●埼玉県議南5(大宮)区補欠選挙 竹腰連候補 11%獲得

埼玉県議南5(大宮)区補欠選挙(定数1)は27日、投開票されました。選挙結果は次の通りです。

竹腰 連候補(25) 共新 2511票

藤井健志候補(41) 諸新 8571票 当選

西山晃一候補(30) 民新 6816票

石川康仁候補(38) 諸新 4739票

●南5区(大宮区)県議補欠選挙に竹腰連氏を擁立

8月18日告示、同27日投票の南5区(大宮区)の県議補欠選挙(定数1)に、日本共産党は、竹腰連(たけこしれん)氏を擁立してたたかいます。

1991年生まれ。埼玉育ち。杏林大学卒業。学生時代は野球とマジックに打ちこむ。民青同盟埼玉県委員会勤務。県内の青年運動をけん引。「子どもの権利条約に関する国連会議」「核兵器禁止条約に関する国連会議」に市民代表として参加。青年の要求実現と国際的な視野から県政を希望に変えることに挑戦します。

議会改革提案

  1. 政務活動費20%カットとWEBでの領収書公開の義務
  2. 費用弁償は実費に。実現するまで受け取らず返還します

「暮らし、福祉、教育優先の県政へ」

  1. 国民健康保険税の大幅値上げストップ
  2. 認可保育所の大幅増設で待機児童をゼロに、保育の質確保
  3. 県独自の給付制奨学金の創設
  4. ブラック企業、ブラックバイトの規制

 

「核兵器禁止条約に参加する政府」の実現を

大宮区から安倍政権NO!の審判を

皆さんの声県政に/定数2で自民現職破る 前原氏決意 埼玉県西5区

当選を報告する前原氏(左)=2015年4月13日付より、ふじみ野市

当選を報告する前原氏(左)=2015年4月13日付より、ふじみ野市

12日投開票された埼玉県議選西5区(ふじみ野市・三芳町、定数2)で、日本共産党の前原かづえ氏(65)=新=は9965票(投票率24.51%)を獲得し、自民党の現職を破って当選しました。

前原氏は13日朝、東武東上線上福岡駅前で宣伝し、当選を報告。市民から「良かったね」「頑張って」と声がかかり、握手を求める人もいました。

「戦争立法」などの安倍政権の暴走にストップをかけ、「暮らし・教育・福祉応援の県政を」と訴えた前原氏。選挙中、元民生委員の女性から「安倍さんはこわいから頑張ってよ」と声をかけられるなど、保守・無党派の人たちからも期待が寄せられました。

女性は選挙後、「安倍さんは戦争をしたいのだと感じるし、聞く耳を持たないから前原さんに何とかしてほしかった」と語りました。

同区は、今年からかつて議席を持っていた旧上福岡市と旧大井町・三芳町の選挙区が統合され定数が1から2となり、共産党と後援会は何としても前原氏を当選させようと奮闘。これまでの後援会員や支持者に対する支持拡大だけでなく、テレデータを使った「声の全戸訪問」に取り組み、選挙終盤には後援会員に「折り入って作戦」で支持を広げてもらいました。

前原氏は「みなさんの『暮らしを良くしてほしい』という願いを受け止め、暮らしと平和を守り、みなさんの声を県政に届けるために頑張ります」と話しています。(赤旗2015年4月14日付より)

いっせい地方選 後半戦勝利へ全力/埼玉新県議が決意

県民要求実現、後半戦勝利へ決意を語る(左から)村岡、柳下、前原、秋山、金子の各新県議=2015年4月14日、さいたま市

県民要求実現、後半戦勝利へ決意を語る(左から)村岡、柳下、前原、秋山、金子の各新県議=2015年4月14日、さいたま市

12日投開票された埼玉県議選で当選した日本共産党の柳下礼子、村岡正嗣、前原かづえ、秋山文和、金子正江の5氏が14日、さいたま市内で開かれた共産党活動者会議で決意を語りました。5氏は、県民の願いに応えるために県議会で全力をあげると表明。目前のいっせい地方選の後半戦で、全員当選のために奮闘すると語りました。

柳下氏は、県議選で「安倍政権を倒してほしい」という多くの声が寄せられたと述べ、「安倍暴走政治の応援団になっている異常な県政に、立ちはだかって頑張っているのが日本共産党」との論陣を張り、所沢市の県議選で過去最高の票を得たと語りました。

「戦争は絶対だめ」「生活が苦しい」という県民の思いが「今度は共産党」という期待に高まっていると指摘し、安倍暴走政治ストップを重要争点として打ち出していけば勝利できると強調。「後半戦で勝利してこそ完全勝利といえます。そのために頑張ります」と語りました。

さいたま市議選で当選した8氏のうち、山崎章市議団長らが決意表明しました。(赤旗2015年4月15日付より)

埼玉県議選 現職破り2→5人に

=2015年4月14日、さいたま市

浦和駅西口で県議選報告の街頭演説をする(左2人目から)村岡、柳下、前原、秋山、金子の各県議と伊藤参院候補(左端)=2015年4月14日、さいたま市

埼玉県議選(定数93、1減)で、16人が立候補した日本共産党は、現職2、新人3の5人が当選し、現有2議席から2.5倍に増やしました。

現職は、得票を大幅に増やして議席を確保。西1区(所沢市、定数4)の柳下礼子氏は2万998票(得票率20.39%)で2位当選し、南2区(川口市、定数7)の村岡正嗣氏は2万3927票(同15.16%)でトップ当選しました。

新人は、西5区(ふじみ野市・三芳町、定数2)の前原かづえ氏が自民現職を破って議席獲得。東7区(春日部市、定数3)では秋山文和氏が元自民の無所属現職を破って当選し、東8区(越谷市、定数4)でも金子正江氏が元みんなの党の現職を押さえて勝利しました。

推薦を含む65人を立てた自民党は47人の当選で、改選時49議席を下回りました。民主党は推薦を含む17人を立て、14人が当選。公明党は9人全員当選し、現有議席を維持しました。(赤旗2015年4月14日付より)