埼玉・秩父市議選 3氏が当選

20日投開票された埼玉県秩父市議選(定数22=4減)で、日本共産党は、現職4氏のうち、斎藤捷榮(72)、出浦章恵(52)、山中進(65)の3氏が当選しましたが、新井康一氏(58)は及びませんでした。

選挙戦では、定数4減で当選ラインが上がる中、5人はみ出しの激戦となりました。

4氏は水道料金35%値上げ中止などを公約に掲げてたたかいましたが、現有4議席を守れませんでした。

共産党の合計得票は4253票(前回4515票)で、得票率は12.53%(前回12.16%)でした。(赤旗2014年4月22日付より)

4/20 秩父市議選結果

秩父市議会議員選挙 選挙結果
2014年4月13日告示・20日投票
定数22(4減) 立候補27人

斎藤かつしげ

斎藤かつしげ(72)現

1,006票 21位
出浦あきえ

 出浦あきえ(52)現

1,066票 19位
山中すすむ

山中すすむ(65)現

1,329票 11位
新井こういち

新井こういち(58)現

852票 25位

総投票数 34,801 投票率 63.44%
得票率 12.52% 議席占有率 13.64%

秩父市議選あす投票 共産党全員当選へ全力

水道料値上げ中止を

斎藤かつしげ候補

斎藤かつしげ候補

出浦あきえ候補

出浦あきえ候補

新井こういち候補

新井こういち候補

山中すすむ候補

山中すすむ候補

埼玉県秩父市議選(定数22=4減、立候補27人)では、斎藤かつしげ(72)、出浦あきえ(52)、新井こういち(58)、山中すすむ(65)の現職4候補が全員当選に向けて全力をあげています。

水道料金35%値上げが大きな争点になっています。

共産党4候補は「浦山ダムからの固定資産税を充当すれば、値上げはストップできる」と具体的対案を示して値上げ中止を主張。「水を使う仕事なので、値上げされたら困る。頑張ってほしい」など市民の中で期待や共感を広げています。

他候補は水道料金値上げについて明確に反対の立場を示せずにいます。

党選対は「大激戦を勝ち抜くために、最後まで全有権者規模での宣伝と対話・支持拡大を」と呼びかけています。(赤旗2014年4月19日付より)

秩父市議選告示 水道料金値上げ反対 4候補訴え

斎藤かつしげ候補

斎藤かつしげ候補

出浦あきえ候補

出浦あきえ候補

新井こういち候補

新井こういち候補

山中すすむ候補

山中すすむ候補

 

埼玉県秩父市議選(定数22=4減、立候補27人)で、斎藤かつしげ(72)、出浦あきえ(52)、新井こういち(58)、山中すすむ(65)の現職4候補は13日、紙智子参院議員の応援を受けて第一声を上げました。

ほかに公明2人、新社会1人、無所属20人が立候補し、5人はみ出しの激戦となりました。

共産党4候補は、市が水道料金の35%値上げを計画していることを批判。水道会計が建設費を負担している、浦山ダムの固定資産税5億3000万円を水道会計に繰り入れるなどして、値上げを中止するべきだと述べ「市民の暮らしを守るために何としても4人全員当選させてください」と訴えました。

紙氏は「国民に負担を強いる安倍政権の暴走にストップをかけるためにも、大雪被害対策などに全力をあげてきた4候補の勝利を」と述べました。(赤旗2014年4月15日付より)

埼玉・3市議選あす告示

基金を市民のために

春日部市議選 6議席必ず

埼玉県春日部市議選(定数32)は、うづき武彦(51)、松本ひろかず(62)、大野とし子(57)、今尾やすのり(48)=以上現=、並木としえ(53)=元=、坂巻かつのり(57)=新=の6候補が現有議席の確保をめざします。43人が立候補する多数激戦が見込まれています。

うづき武彦候補

うづき武彦候補

松本ひろかず候補

松本ひろかず候補

大野とし子候補

大野とし子候補

今尾やすのり候補

今尾やすのり候補

並木としえ候補

並木としえ候補

坂巻かつのり候補

坂巻かつのり候補

日本共産党は、市が行ってきた、保育料の値上げや敬老祝い金の縮小、障害者の福祉タクシー券削減などの負担増・福祉切り捨てを批判。消費税増税などで苦しくなっている市民の暮らしを守るのが市政の役割だと訴え、120億円ある市の基金を市民のために活用するよう提案しています。公約として、▽国民健康保険税の1人1万円引き下げ▽介護保険の負担軽減▽小中学校全教室へのエアコン設置▽温水の市民プール建設―などを掲げています。

 


 

国保税の引き下げを

久喜市議選 4氏当選訴え

埼玉県久喜市議選(定数30=4減)は、杉野おさむ(62)、渡辺まさよ(52)、石田としはる(66)=以上現=、へいま益美(59)=新=の4候補が現有議席の確保をめざします。39人程度が立候補する多数激戦が見込まれます。

杉野おさむ候補

杉野おさむ候補

渡辺まさよ候補

渡辺まさよ候補

石田としはる候補

石田としはる候補

へいま益美候補

へいま益美候補

日本共産党は、市民から寄せられる、水道料金引き下げなどの負担軽減を求める声に応えようと全力をあげています。2月議会で、暮らし応援の予算修正案を提出して奮闘したことを語り、「市民の願いを実現する共産党の4候補を議会に送り出してほしい」と訴えています。

公約として、▽国民健康保険税の1人1万円引き下げ▽水道料金の引き下げ▽小中学校の全教室にエアコン設置―などを掲げています。

 


 

大増税路線ストップ

秩父市議選 4候補必勝を

埼玉県秩父市議選(定数22、4減)で日本共産党は、斎藤かつしげ(72)、出浦あきえ(52)、新井こういち(58)、山中すすむ(65)の現職4候補全員当選をめざします。

市議選は、現職22人、元職1人、新人5人の合計28人が立候補を予定し、激戦の様相です。

斎藤かつしげ候補

斎藤かつしげ候補

出浦あきえ候補

出浦あきえ候補

新井こういち候補

新井こういち候補

山中すすむ候補

山中すすむ候補

市民との対話のなかで「介護保険料が高すぎる。必ず引き下げてください」「買い物をするたびに消費税がこたえる。増税を中止してほしい」などの声が寄せられ、党の政策に期待と共感が広がっています。

4候補は、大増税路線にストップをかけ、大雪被害の市独自支援策の拡充、水道料金の35%値上げストップ、小中学校へのエアコン設置などを訴えています。(赤旗2014年4月12日付より)

埼玉・秩父市議選13日告示 4議席の値打ち訴え

被災者に寄り添う共産党
塩川氏が演説

13日告示(20日投票)の埼玉県秩父市議選(定数22、4減)勝利をめざし、日本共産党の斎藤かつしげ(72)、出浦あきえ(52)、新井こういち(58)、山中すすむ(65)の現職4候補は6日、塩川鉄也衆院議員を迎え、秩父駅前で街頭演説を行いました。

声援に応える(左から)新井、出浦、塩川、斎藤、山中の各氏=2014年4月6日、秩父市

声援に応える(左から)新井、出浦、塩川、斎藤、山中の各氏=2014年4月6日、秩父市

4候補は、消費税増税を強行した安倍政権と、市に納税義務のない公共施設の使用料などを便乗して値上げした現市政を批判。大雪被害の市独自支援の拡充などの負担軽減、周産期医療の充実などの実現を掲げ、暴走と正面から対決し、対案を示す日本共産党の4人全員勝利で、秩父から安倍政権の暴走にストップを、と訴えました。

塩川氏は、2月の大雪被害で被災者の思いに寄り添い、繰り返し市・県・国に要望し、農業用ハウスの再建支援、災害廃棄物の処理、除雪経費などの国の補助金の引き上げ・適用を実現してきた日本共産党の実績を強調。消費税増税の強行、福祉切り捨て、集団的自衛権の行使容認などの安倍政権の暴走を批判し「『市民の暮らし守れ』『安倍政権の暴走政治ノー』の審判の声は、こぞって日本共産党の4候補へ」と呼びかけました。(赤旗2014年4月9日付より)

秩父市議選13日告示 増税路線ストップへ4氏必ず

埼玉県秩父市議選(定数22、4減)が13日告示、20日投票で行われます。日本共産党は、斎藤かつしげ(72)、出浦あきえ(52)、新井こういち(58)、山中すすむ(65)の現職4候補の全員当選をめざします。

140404_titibu

市議選では、国言いなりの悪政を進めるのか、国の悪政から市民を守る「防波堤」の役割を果たすのかが問われます。

共産党市議団が実施した市民アンケートでは、83.6%が「暮らしが苦しい」と回答し、消費税増税には70.9%が「反対」と答えています。

現在の市政は、4月からの消費税8%への増税に便乗して、市に納税義務のない公共施設の使用料や手数料まで値上げしました。

ほかにも、国の制度改悪に沿って、国民健康保険税や介護保険料を値上げするなど市民に負担を押し付ける議案を議会に提出。市議会の保守系会派や公明党の議員はこれに賛成してきました。

これに対し、共産党の4人の市議団は、市民の命と暮らしを守るために反対を貫いてきました。市民のねばり強い運動に取り組んで実現した、中学卒業までの子ども医療費の無料化など市民の願いの実現に全力をあげてきました。

2月の大雪では市内に大きな被害が出ました。共産党市議団はただちに被害農家などを調査し、市と県、国に復旧と支援に全力をあげるよう要望しました。被災者救援の制度や政策を示した「被災者支援情報」を一般紙に折り込み、被害農家からは「イチゴの農業用ハウスが壊れ、どうしていいかと途方に暮れていたけど、すぐに共産党が支援情報を知らせてくれて希望がわいた」などの声も寄せられています。

共産党の4候補は「市の財政は2億5000万円の黒字だ」と指摘し、18億円の財政調整基金も活用して、大雪被害の市独自支援策の拡充を主張。このほか、小中学校へのエアコン設置、周産期医療の充実、国保税・介護保険料・水道料金の負担軽減などを公約し「消費税増税路線など安倍政権の暴走にストップをかけ、市民の暮らしを守る共産党の4議席をなんとしても」と訴えています。

市議選には共産党のほかに、公明2、新社会1、無所属21の合計28人が立候補。定数4減で6人はみ出しの激戦が見込まれます。

共産党と後援会は「一票一票を争う大激戦だ」として、全党員の活動参加と全後援会員・支持者に依拠した運動で、必ず4人全員当選をと、宣伝と対話・支持拡大に全力をあげています。(赤旗2014年4月4日付より)

4/20 秩父市議選候補者

秩父市議会議員選挙
2014年4月13日告示・20日投票
定数22(4減)

斎藤かつしげ

斎藤かつしげ(72)現

1942年市内中宮地生まれ。1963年国学院大学中退後、(株)マツダオート埼玉勤務。1971年宮田木工所勤務。市議会議員2期
【活動地域】宮地、相生町、滝ノ上、日野田、野坂、上野町、熊木、本町、番場、高篠

出浦あきえ

 出浦あきえ(52)現

1961年市内蒔田生まれ。1980年埼玉県立皆野高校卒業。元くわの実保育園父母の会会長。市議会議員4期
【活動地域】中村、宮側、道生、桜木、金室、永田、柳田、阿保、大畑、尾田蒔、太田

ホームページ / Facebook

新井こういち

新井こういち(58)現

1955年旧吉田町生まれ。1976年金沢工大中退後、(株)学研埼玉支社勤務。1978年以後家業で同代理店。旧吉田町議1期、市議会議員3期
【活動地域】吉田、荒川、黒谷、大野原

ブログ

山中すすむ

山中すすむ(65)現

1949年旧大滝村生まれ。1968年埼玉県立秩父農工高校卒業。1985年民宿「中津屋」を経営。旧大滝村議3期、2009年市議補選で当選、市議会議員2期
【活動地域】大滝、影森、別所、久那、浦山、上町、中町、近戸

秩父市議選特設ページ/日本共産党北部地区委員会

雪対策奮闘4氏必ず 来月の秩父市議選決起

決意表明する右から、斎藤かつしげ、出浦あきえ、新井こういち、山中すすむの各氏=2014年3月9日、秩父市

決意表明する右から、斎藤かつしげ、出浦あきえ、新井こういち、山中すすむの各氏=2014年3月9日、秩父市

埼玉県秩父市の日本共産党と後援会は9日、4月13日告示(20日投票)の市議選(定数22、4減)での現職4氏の勝利をめざす決起集会を同市内で開きました。

党北部地区委員会の柴岡祐真委員長が第26回党大会について報告。討論のなかで、暴走する安倍政権とそれに対決する日本共産党との「自共対決」が浮き彫りになり、暴走を「何とかしたい」と思っている人に働きかけ、たたかいと一体に入党者を迎えてきた経験が交流されたと述べました。市議選では、2月の大雪被害を受けて、どの党・議員が市民のためにがんばっているかが問われているとして、「『党大会決定3文献』の読了の徹底、党員・しんぶん赤旗の拡大で党を大きくし、市議選に勝利しよう」と呼びかけました。

斎藤かつしげ(71)、出浦あきえ(52)、新井こういち(58)、山中すすむ(65)の4候補が決意表明し、大雪被害の現地調査や聞き取り、省庁交渉など対策に力を入れてきたことを強調。除雪車の整備なども求めながら、引き続き4人で力を合わせて対策を進めるとともに、「安倍政権の暴走にストップをかけ、市民が安心して暮らせる秩父市にするために、何としても4人全員当選を」と訴えました。(2014年3月14日付より)

雪害「長い支援必要」 塩川議員に農家切々 埼玉・秩父

日本共産党の塩川鉄也衆院議員が4日、大雪被害対策として国や地方自治体が打ち出し始めた支援策について、被災農家の受け止めや要望を聞くために埼玉県秩父市を訪れました。斎藤かつしげ、出浦あきえ、新井こういち、山中すすむの各市議と出浦正夫小鹿野町議が同行しました。

埼玉県秩父市の下吉田地区で被災農家から話を聞く塩川議員(左から3人目)=2014年3月4日

埼玉県秩父市の下吉田地区で被災農家から話を聞く塩川議員(左から3人目)=2014年3月4日

荒川日野地区で、秩父市農業委員会の新井潤一会長、秩父観光いちご組合の町田裕組合長らと懇談しました。

新井会長は「秩父の農業が途切れてしまうのではと心配している」と述べ、後継者がやる気を持てる対策を講じてほしいと訴えました。町田組合長は、倒壊した農業用ハウスの再建に資材不足などから1年半待たされる場合もあるとして「1年間だけでなく2~3年は支援が必要です」と話しました。

訪ねた農家からハウスの自力撤去に補助が出るのかとの質問が出ました。塩川議員は、紙智子参院議員の質問に農水省が「労賃相当分の補助が可能」と答弁したことを紹介。農家は「はっきり支援されるとわかれば継続の意欲も出てくる」と述べました。

下吉田地区では、イチゴやキュウリ、シイタケ、養豚などの農家から話を聞き、ここでも「長期の支援が必要」「はっきりした情報がほしい」と要望されました。

塩川議員は、国がハウス撤去や再建費用の補助を増やし、農家負担を小さくしようと動いていることを語り「みなさんの声が国を動かしています」と激励。農業を続けられるよう国や県にさらに働きかけていくと述べました。

市役所では市の担当者と農業被害や除雪、雪崩対策、商工業の被害補償などについて意見を交換しました。(赤旗2014年3月5日付より)