「三つの待機」なくす 前原県議候補ら

梅村氏と前原県議候補、市町議候補=2015年3月28日、ふじみ野市

梅村氏と前原県議候補、市町議候補=2015年3月28日、ふじみ野市

埼玉県ふじみ野、北本両市で28日、日本共産党演説会が開かれ、梅村さえこ衆院議員と伊藤岳参院埼玉選挙区候補らが訴えました。

ふじみ野市で梅村氏は、同市の公立保育所廃止問題を国会で取り上げ、公立保育所への補助復活を求めたことを紹介。「いっせい地方選では、安倍政権の暴走から住民の命や暮らしを守る立場にたてる議員かが問われています」と強調しました。

県議選西5区(ふじみ野市・三芳町、定数2)の前原かづえ候補=新=は、特別養護老人ホームと保育所、障害者施設の「『三つの待機』をなくします」と強調。県議会が自民党などの県議による平和教育への政治的介入など、「戦争立法」を進める安倍政権と一体で暴走していることを批判し、「平和と暮らしを守る議席を」と訴えました。

ふじみ野市議選(定数21)の、つかこし洋一、新井光男、足立しづ子、伊藤はつみ=以上現=、床井よしのり=新=、三芳町議選(定数15)の吉村みつ子、増田ますみ=以上現=、本名ひろし=新=の各候補が決意表明しました。

北本市では、市議選(定数20)の中村よう子、湯沢みえの現職2候補が訴え、現市政による公立保育所の統廃合などを批判し、「市民の声を届け、市政を変えるために頑張ります」と語りました。

幼稚園で働く女性(26)は「保育所の廃止問題はあってはいけないこと。共産党に県政や市政で頑張ってほしい」と話しました。(赤旗2015年3月31日付より)

躍進共産党 住民とともに/新国会議員 全国駆ける

おかざき候補(右端)と自転車で町中を宣伝する梅村衆院議員(その隣)=2015年3月21日、戸田市

おかざき候補(右端)と自転車で町中を宣伝する梅村衆院議員(その隣)=2015年3月21日、戸田市

安心の子育て社会/埼玉・戸田 梅村衆院議員

梅村さえこ衆院議員は21日、埼玉県戸田市で、おかざき郁子県議候補=新=(南20区・戸田市、定数2)の勝利をと、自転車で町中を走りながら宣伝しました。

埼京線・戸田公園駅前で梅村氏は「子どもたち戦争に送るような国にしてはならないと、市議を辞して立候補を決意した、おかざきさんを何としても県議会に送り出してください」と訴え、安心して子育てができる社会を日本共産党の勝利でつくり出そうと語りました。

おかざき候補は、市民の声を県政に届けるために全力を挙げると語りました。(赤旗2015年3月22日付より)

運動広げ、賃上げ勝ち取ろう 埼玉土建・建設埼玉が初の共同集会

「賃金・単価引き上げを」と要求を掲げ=2015年3月16日、さいたま市

「賃金・単価引き上げを」と要求を掲げる参加者=2015年3月16日、さいたま市

建設労働者の賃金・単価の引き上げと、社会保険加入を保障する法定福利費の確実な確保を要求する「埼玉集会」が16日、さいたま市の埼玉会館大ホールで開かれ、約1000人が参加しました。埼玉土建一般労働組合(斉藤顕委員長)と建設埼玉(吉田三男委員長)による初めての共同集会で、全建総連、埼労連、連合埼玉の代表も参加して、あいさつしました。

バブル崩壊から建設産業の賃金下落が続き、建設現場の若者不足、高齢化は深刻です。両労組は「力を合わせなければ事態を打開できない」と運動を共同で進めてきました。

基調報告した建設埼玉の荻野晃喜書記長は、建設業労働者が2000年から10年までに28%減少し、若者は60%以上減少している、とのべました。

平均年収が395万円と製造業より50万円も低いことや社会保険の未整備、低単価受注による労働環境の劣悪化が背景にあると指摘。標準見積書の活用や賃金・単価引き上げ要求、公契約条例制定などの運動のさらなる拡大を呼びかけました。

日本共産党や自民党、民主党などの国会議員、県議、さいたま市議らか出席。共産党の塩川鉄也、梅村さえこ両衆院議員、柳下礼子、村岡正嗣両県議、青柳しんじ県議候補らがあいさつしました。(赤旗2015年3月20日付より)

介護報酬引き下げやめて 党埼玉県委が厚労省に求める

介護現場の実態を伝える県議候補らと(右4人目から)おくだ、塩川、梅村、伊藤の各氏=2015年3月17日、衆院第2議員会館

介護現場の実態を伝える県議候補らと、(右4人目から)おくだ、塩川、梅村、伊藤の各氏=2015年3月17日、衆院第2議員会館

安倍内閣が、介護事業所に支払う介護報酬を新年度に大幅に引き下げようとしている問題で、日本共産党埼玉県委員会は17日、厚生労働省に介護現場の声を伝え、引き下げ中止を求めました。

求めたのは、今村のり子、青柳しんじ、新藤たか子、石島よう子、おかざき郁子、石川けい子、川上とよ子、前原かづえ、せとぐち幸子の各県議候補と、もりや千津子さいたま市議、とばめぐみ同市議候補、とりかいまさし和光市議候補、おくだ智子参院比例候補、伊藤岳参院埼玉選挙区候補。塩川鉄也、梅村さえこ両衆院議員が同席しました。

伊藤氏が、県委員会で取り組んでいる介護事業所アンケートで、報酬が引き下げられると「事業の存続にかかわる」との回答が65%を占めることなどを紹介しました。

元介護士の、とりかい氏は、介護職の離職率が高い中で専門性が育っていかない実情を、もりや氏は、特別養護老人ホームの待機者が多数いるのに人手不足で受け入れが進まない現状を語りました。青柳氏は、介護士の処遇改善が進まない背景に介護事業所の厳しい経営実態があると指摘しました。

参加者は厚労省にあてて、▽介護報酬の抜本的引き上げ▽保険料引き上げに連動しない、国費での介護職員の処遇改善―を求める要望書を担当者に手渡しました。(赤旗2015年3月19日付より)