久喜市議選告示 暮らし応援の予算に 4候補訴え

杉野おさむ候補

杉野おさむ候補

渡辺まさよ候補

渡辺まさよ候補

石田としはる候補

石田としはる候補

へいま益美候補

へいま益美候補

 

埼玉県久喜市議選(定数30=4減、立候補39人)では、杉野おさむ(62)、渡辺まさよ(52)、石田としはる(66)=以上現=、へいま益美(59)=新=の4候補が13日、伊藤岳参院埼玉選挙区候補の応援を受けて第一声をあげました。

ほかに、自民1人、公明5人、みんな2人、社民1人、無所属26人が立候補し、9人はみ出しの多数激戦となりました。

共産党4候補は、安倍政権の暴走政治が消費税増税など市民に負担増を強いるもとで、市民の暮らしを応援するために予算修正案を議会に提出して奮闘したことを紹介。公約として▽水道料金引き下げ▽国民健康保険税引き下げ▽小中学校のエアコン設置―などを掲げました。

保守系候補が第一声で、共産党の予算修正案に反対したことを釈明するなど共産党が論戦をリードする選挙戦になっています。(赤旗2014年4月15日付より)

埼玉・3市議選あす告示

基金を市民のために

春日部市議選 6議席必ず

埼玉県春日部市議選(定数32)は、うづき武彦(51)、松本ひろかず(62)、大野とし子(57)、今尾やすのり(48)=以上現=、並木としえ(53)=元=、坂巻かつのり(57)=新=の6候補が現有議席の確保をめざします。43人が立候補する多数激戦が見込まれています。

うづき武彦候補

うづき武彦候補

松本ひろかず候補

松本ひろかず候補

大野とし子候補

大野とし子候補

今尾やすのり候補

今尾やすのり候補

並木としえ候補

並木としえ候補

坂巻かつのり候補

坂巻かつのり候補

日本共産党は、市が行ってきた、保育料の値上げや敬老祝い金の縮小、障害者の福祉タクシー券削減などの負担増・福祉切り捨てを批判。消費税増税などで苦しくなっている市民の暮らしを守るのが市政の役割だと訴え、120億円ある市の基金を市民のために活用するよう提案しています。公約として、▽国民健康保険税の1人1万円引き下げ▽介護保険の負担軽減▽小中学校全教室へのエアコン設置▽温水の市民プール建設―などを掲げています。

 


 

国保税の引き下げを

久喜市議選 4氏当選訴え

埼玉県久喜市議選(定数30=4減)は、杉野おさむ(62)、渡辺まさよ(52)、石田としはる(66)=以上現=、へいま益美(59)=新=の4候補が現有議席の確保をめざします。39人程度が立候補する多数激戦が見込まれます。

杉野おさむ候補

杉野おさむ候補

渡辺まさよ候補

渡辺まさよ候補

石田としはる候補

石田としはる候補

へいま益美候補

へいま益美候補

日本共産党は、市民から寄せられる、水道料金引き下げなどの負担軽減を求める声に応えようと全力をあげています。2月議会で、暮らし応援の予算修正案を提出して奮闘したことを語り、「市民の願いを実現する共産党の4候補を議会に送り出してほしい」と訴えています。

公約として、▽国民健康保険税の1人1万円引き下げ▽水道料金の引き下げ▽小中学校の全教室にエアコン設置―などを掲げています。

 


 

大増税路線ストップ

秩父市議選 4候補必勝を

埼玉県秩父市議選(定数22、4減)で日本共産党は、斎藤かつしげ(72)、出浦あきえ(52)、新井こういち(58)、山中すすむ(65)の現職4候補全員当選をめざします。

市議選は、現職22人、元職1人、新人5人の合計28人が立候補を予定し、激戦の様相です。

斎藤かつしげ候補

斎藤かつしげ候補

出浦あきえ候補

出浦あきえ候補

新井こういち候補

新井こういち候補

山中すすむ候補

山中すすむ候補

市民との対話のなかで「介護保険料が高すぎる。必ず引き下げてください」「買い物をするたびに消費税がこたえる。増税を中止してほしい」などの声が寄せられ、党の政策に期待と共感が広がっています。

4候補は、大増税路線にストップをかけ、大雪被害の市独自支援策の拡充、水道料金の35%値上げストップ、小中学校へのエアコン設置などを訴えています。(赤旗2014年4月12日付より)

埼玉・久喜市議選13日告示 国保税・水道料下げを 暮らし守る共産党4氏

埼玉県久喜市議選(13日告示・20日投票、定数30=4減)で、日本共産党は、杉野おさむ(62)、渡辺まさよ(52)、石田としはる(66)=以上現=、へいま益美(59)=新=の4候補が立候補し、現有議席の確保をめざします。

共産党4人のほか、自民1、公明5、みんな2、社民1、維新1をはじめ38~39人が立候補し、定数4減のなか多数激戦となる見込みです。

杉野おさむ候補

杉野おさむ候補

渡辺まさよ候補

渡辺まさよ候補

石田としはる候補

石田としはる候補

へいま益美候補

へいま益美候補

2010年に久喜市、鷲宮町、栗橋町、菖蒲町の1市3町が合併してから4年。公共料金や税金が相次いで引き上げられ、市民に重くのしかかっています。12年の国民健康保険税の引き上げでは、夫婦子ども2人・所得300万円世帯で年12万円もの負担増となり、水道料金は平均7.1%の値上げが行われました。菖蒲地域では、それまでなかった都市計画税が導入されました。

共産党が実施した市民アンケートには回答者の51%が国保税の引き下げを、58%が水道料金の引き下げを求めるなど、負担軽減は市民の切実な要求です。

共産党市議団は、安倍政権による消費税増税や社会保障改悪など負担増が連続して押し寄せる中、「市民の命と暮らしを守る」自治体本来の役割を市政は果たすべきだとして、2月議会で予算修正案を提出。市が持っている40億円の財政調整基金や42億円の水道会計の内部留保金の活用など財政的な裏付けも示して、▽水道料金の10%引き下げ▽国保税の1人1万円引き下げ▽介護保険料1人平均9000円引き下げ▽住宅リフォーム助成▽南栗橋液状化被災者への再建支援金などを提案しました。

しかし、保守会派や公明党は修正案に反対し、市民の願いに背を向けました。

一部の保守会派は、共産党の提案を「バラマキ」「国保会計への一般会計繰り入れ増額は違法」などと攻撃するビラを家庭に配っています。この攻撃に共産党は、繰り入れは何ら違法でないことを示し、「市民の暮らしを守るのが議員の仕事。市民の負担を軽くしようという提案を攻撃するとは、何のための議員か」と、ビラや宣伝で反撃しています。

市議選で、共産党は、中学卒業までの医療費無料化など市議団の実績を強調し、公約として国保税や介護保険料、水道料金の引き下げ、小中学校のエアコン設置、デマンドバス(予約制バス)改善などの実現を掲げています。(赤旗2014年4月9日付より)

4/20 久喜市議選候補者

久喜市議会議員選挙
2014年4月13日告示・20日投票
定数30(4減)

杉野おさむ

杉野おさむ(62)現

久喜市議(通算4期14年)教育環境常任委員/香川県生まれ/1999年旧鷲宮町議会議員に初当選/東鷲宮駅の橋上化や水害対策にとりくんできました/桜田3丁目在住
【活動地域】鷲宮地域

渡辺まさよ

 渡辺まさよ(52)現

久喜市議(通算2期7年)福祉健康常任委員/群馬県生まれ/2007年旧久喜市議会議員に初当選/公立保育所の建て替えや子ども医療費無料制度の拡充にとりくんできました/所久喜在住
【活動地域】中央2・3、南1~5、本町2~4、江面、北青柳、太田袋、上早見、六万部、上清久、下清久、北中曽根、所久喜、除堀、原、樋ノ口、東4~6の久喜地域、菖蒲地域

石田としはる

石田としはる(66)現

久喜市議(通算2期5年)建設上下水道常任委員/福井県生まれ/2008年旧栗橋町議会議員に初当選/震災による南栗橋地域の液状化問題やデマンドバスの実現にとりくんできました/栗橋東在住
【活動地域】栗橋地域

へいま益美

へいま益美(59)新

久喜市政策委員長/長崎県生まれ/出版卸業に長年勤務しながら、出版労連の執行委員として、雇用環境を良くするために奮闘/久喜本町に在住
【活動地域】中央1・4、北1・2、本町1・5~8、上町、久喜本、久喜新、古久喜、吉羽1~5、西、吉羽、東1~3、青葉1~5、栗原1~4、栗原、青毛の久喜地域、野久喜

日本共産党久喜市議団

4氏当選 生活守る力 来月の久喜市議選へ演説会

声援に応える(左から)杉野、石田、塩川、渡辺、へいまの各氏=2014年3月9日、久喜市

声援に応える(左から)杉野、石田、塩川、渡辺、へいまの各氏=2014年3月9日、久喜市

埼玉県久喜市議選(4月13日告示、20日投票、定数30=4減)で、4議席確保を目指す日本共産党は9日、同市内で演説会を開きました。杉野おさむ(62)、石田としはる(66)、渡辺まさよ(52)=以上現=、へいま益美(59)=新=の4候補が、消費税増税などの安倍政権の暴走を許さず、市民の暮らしを守って奮闘すると決意表明しました。

4候補は、水道料金や国民健康保険税、介護保険料の引き下げ、小中学校へのエアコン設置、住宅リフォーム助成制度創設などの公約を掲げ、「子育ても老後も安心の久喜市をつくるため全力をあげる」と訴えました。

また、住民と力を合わせて、子ども医療費無料化制度を中学卒業まで拡充したことや東日本大震災による液状化被害対策の前進、駅のバリアフリー化推進などの党市議団の実績を紹介。2月市議会で国保税引き下げなど9項目の予算修正案を提出し、保守系や公明党の反対で否決されたものの、要求実現へ対案を示して奮闘したと強調しました。

塩川鉄也衆院議員は、2010年の1市3町の合併以降、住民サービスは引き下げられ、負担ばかり増やされてきた中で、「市政応援団のオール与党に対し、生活を守るために頑張ってきたのが共産党です」と紹介。「安倍暴走政治に待ったをかけ、世直しを進めるために4人全員当選を」と訴えました。(赤旗2014年3月12日付より)