤氏(右から3人目)。その左へ、日森、松崎両氏。右2人はVIPとママの会の代表=2月27日、春日部市

埼玉県春日部市の市民文化会館で2月27日、「戦争法を廃止する政府をどうつくるのか」をテーマにシンポジウムが開かれ、約260人が参加しました。「戦争イヤだ!『戦争法』廃止を求める春日部市民の会」の主催。

日本共産党と社民党、生活の党、「安保関連法に反対するママの会@埼玉」、大学生・高校生でつくる「VIP埼玉」の各代表が発言しました。

共産党の伊藤岳県民運動委員長(参院埼玉選挙区候補)は、戦争法廃止に向けて選挙協力するとした「5野党合意」を紹介し、「野党が共闘し、自民、公明を少数派にするために力を合わせます」と表明。「戦争法を廃止し、立憲主義と民主主義を取り戻す野党の姿が国民に見えてくれば、安倍政権に代わる対抗軸になります」と語りました。

生活の党の松崎哲久元衆院議員は「『戦争する国』を阻止するという一番の価値のために野党がまとまることはできる」と指摘。社民党の日森文尋元衆院議員は、戦争法以外の政策の合意について「この課題なら一致できるというものを積み上げていけば展望が開けるのではないか」と語りました。

ママの会の女性は、5野党合意を歓迎し「野党をつなぎ合わせる役割を果たしていきたい」と述べ、VIPの青年は、「野党は国民が希望と展望を持てる政策を打ち出してほしい」と求めました。

シンポジウムに先立ち、小林節慶応大学名誉教授のインタビュービデオを上映。集会後、参加者は春日部駅前までパレードし、「戦争法は廃止に」と訴えました。

(しんぶん赤旗2016年3月2日付より)