上尾 5人当選2議席増/市議選 戦争法廃止の訴えに共感

当選を喜ぶ(右2人目から)糟谷、池田、新藤、平田、秋山の5氏=2015年12月6日、上尾市

当選を喜ぶ(右2人目から)糟谷、池田、新藤、平田、秋山の5氏=2015年12月6日、上尾市

6日投開票された埼玉県上尾市議選で、日本共産党は、糟谷珠紀(41)、秋山もえ(39)、平田通子(59)=以上現=、新藤孝子(60)、池田達生(68)=以上新=の5人が全員当選し、2議席増を果たしました。

共産党の得票合計は1万1556票(得票率17.42%)で、投票率が約4ポイント下がる中、前回比2136票増やし得票率も4.11ポイント伸ばしました。政党で得票数・率とも伸ばしたのは共産党だけでした。

共産党は「戦争法廃止の声を上尾から上げよう。平和の願いを5候補に託してください」と宣伝・対話に奮闘しました。

政策ビラを見た市民から戦争法についての質問が電話であり、丁寧に答えると「まだ少し疑問もあるが今回は家族みんなで共産党に入れる」と支持を約束。戦争法廃止の政策への支持と共感が、幅広い市民の中に広がりました。

これに対し、自民党や公明党は「戦争法と言うが戦争を抑止するものだ」などと反論を試みましたが、自民党の応援を受けた無所属候補や公明党候補は得票を減らしました。

共産党の市政政策への支持も広がりました。40億円の市のため込み金など財政の裏付けを示しながら、国民健康保険税の引き下げや介護保険の負担軽減などを提案。「共産党の議席が増えれば市民の願いを実現する大きな力になります」と訴えました。

(しんぶん赤旗2015年12月8日付より)

市民要求届ける5議席/埼玉・上尾市議選 梅村議員が応援

声援に応える(左から)梅村衆院議員と秋山もえ、新藤たか子、平田みち子、池田たつお、かすや珠紀の5候補=2015年11月30日、上尾市

声援に応える(左から)梅村衆院議員と秋山もえ、新藤たか子、平田みち子、池田たつお、かすや珠紀の5候補=2015年11月30日、上尾市

埼玉県上尾市議選(12月6日投票)で、5候補全員当選と2議席増をめざす日本共産党は30日、JR上尾駅前で梅村さえこ衆院議員を迎えた街頭演説を行いました。かすや珠紀(41)、秋山もえ(39)、平田みち子(59)=以上現=、新藤たか子(60)、池田たつお(68)=以上新=の5候補がそろって訴えました。

5候補はそれぞれ、「消費税増税で暮らしは大変に。保育所を増やし、在宅での子育てもサポートします」(かすや)、「安倍独裁政治による戦争法強行は許せません。何としても廃止させます」(秋山)、「共産党と市民の運動で水道料金を値下げできました。5人の市議団で今度は国民健康保険税引き下げを」(平田)、「戦争法廃止、介護保険をよくしてほしいという願いに応えて頑張ります」(新藤)、「市には40億円のため込み金があり、市民要望に十分応えられます。5人の市議団のパワーで要求実現をさらに」(池田)と訴えました。

梅村氏は「負担増、市民サービスカットをする市政に共産党5人の勝利で審判を。上尾から戦争法廃止・国民連合政府実現のうねりを起こしましょう」と語りました。

市議選は定数30に対し、共産5、公明5、民主3、無所属20の計33人が立候補し、少数激戦の様相です。各陣営の告示第一声では、自民や公明、民主党の国会議員や県議らが続々と応援。公明党の国会議員は「(戦争法は)戦争を抑止するためのもの。共産党は戦争になると言っているが脅しだ」と反共攻撃に躍起になっています。

共産党と後援会は、市内くまなく政策を訴え、対話・支持拡大目標をやりきって全員当選を勝ちとろうと全力をあげています。

(しんぶん赤旗2015年12月1日付より)

【動画】11/30 日本共産党街頭演説(上尾駅西口)

埼玉県上尾市議選(12月6日投票)で5候補全員当選と2議席増をめざす日本共産党は30日、JR上尾駅前で梅村さえこ衆院議員を迎えた街頭演説を行いました。

 

かすや珠紀候補

 

秋山もえ候補

 

平田みち子候補

 

新藤たか子候補

 

池田たつお候補

 

梅村さえこ衆院議員

埼玉変える提案権 山下氏・各候補訴えに拍手

訴える山崎あきらさいたま市議候補と青柳しんじ県議候補、さいたま市議候補ら=2015年4月5日、さいたま市

訴える山崎あきらさいたま市議候補と青柳しんじ県議候補、さいたま市議候補ら=2015年4月5日、さいたま市

「何としても8人以上の県議団と11人のさいたま市議団を」。日本共産党の山下芳生書記局長が5日、埼玉県春日部、上尾、さいたまの各市で行った街頭演説は、冷たい雨が降るなか、どこでも聴衆の熱気に包まれました。

県議選東7区(春日部市、定数3)の秋山文和候補=新=は、過去に11議席を持っていた共産党県議団が中小企業振興条例を提案し、最大会派の自民党も動き、全会一致で条例が実現したことを紹介して「8議席以上になり議案提案権を獲得すれば、県政を変える大きな力になります」と強調しました。

南6区(さいたま市見沼区、定数2)の青柳しんじ候補=新=は、見沼区の自民党現職県議が中心となり、平和教育への異常な政治的介入を行っていることを批判し「『憲法守れ』『戦争はごめんだ』の願いを、党派を超えて私に託してください」と呼びかけました。

南13区(上尾市・伊奈町、定数3)の新藤たか子候補=新=も決意表明しました。

さいたま市議選大宮区(定数5)の山本ゆう子候補=新=は39年の教師の経験を語り「私の原点は『教え子を戦争に送るな』です。『戦争立法』に反対し、平和と暮らしを守るために、全力で市議会に駆け上がります」と訴えました。

戸島よし子(見沼区)、山崎あきら(中央区)、久保みき(桜区)、もりや千津子(南区)=以上現=、とりうみ敏行(浦和区)=元=、大塚たけひで(西区)、とばめぐみ(見沼区)、松村としお(緑区)、大木学(岩槻区)=以上新=の各候補も訴えました。(赤旗2015年4月7日付より)

県民の願いとスクラム組み、実現する党を大きく/埼玉3市 山下書記局長が訴え

聴衆の声援にこたえる(左から)秋山文和県議候補と山下芳生書記局長=2015年4月5日、春日部市

聴衆の声援にこたえる(左から)秋山文和県議候補と山下芳生書記局長=2015年4月5日、春日部市

聴衆の声援にこたえる(左から)新藤たか子県議候補、山下芳生書記局長、伊藤岳参院埼玉選挙区候補、奥田智子参院比例候補=2015年4月5日、上尾市

聴衆の声援にこたえる(左から)新藤たか子県議候補、山下芳生書記局長、伊藤岳参院埼玉選挙区候補、奥田智子参院比例候補=2015年4月5日、上尾市

訴える山下芳生書記局長と青柳しんじ県議候補=2015年4月5日、さいたま市

訴える山下芳生書記局長と青柳しんじ県議候補=2015年4月5日、さいたま市

日本共産党の山下芳生書記局長は5日、埼玉県春日部市、上尾市、さいたま市の駅頭で演説し、「どんなに後ろ向きの県政であっても、県民の願いとスクラムを組んで頑張り抜き、実現するのが共産党だ」と述べ、党躍進で県政、さいたま市政を前に動かす力をさらに大きくと訴えました。

現有2議席から議案提案権を持つ8議席以上をめざす埼玉県議選。現有7議席のさいたま市議選では全行政区の11議席に挑みます。どの駅頭でも多くの聴衆から何度も声援と拍手が送られました。

「アジアへの侵略戦争に命がけで反対した筋金入りの反戦平和の党、共産党に『戦争立法』ノーの願いを」

山下氏はこう語るとともに、「『世界で企業が一番活躍しやすい国』ではなく、国民が世界で一番、安心して暮らせる日本を、その願いを共産党に託してください」と呼びかけました。

上田県政は、「住民福祉の増進」という地方自治体の本来の役割を投げ捨てる一方、治水・利水に役立たない八ツ場ダム(群馬県)建設にさらに132億円をつぎ込もうとするなど、無駄な巨大開発を推進。この逆立ちした県政に、共産党以外は何でも賛成の「オール与党」です。自民党や右派会派などは自分たちの気に入らない日本史教科書を採択した高校長8氏を文教委員会に呼んでつるし上げ。県立高校の修学旅行の平和教育も問題視し、生徒の感想文を提出させ、審議するなど異常な事態です。

「教育の内容や子どもたちの内心にまで土足で介入する。政治が絶対にやってはならないことだ」と批判した山下氏。「知事の逆立ちをたださないだけじゃない。自分たちの歴史観、教育観が逆立ちしている。こんな議員に埼玉の県政、子どもたちの未来を託すことはできない」と力説すると、「そうだ」の声と拍手がわきました。

山下氏は、共産党が県民の願いに応えて提案し、▽竜巻などの災害を受け、県独自の被災者生活再建支援制度を創設▽人口あたりの医師数が全国最低の現状打開へ、県独自の医学生奨学金創設などの医師確保対策に踏み出したことなどをあげ、8議席以上への躍進を訴えました。

埼玉県春日部、上尾、さいたまの3市で5日、山下芳生書記局長を迎えて行われた街頭演説では県議候補の秋山文和(春日部市)、新藤たか子(上尾市・伊奈町)、青柳しんじ(さいたま市見沼区)の3氏、さいたま市議候補10氏も訴えました。(赤旗2015年4月6日付より)

平和の議席もう一度 埼玉県議選 上尾・伊奈区/いっせい地方選ルポ 激戦区

市民の期待に応えて奮闘する新藤候補=2015年3月15日、上尾市

市民の期待に応えて奮闘する新藤候補=2015年3月15日、上尾市

埼玉県議選南13区(上尾市・伊奈町、定数3)で、日本共産党の新藤たか子候補(60)=新=は、共産党の議席が8年間空白になっている同区で何としても党の議席を取り戻そうと奮闘しています。

 

8年空白 克服に全力

上尾市の共産党は2007年までの28年間、県議を送り出してきましたが、最近2回の選挙では当選できていません。今回の選挙から伊奈町が選挙区に加わり、1増の3議席をめざす同町議選(定数16)での勝利とともに県議選必勝に向け全力をあげています。

新藤候補のほかに、自民党は前上尾市議の新人2人、民主、公明両党が現職1人ずつ、無所属で前上尾市議の新人が名乗りを上げ、選挙戦は有力6候補による多数激戦です。

 

介護経験を語り

新日本婦人の会の事務局長や地域鉄道ニューシャトルの「利用者の会」会長として、住民の願い実現の先頭に立ってきた新藤候補。連日、対話・宣伝に全力をあげています。

新藤候補は、母を介護した経験を語りながら、安倍政権による介護保険サービス縮小や介護報酬引き下げなどの介護保険改悪を批判。「高い保険料を払って、いざとなったら制度を使えない。こんなことは許せません」と述べ、「政治を変える共産党を大きくしてください」と訴えています。

 

逆立ち正すため

県議会では、自民・民主・公明などの「オール与党」が、福祉切り捨て、無駄なダム建設推進の県政を後押ししている実態を語り、「逆立ちした政治をただすため、県議会に送ってください」と力を込めます。

こうした訴えに、通りかかった人や車中からの声援が増え、「自民党にはもう飽き飽きした」と共産党に期待を寄せる有権者が広がっています。

自民党の2候補は町中にポスターを貼り出すなど、競い合って保守層の掘り起こしにしのぎを削っています。民主党は集会などをこまめに回り、公明党は共産党支持者にも「票を分けてほしい」と頼みにくるなど必死です。

 

埼玉県議選の様相
2議席から8超目指す

埼玉県議選(定数93、1減)で日本共産党は、現有2議席から、議案提出権を持ち、議会常任委員会すべてに委員を送れる8議席以上をめざします。16人(現2、新14)が立候補を表明しています。

自民党は現有49議席に対し、推薦を含む65数人が立候補する見込みで、民主党は現有12議席に対し、推薦を含む15人程度、公明党は現状維持の9人が立つ見込みです。(赤旗2015年3月19日付より)

いっせい地方選躍進必ず 共産党期待どこでも

声援を受ける(左から)梅村衆院議員と新藤県議候補、大沢、水上、五味の各伊奈町議候補=2015年3月7日、上尾市

声援を受ける(左から)梅村衆院議員と新藤県議候補、大沢、水上、五味の各伊奈町議候補=2015年3月7日、上尾市

介護・子育て応援

上尾・演説会 新藤県議候補訴え

7日の埼玉県上尾市での演説会で、県議選南13区(上尾市・伊奈町、定数3)に挑む新藤たか子候補=新=は、母の介護経験を語りながら、安倍政権による介護サービス縮小、介護報酬切り下げなどを批判し「私たちの税金を私たちのために使う政治の実現を」と決意表明しました。

国いいなりの弱い者いじめの政治、教育への乱暴な介入を進める上田県政と自民、公明、民主の「オール与党」議会を、共産党の躍進で変えると強調。県立小児医療センターの機能存続や子育て支援の拡充などの公約を訴えました。

いっせい地方選の伊奈町議選(定数16)で1議席増をめざす、大沢じゅん、水上くにお=以上現=、五味まさみ=新=の3候補が決意表明しました。

梅村さえこ衆院議員は「女性運動の先頭に立ってきた新藤さんを勝たせてください」と訴えました。

 

声援をうける塩川(右)、秋山(左)の両氏=2015年3月7日、春日部市

声援をうける塩川(右)、秋山(左)の両氏=2015年3月7日、春日部市

右翼に議席渡さない

春日部・演説会 秋山県議候補決意

埼玉県春日部市で7日開いた演説会では、県議選東7区(春日部市、定数3)では秋山文和候補=新=の勝利をと塩川鉄也衆院議員が訴えました。

秋山候補は、県議会で東7区の現職県議も含め、改憲右翼団体「日本会議」所属議員が中心となって教育への政治的な介入など「戦争する国づくり」を推進していることを批判。「何としても当選して共産党を増やし、安倍政権の戦争を準備する暴走にストップをかける先頭に立って頑張ります」と決意を述べました。

塩川氏は、県議選で共産党が10議席に躍進したときに、議案提案権を活用し、中小企業振興条例の実現に尽力したことを紹介。「秋山さんを何としても県議会に送り、県政を大きく動かそう」と呼びかけました。

参加した男性(80)は「安倍さんは過激だしやりたい放題で許せない。暴走をストップさせるためにも秋山さんを当選させたい」と語りました。(赤旗2015年3月10日付より)