戦争法ノー期待大 埼玉・朝霞市議選 当選の3氏決意

当選を喜ぶ(前列左2人目から)山口、石川、斉藤の各氏=2015年12月7日未明、朝霞市

当選を喜ぶ(前列左2人目から)山口、石川、斉藤の各氏=2015年12月7日未明、朝霞市

6日投開票された埼玉県朝霞市議選(定数24、立候補28人)で、日本共産党の斉藤弘道(53)、山口公悦(65)=以上現=、石川啓子(52)=元=の3氏は全員が得票を伸ばして当選し、前回獲得議席を維持しました。

3氏は合計で3770票(得票率10.61%)を獲得し、石川氏が2位で当選するなど、前回の2849票(得票率8.20%)から大きく伸ばしました。

3氏は、陸上自衛隊朝霞駐屯地を抱える「基地のまち・朝霞」から「戦争法ノー」「安倍暴走政治ノー」の声をあげようと強調し「平和と暮らしの願いを共産党へ」と訴えてたたかいました。党事務所に自民党員という市民から「今の安倍政治は許せない。今回は共産党に投票したい」と電話がかかってくるなど、幅広い市民のなかで期待と共感が広がりました。

事務所に集まった全員当選を喜ぶ支援者らに3氏は感謝を述べるとともに、市民からの大きな期待を感じた選挙だったと述べ「みなさんから寄せられた期待に応えるために、公約実現へ頑張ります」と決意を語りました。

(しんぶん赤旗2015年12月8日付より)

基地の街から平和発信/埼玉・朝霞市議選 3候補が第一声

斉藤ひろみち候補

斉藤ひろみち候補

山口こうえつ候補

山口こうえつ候補

石川けい子候補

石川けい子候補

11月29日告示(12月6日投票)された埼玉県朝霞市議選(定数24)に立候補した、日本共産党の斉藤ひろみち(53)、山口こうえつ(65)=以上現=、石川けい子(52)=前=の3候補は第一声で、市民の暮らしを守る市政転換への決意を語りました。4人はみ出しの28人が立候補する激戦となりました。

3候補は、陸上自衛隊朝霞駐屯地を抱える「基地のまち・朝霞」から戦争法廃止の声をあげ、「国民連合政府」の実現を訴え、国民健康保険税や介護保険料の引き上げなど市民に負担を押しつけてきた現市政と自民系・公明の議員を批判。小中学校へのエアコン設置、18歳までの医療費(入院)無料化などの実績を語り、「県内第4位の財政力を生かして、これまで削られてきた福祉を元に戻し、市民の暮らしを応援する市政の実現」と奮闘しています。

伊藤岳参院埼玉選挙区候補が応援に駆けつけ、「共産党の3候補を勝ち抜かせてください」と呼びかけました。

斉藤候補の応援のマイクを握った、3人の子育て中の女性は「国保税が高くて払えず困っていたときに、共産党の市議が相談に乗ってくれた。共産党は、私たちの一番近くにいる党」と語りました。

(しんぶん赤旗2015年12月1日付より)

埼玉・朝霞市議選29日告示 「基地のまち」から戦争法ノー/共産党3候補が全力

斉藤ひろみち候補

斉藤ひろみち候補

山口こうえつ候補

山口こうえつ候補

石川けい子候補

石川けい子候補

29日告示(12月6日投票)される埼玉県朝霞市議選(定数24)で、日本共産党は、斉藤ひろみち(53)、山口こうえつ(65)=以上現=、石川けい子(52)=前=の3候補当選に全力をあげます。定数を4人程度上回る立候補が見込まれています。

朝霞市は陸上自衛隊朝霞駐屯地がある「基地のまち」です。2017年度には全国の陸自を束ねる「陸上総隊司令部」設置の計画があります。自衛隊関係者も多く住み、共産党の市民アンケートにも隊員家族から「戦争法」に対する不安が寄せられています。

共産党は「市議選で共産党が勝利することが戦争法廃止の大きな力になります」と訴えています。

富岡勝則市長は、国民健康保険税や介護保険料を引き上げ、高齢者や障害者、一人親家庭など行政の支援が必要な人たちへの助成金やサービスを次々廃止・削減しこれに自民党や公明党などが賛成してきました。

共産党は「県内4位の財政力を持ち、毎年10億円の黒字が出る朝霞市には、市民の暮らしを守る十分な力がある」と指摘。国保税の1人1万円引き下げや削られた福祉事業の復活、通院も含めた18歳までの医療費無料化などを掲げ「3人の当選で市民の願いを実現します」と、宣伝と対話・支持拡大に奮闘しています。

(しんぶん赤旗2015年11月25日付より)

戦争する国絶対反対・増税ノー… 埼玉青年らがデモ

「安倍政権の暴走ストップ」の声を上げて歩く青年ら=2014年11月9日、朝霞市

「安倍政権の暴走ストップ」の声をあげて歩く青年ら=2014年11月9日、朝霞市

埼玉県の青年らが安倍政権の暴走ストップの声を上げようと9日、「安倍内閣はダメよダメダメ! デモでもやろう 青年DEMO」を行い、34人が朝霞・新座両市内を歩きました。

JR北朝霞駅前に集まった参加者は、盆踊り調のリズムに乗って「戦争する国絶対反対」「増税反対」「ブラック企業はもうごめん」とコールしながら出発し、東武線志木駅まで歩きました。マンションから手を振る人や、沿道から一緒にコールする人がいました。

新座市から参加したアルバイトの男性(22)は「消費税を増税するよりも、もっと雇用を増やしてほしい。本当は正社員になりたい」と話しました。

朝霞市から参加した男性(19)は「一人暮らしで求職中。これでさらに消費税が上がったら、本当に生活が大変。デモをやって何か変わればと思って参加した」と語りました。

日本共産党の伊藤岳参院埼玉選挙区候補が参加し、あいさつしました。(赤旗2014年11月12日付より)