【民主県政の会】柴田やすひこ候補 善戦及ばず

 

県民要求実現へ
引き続き全力をあげます

9日投票の埼玉県知事選は即日開票され、「民主県政の会」代表で日本共産党が推薦する柴田やすひこ候補は228,404票を獲得して善戦したものの、当選には至りませんでした。当選は、現職の上田きよし氏で、4期目となります。

こんどの選挙では、国の行方を左右する安保法案(戦争法案)に対する各候補の態度が問われました。しかし、柴田候補以外の候補者は論戦を回避し、自民党県連が推薦する塚田候補はもっぱら上田候補の「多選自粛条例」破りを攻撃し、まともな政策を示せませんでした。

これに対して、柴田候補は、「戦争法案ノー」「憲法を生かす県政への転換」を正面から訴えるとともに、「子ども医療費を18歳まで無料に」「公契約条例の制定」「ブラック企業の規制」など、具体的な政策を示して奮闘し、県民の間に共感を広げました。

自民党推薦の塚田候補が大差で敗れたことは、「戦争法案」に対する埼玉県民の批判の表れでもあり、安倍政権にとって厳しい結果となりました。

開票後、柴田候補は「私たちの命がかかった重大問題を提起して訴えたが、浸透させるうえで力が及ばなかった。選挙中に約束した政策を実現するために、今後も県民のみなさんと手を携えて、がんばりたい」と語りました。

 

県知事選の結果

候補者 得票数 得票率
柴田やすひこ 228,404 14.98%
上田きよし 891,822 58.48%
つかだ佳祐 322,455 21.15%
石川英行 49,884 3.27%
たけだのぶひろ 32,364 2.12%

有効投票数 1,524,929  投票率 26.63%

(民主県政の会ニュース)

戦争法案ノーは柴田候補だけ/埼玉知事選あす投票 期待の声次々

埼玉県知事選投票(9日)が3日後に迫った6日夕、柴田やすひこ候補(62)の勝利をめざす「民主県政の会」が日本共産党の市田忠義副委員長を迎えて川口市のJR川口駅前で開いた街頭演説は、「戦争法案ノーは柴田候補だけ」との訴えに大きな拍手と声援が上がりました。

声援をうける柴田やすひこ候補(右)と市田忠義副委員長=2015年8月6日、川口市

声援をうける柴田やすひこ候補(右)と市田忠義副委員長=2015年8月6日、川口市

憲法を暮らし・政治に生かす

6日のJR川口駅前(川口市)街頭演説での柴田やすひこ候補の訴え(要旨)を紹介します。

 

川口駅前 柴田氏の訴え

「戦争法案ノー、若者を戦場に送らない」との思いで、全力でたたかい抜いてきました。だんだん支持が広がっているなか、一回り、二回りと支持を広げていただき、知事に押し上げてください。

知事選の最大の争点は、安倍政権がごり押しする戦争法案を廃案に追い込めるかどうかです。参議院での審議がヤマ場を迎えるなかで、知事選の投票日を迎えます。戦争法案反対の声を集め、知事選を勝ち抜こうではありませんか。

戦後70年たって、憲法が最大の危機を迎えています。この知事選でその危機を突破し、むしろ、憲法に書かれていることを具体的な暮らしのなかに、政治のなかに、きちんと根付かせ、生かす県政を進めてまいります。

戦争と社会保障、福祉は両立しません。70年間、みんなの力で保ち続けた平和ブランドが崩されようとしており、全国、世界が注目しています。

そんななかで、埼玉県民は1票を行使することができます。「戦争はいやだ」と思う人は、自民党も公明党のみなさんも投票に行こうではありませんか。9日は、「戦争法案ノー」の大きな声を集めて、私を第60代の知事に就任させてください。

(しんぶん赤旗2015年8月8日付より)

埼玉知事選 柴田候補へ党派超え/9日投票 戦争法案ノー・暮らし守る

最終盤の知事選で訴える、柴田やすひこ候補(右)と市田忠義副委員長=2015年8月6日、川口市

最終盤の知事選で訴える、柴田やすひこ候補(右)と市田忠義副委員長=2015年8月6日、川口市

市田氏訴え

最終盤を迎えた埼玉県知事選(9日投票)で、日本共産党の市田忠義副委員長・参院議員は6日、川口市のJR川口駅東口前で街頭演説し、「民主県政の会」の柴田やすひこ候補(62)=無所属新、日本共産党推薦=への党派を超えた支持を呼びかけました。

市田氏は、戦争法案について詳しく解明。この日が、広島に原爆が投下されてから70年にあたることを語り、先の戦争の痛苦の教訓に立って二度と戦争をしないと誓ったのが憲法9条だとして「憲法9条を真っ向から踏みにじる戦争法案は絶対に許すわけにはいかない」と訴えました。

そのうえで、国の悪政から県民の命とくらしを守る防波堤となるのが自治体の役割だと強調。集団的自衛権を容認し憲法改悪を主張する現職と自民推薦の元官僚では、県民の願いは託せないと批判。「戦争法案ノー」「県民のくらしを守る県政への転換」を訴える柴田さんこそ、県民の代表にふさわしいと主張しました。仙台市議選で共産党が7000票伸ばし、7人全員が当選したことに、新聞も「安保法案、自民に逆風」と報じたことを紹介し「柴田さんの勝利で、こんどは埼玉ショックを起こそう」とよびかけました。

駅前のデッキには「教え子を再び戦場に送らない」と書かれた横断幕がかかげられ、柴田候補に「がんばれー」と声援が飛びました。柴田候補は「戦争法案ノー、若者を戦場に送らないという思いで全力でたたかい抜いてきました。投票日まであと3日。みなさんの思いを大きく広げて押し上げてください」と力強く訴えました。

(しんぶん赤旗2015年8月7日付より)

埼玉知事選 戦争法案きっぱりノー 高齢者施策を/柴田候補演説に人の輪

声援をうける柴田知事候補と小池副委員長=2015年8月1日、さいたま市

声援をうける柴田知事候補と小池副委員長=2015年8月1日、さいたま市

埼玉県知事選(9日投票)で柴田やすひこ候補(62)=無所属新、日本共産党推薦=の勝利めざし、「民主県政の会」が1日、さいたま市の、さいたま新都心駅東口前で共産党の小池晃副委員長・参院議員の迎えて、開いた街頭演説。ビラを受け取った人が立ち止まって聞くなど、時間を追うごとに人の輪が広がりました。

宣伝カーの周りには「戦争反対」「9条守れ」などと書かれたプラカードが並びました。

映画を見た帰りに自転車を止めて聞いていた男性(70)は「候補者の話も聞かないで投票するわけにいかないからね。今の知事も前の知事も、大型事業で借金をつくるようなことばかりやっていたから、そんな県政じゃね。柴田さんには、高齢者のための施策をやってほしい」と話しました。

町内会のお祭りでみこしを担いていた女性2人(50代)は、休憩中に柴田さんの演説を聞いていました。「戦争法案はナシだね」と口をそろえました。

応援演説に立った日本キリスト者平和の会の平沢功事務局長は「戦争法案廃案の先頭に立つ柴田さんを知事に」、新日本婦人の会埼玉県本部の松井美保子副会長は「埼玉県は子どもの医療費(県の制度で)の無料化は就学前まで。せめて中学卒業まで無料に」と訴えました。

久喜市の小川美穂さん(22)は「このまま戦争に突き進むのではと日に日に危機感が増しています。9条の会で活動する祖父母の姿を見て平和を維持するのは大変だと思っていました。柴田さんに知事として戦争法案反対を声をあげてほしい」と語りました。

鮮やかなピンク色の9条Tシャツを着て演説を聞いていた70代の女性(ふじみ野市在住)は「戦争法案を廃案にしたい。きっぱりとノーと言っているのは柴田さんだけ。埼玉県は、医師と看護師が少なすぎます。健康で平和に豊かに暮らしたいから柴田さんを応援しています」と話しました。

 

725万県民の命守る 柴田氏訴え

 

さいたま新都心での街頭演説で、柴田やすひこ候補は「知事選は、戦争法案に明確にノーを突きつけることが第一の争点です」と強調。「すべての人が人間らしく働ける、生活できるようにするための施策を行います」と語りました。

子育て支援では「中学卒業までの医療費助成を行い、そのことで(市町村の医療費無料化制度を応援し)18歳までお金の心配なく医者にかかれるようにします」と訴えました。

地域の活性化について「福祉、社会保障のインフラを整備することはスーパーゼネコンでなくても、地域の建設業者・工務店でもできる。『脱原発』をめざしたエネルギーの地産地消も地域の業者ができることです。こうした取り組みを進め、地域の仕事を起こし、雇用を生み出します」と語りました。

柴田氏は「戦争法案が通り、戦争が起きれば、県内の米軍や自衛隊基地は攻撃目標になる。725万県民の命を守る知事であれば、この問題を真正面に掲げて知事選をたたかうべきです。若者を戦場に送らない、この国を戦争する国にしてはならない、このみなさんの思いを広げ、私を知事に就任させてください」と訴えました。

(しんぶん赤旗2015年8月4日付より)

柴田氏で戦争法案阻止/埼玉知事選 小池副委員長が訴え

訴える柴田やすひこ県知事候補(右)と小池晃副委員長=2015年8月1日、さいたま市

訴える柴田やすひこ県知事候補(右)と小池晃副委員長=2015年8月1日、さいたま市

9日投票

9日投票の埼玉県知事選で柴田やすひこ候補=無所属新、日本共産党推薦=の勝利へ、日本共産党の小池晃副委員長・参院議員は1日夕、さいたま市のさいたま新都心駅東口で開かれた民主県政の会の街頭演説で、「埼玉から戦争法案ストップの審判を下し、暮らし・福祉重視の県政を」と呼びかけました。演説が始まると聴衆の輪がふくらみ、「そうだ」の声や大きな拍手がたびたび起きました。

小池氏は、戦争法案について、自衛隊の内部文書や米軍の報告書を使って自身の参議院での質問(7月29日)で、米軍の武器の輸送や弾薬の提供など「戦闘地域」での自衛隊の兵站(へいたん)活動が、海外での武力行使にほかならないことなど法案の違憲性がはっきりしたと強調。政府が「対案を出せ」と言っていることにふれて「憲法違反で日本を危険にさらす法案は、廃案こそ一番の対案だ。『憲法9条を生かした平和外交』こそ、世界に誇る対案だ」と反論。聴衆からひときわ大きな拍手がわきました。

埼玉県政の現状について、小池氏は、改憲右翼団体日本会議所属の自民党県議らが気に入らない教科書を選んだ校長を県議会でつるし上げ、現職知事が侵略美化の教科書を推進する人物を教育委員に任命する一方で、県民が願う教育条件の整備には背を向けていると批判。現職知事も自民党推薦の元官僚候補も、集団的自衛権行使を主張し、憲法改悪を求めていると指摘、「『戦争する国づくり』を推進する人を、知事にするわけにはいかない」と述べました。

教員を23年間務めた柴田候補について「子どもたちを戦場に送らない」が信条だと紹介し「教育への政治介入許すな、戦争法案絶対廃案のみなさんの一票を、党派超えて、柴田候補に託してほしい」と呼びかけました。

柴田候補は、戦争法案阻止の決意を述べ、18歳までの子ども医療費無料化拡充など県政改革のビジョンを語り「若者が将来に展望を持ち、いきいきと暮らせる県政を」と訴えました。

(しんぶん赤旗2015年8月2日付より)