志位委員長が越谷で訴え 塩川・梅村両候補を応援

志位委員長(中央)と塩川候補(左)、梅村候補(左)=20日、埼玉・南越谷駅前

千葉、埼玉両県、東京都の街頭演説で南関東比例の、さいとう和子、北関東比例の塩川鉄也、梅村さえこ、東京比例の笠井亮各候補らも「国民の願いを国会に届け実現するため絶対に負けられない」と気迫を込め、市民弁士も「比例は共産党」と応援。どこでも次々に通行人が足を止め、駅前などをぎっしり埋めた聴衆の盛大な拍手と歓声が飛び交う熱気となりました。

志位氏は、全国遊説を通じて、(1)市民と野党の共闘―三つの野党+市民連合が力を発揮し、本気の共闘に発展しているところでは自民党を追い詰めている(2)「比例代表は共産」の声が、これまでにない広い方々から起こっている―の二つを実感していると強調。他党や著名人も「多くの候補者を降ろしてまで共闘のために尽力してくれた。だから比例は共産党」の声を寄せていると紹介しました。

最終盤にあたり、志位氏は、日本共産党への一票が、(1)安倍政権の暴走政治への一番の痛打(2)「ブレない党」への一票であり、政治を変える一番確かな力(3)市民と野党の共闘を前に進める一番確かな一票―になると力説しました。

「憲法ないがしろ、民意踏みつけ、国政私物化―5年間の安倍自公政権の暴走を一つひとつ思い出し、審判を下そう」と訴えた志位氏。他党も共産党の「政治の監視役」「調査能力」「理詰めの追及」に注目していると紹介し、その力を安保法制=戦争法や「森友・加計」の問題で発揮してきたと語りました。

消費税10%大増税ストップの声を共産党にと呼びかけ、「共産党は庶民増税反対で絶対にぶれない党です。それは、消費税に頼らない財源政策をもっているからです」とズバリ。大企業・富裕層への優遇税制をただせば消費税2%増税分の財源が確保できるとして、「こういう対案を示せるのは、日本共産党が、財界中心から国民中心へ、政治を大本から変える志をもつ党だからです。共産党を伸ばすことが、暮らしを守る一番確かな力になります」と訴えました。

安倍9条改憲についても、「憲法改悪反対で絶対にぶれない党が共産党です」と志位氏。現行憲法を生かし新しい日本をつくろうと掲げる「党綱領の裏付け」、過去の侵略戦争に命がけで反対した唯一の政党としての「歴史の裏付け」を示し、支持を呼びかけました。

最後に志位氏は、民進党の「希望の党」への合流という逆流のもとでも、「断固として共闘の道を貫いたのが日本共産党です」と力説。前回選挙で8から21議席へ躍進したことで、議案提案権を得てブラック企業規制法案を提出し、政府が調査・是正に乗り出すなど、現実政治を動かしてきたと紹介しました。

「日本共産党の躍進が、共闘を発展させ日本の政治を良くする一番確かな道です。どうか21議席を絶対に確保させてください。比例で共産党を広げに広げ、さらに上積みをさせてください」と熱く訴え、盛大な拍手と歓声が湧き起こりました。

(「しんぶん赤旗」10月20日付けより)

●共闘堅持 ぶれない共産党 志位委員長が浦和駅前で躍進を訴え 

志位委員長ととともに激励にこたえる社民党の池田氏、共産党の塩川氏、梅村氏らの候補者=30日、さいたま市

安倍政権を退場させる歴史的チャンスの総選挙(10日公示、22日投開票)で、市民と野党の共闘の成功、日本共産党躍進で新しい政治をつくろうと30日、志位和夫委員長を迎えた街頭演説が埼玉・浦和駅前で行われました。共産、社民両党が一本化を合意した埼玉15区の梅村さえこ(北関東比例重複)、13区の池田万佐代(社民党県連副代表)の両氏らが、共闘で安倍政権を倒そうと決意表明。志位氏が「市民と野党の共闘にこそ未来がある。〝大義の旗〟を揺るがず掲げている共産党の躍進が、市民と野党の共闘を発展させ、日本の政治をよくする一番のカになります」と訴えるとロータリー沿いにぎっしり詰め掛けた聴衆の盛大な拍手と声援で熱気に包まれました。

塩川鉄也、梅村さえこ両氏ら北関東比例、各小選挙区の候補が登壇。塩川氏は「埼玉でも共闘の大きなうねりがある。共闘を進める要の共産党の躍進を」、梅村氏は「市民とともに歩み、共闘に本気でとりくむ共産党が伸びれば政治は大きく変わる」と力を込めました。

社民党の池田氏は「戦争しない国、人間らしく働き暮らせる、その選択肢を国民に提示することが統一候補の私の仕事です」と表明しました。

弁士の青年や母親も「ブラック企業規制を実現してほしい」、「ぶれずに共闘を進める共産党は頼もしい」と期待を寄せました。

志位氏は、憲法破壊、民意踏みつけ、国政私物化という安倍暴走政治に退場の審判を下そうと訴え。さらに、北朝鮮の核・ミサイル問題と安保法制=戦争法、消費税10%大増税、憲法9条改定、核兵器禁止条約などの大争点で、日本共産党の立場を示し、政治を変える一番の力である共産党を比例で躍進させ、小選挙区でも勝利に押し上げでほしいと呼びかけました。

志位氏は、自民党政冶の補完勢力「希望の党」への合流をきめた民進党の決定を批判するとともに、共闘に一時的な逆流が持ち込まれるもとでも「勇気をもって共闘の立場で頑張る政党、議員、候補者の方々とは心をひらいて共闘をさらに発展させます」と表明。「日本共産党は、共闘の門戸を広くあけています。共闘の力で安倍政権を倒すために、みんなで力を合わせようではありませんか」と呼びかけると、聴衆は力強く「よーし」の掛け声と大きな拍手で応えました。

(「しんぶん赤旗」10月1日付より)