埼玉・久喜市 4氏全員当選

当選を喜ぶ(前列左から)平間、石田、渡辺、杉野の4氏=2014年4月21日未明、久喜市

当選を喜ぶ(前列左から)平間、石田、渡辺、杉野の4氏=2014年4月21日未明、久喜市

20日投開票された埼玉県久喜市議選(定数30=4減、立候補39人)で、日本共産党は、杉野修(62)、渡辺昌代(52)、石田利春(66)=以上現=、平間益美(59)=新=の4氏が全員当選し、現有議席を確保しました。

共産党の得票は、7071票(得票率10.89%)でした。自民党、公明党は現有議席を維持し、社民党は議席を復活。みんなの党は新人がトップ当選した一方で、前回トップ当選した現職が落選し、議席数は変わりませんでした。

市議選で、共産党の政策に対し、保守系や公明党の候補から「バラマキだ」などの攻撃がありましたが、共産党は「消費税増税などで市民の生活が大変なときに、市政が暮らしを守る本来の役割を果たすべきだ」と訴え、水道料金や国民健康保険税の引き下げ、小中学校へのエアコン設置などを公約して支持を広げました。(赤旗2014年4月22日付より)

4/20 久喜市議選結果

久喜市議会議員選挙 選挙結果
2014年4月13日告示・20日投票
定数30(4減) 立候補39人

杉野おさむ

杉野おさむ(62)現

2,092票 5位
渡辺まさよ

 渡辺まさよ(52)現

1,824票 16位
石田としはる

石田としはる(66)現

1,968票 9位
へいま益美

へいま益美(59)新

1,187票 30位

総投票数 66,375  投票率 52.58%
得票率 10.89% 議席占有率 13.33%

久喜市議選あす投票 共産党全員当選へ全力

学校にエアコン設置

杉野おさむ候補

杉野おさむ候補

渡辺まさよ候補

渡辺まさよ候補

石田としはる候補

石田としはる候補

へいま益美候補

へいま益美候補

埼玉県久喜市議選(定数30=4減、立候補39人)では、杉野おさむ(62)、渡辺まさよ(52)、石田としはる(66)=以上現=、へいま益美(59)=新=の4候補が奮闘しています。

共産党は、公約として、水道料金や国民健康保険税の引き下げ、学校のエアコン設置などを掲げ、暮らし応援を訴えています。

エアコン設置や水道料金見直しを同日選挙の市長選の候補も掲げるなど、共産党の提案が論戦をリードしています。市民からも「政策を話しているのは共産党だけ」「今度は共産党に」など期待の声が寄せられています。

一方で、保守系や公明党の候補が、共産党が2月議会に提出した予算修正案の内容を攻撃しています。

共産党は、機敏に「市民の暮らしが大変な時、負担軽減の提案は当然」と反撃。定数4減、9人はみ出しの激戦の中、「支持を広げなくては勝利できない」と、対話・支持拡大の担い手を増やして奮闘しています。(2014年4月19日付より)

共産党への攻撃は市民への攻撃 増税負担増勢力に選挙勝利で審判を

埼玉・久喜市議選、春日部市議選など

20日投票の市議選、町議選で、消費税増税や社会保障改悪など安倍政権の暴走政治のもと、多くの市民が福祉・暮らし第一の市政の実現を切実に求めています。

日本共産党は、「安倍政権の暴走ストップを」と主張。暴走政治から市民の暮らしを守るため、ため込んだ基金の活用などの財源も示して、国民健康保険税の引き下げや水道料金引き下げなどの公約を掲げて説得力のある論戦を展開しています。共産党の主張は、市民の中で「共産党しか願いを託せる政党はない」など支持を広げています。

一方、自民党・保守系や公明党などは、共産党の論戦に追い詰められて、共産党への攻撃を強めています。

共産党以外「オール与党」の春日部市では、市長が「共産党6議席は多すぎる」と先頭に立って攻撃。公明党は、共産党の提案を「赤字になる。いい加減だ」と宣伝しています。

久喜市では、共産党が2月議会で提出した予算修正案に対し、保守系議員が「バラマキだ」と攻撃しています。

「オール与党」の攻撃に対して、共産党は、「暮らしと福祉第一の政治を求める市民の願いへの攻撃だ」として、「消費税増税などで市民が苦しんでいる時に、負担軽減のための提案をするのは当然です」と反撃しています。

共産党と後援会は「広範な市民に公約を訴え抜き、攻撃を打ち破ろう」と宣伝、対話・支持拡大に全力をあげています。(赤旗2014年4月18日付より)

久喜市議選告示 暮らし応援の予算に 4候補訴え

杉野おさむ候補

杉野おさむ候補

渡辺まさよ候補

渡辺まさよ候補

石田としはる候補

石田としはる候補

へいま益美候補

へいま益美候補

 

埼玉県久喜市議選(定数30=4減、立候補39人)では、杉野おさむ(62)、渡辺まさよ(52)、石田としはる(66)=以上現=、へいま益美(59)=新=の4候補が13日、伊藤岳参院埼玉選挙区候補の応援を受けて第一声をあげました。

ほかに、自民1人、公明5人、みんな2人、社民1人、無所属26人が立候補し、9人はみ出しの多数激戦となりました。

共産党4候補は、安倍政権の暴走政治が消費税増税など市民に負担増を強いるもとで、市民の暮らしを応援するために予算修正案を議会に提出して奮闘したことを紹介。公約として▽水道料金引き下げ▽国民健康保険税引き下げ▽小中学校のエアコン設置―などを掲げました。

保守系候補が第一声で、共産党の予算修正案に反対したことを釈明するなど共産党が論戦をリードする選挙戦になっています。(赤旗2014年4月15日付より)