戦争法案 強行採決に抗議/おくだ、伊藤両候補が訴え

強行採決に抗議の声をあげる伊藤氏=2015年9月17日夕、さいたま市

強行採決に抗議の声をあげる伊藤氏=2015年9月17日夕、さいたま市

参院安保法制特別委員会で戦争法案が強行採決されたことに抗議して、17日夕、日本共産党の、おくだ智子参院比例候補は埼玉県川口市で、伊藤岳参院選挙区候補は、さいたま市で訴えました。

このうち、浦和駅前でマイクを握った伊藤氏は、法案の問題点が多く残されたまま、公聴会で出された反対意見について審議もせずに強行採決した自民、公明与党の暴挙を厳しく批判。「必ず廃案にするために、最後まで反対の声を大きくあげよう」と訴えました。

小雨が降るなか、伊藤氏の訴えに「そうだ」と声をかける市民もいました。

(しんぶん赤旗2015年9月18日付より)

若者躍動 戦争法案止める/ママたちと一緒に 埼玉

戦争法案強行採決するなとデモ行進する学生とママたち=2015年9月12日、さいたま市

戦争法案強行採決するなとデモ行進する学生とママたち=2015年9月12日、さいたま市

学生・高校生でつくる「VIP埼玉」と「安保関連法案に反対するママの会・埼玉」は12日、戦争法案の廃案を求めて、さいたま市のJR 浦和駅西口周辺をデモ行進し、360人が参加しました。

若者が「戦争法案絶対反対!」「戦争法案いますぐ廃案!」とコール。途中のスピーチでは「声をあげ続けることが廃案への唯一の方法。黙っていては変わらない。まだ何も終わっていない。廃案にするのはこれからです」と訴えました。

母親たちもベビーカーを押したり、子どもの手を引いたりして唱和しました。

さいたま市の高校2年生の男子生徒は「自分が声を上げることで市民の関心を広げたい」と話しました。4人の子どもと参加した上尾市の女性(36)は「国会前の包囲行動にも行きました。子供の将来が一番心配。ここで止めなければ」と語り、子ども(11)は「戦争に行かされて、殺したり殺されたりしたくない」と話しました。

(しんぶん赤旗2015年9月13日付けより)

戦争法案阻止 広がるうねり/埼玉・大学人の会発足

戦争法案の廃案を訴える「埼玉・大学人の会」の大学教授ら=2015年9月8日、県庁

戦争法案の廃案を訴える「埼玉・大学人の会」の大学教授ら=2015年9月8日、県庁

埼玉県内の大学関係者でつくる「安全保障関連法案の廃案を求める埼玉・大学人の会」が8日、発足しました。

同日、県庁内で聖学院大学の石川裕一郎教授や獨協大学の川村肇教授、東京電機大学の石塚正英教授、埼玉大学の七木田文彦准教授らが記者会見して明らかにしました。席上、石川氏らは、声明「近代立憲民主主義の破壊に抗議し、安全保障関連法案の廃案を強く求めます」を発表し、会の賛同者が113人集まっていると報告しました。

獨協大学や東京電機大学では有志による「廃案を求める声明」が出されています。「埼玉・大学人の会」は、各大学での取り組みを横でつなげ、連携していこうというものです。法案の採決をめぐり情勢が緊迫する中、会では街頭リレー演説や学習会などを計画します。

七木田氏は「市民に向けて、法案の問題を丁寧に訴えていきたい」と話しています。

(しんぶん赤旗2015年9月9日付より)