【草加市】憲法違反の戦争法案 世論の力で廃案だ/各地で行動 広がる「戦争ノー」の声

「戦争させない」と宣伝する市民=2015年6月9日、草加市

「戦争させない」と宣伝する市民=2015年6月9日、草加市

“友人から集めたい”
埼玉・草加 署名用紙持ち帰る

「戦争法案」を廃案に追い込もうと、埼玉県草加市の「九条の会・草加」「獨協学園九条の会」「草加革新懇」「憲法改悪阻止草加共同センター」の4団体は9日、東武線草加駅前で宣伝行動に取り組みました。日本共産党や民主党の市議も演説し、党派を超えた取り組みになりました。

駅東西口をいっぱいにする80人が参加し、横断幕やプラカードなどを持ち、法案反対署名やシール投票を呼びかけました。

参加者が次々にマイクを握り、「アメリカの起こす戦争に参戦しようとするのが集団的自衛権です」「憲法9条を守ろう」と訴えました。共産党の平野厚子市議は「法案を止めるのは世論の力。一緒に声をあげましょう」と呼びかけました。

1時間の宣伝で183人分の署名が集まり、シール投票は法案に「反対」が80票、「賛成」が4票でした。

「友人の分も集めたい」と数枚の署名用紙を受け取った会社員の女性(42)=越谷市=は「集団的自衛権は怖いですよね。憲法学者も違憲だと言っていて『やっぱり』と思いました。どうしたらいいのかと思っていたところに通りかかり、一般市民の私もできることをしようと署名しました」と話しました。

4団体は7月にも宣伝を計画しています。

(しんぶん赤旗2015年6月11日付より)

【草加市】くらしと憲法を守る 今村県議候補訴え

今村のり子県議候補埼玉県議選南1区(草加市、定数3、立候補7人)で日本共産党の今村のり子候補=新=は、12年ぶりの党議席奪還をめざして連日、市内各所で「命とくらし、憲法を守り抜くことを約束します。私を県議会へ押し上げてください」と呼びかけています。

9日は早朝の草加駅前や団地前、住宅街などを遊説。「戦争立法」の具体化や消費税増税など暴走を続ける安倍自公政権を厳しく批判し、「若者を戦場に送らせない、消費税増税をやめさせる取り組みの先頭に立って頑張ります」と決意表明しました。

県政問題では、県が八ツ場ダムなどの公共事業に固執する一方、重度心身障害者の医療費助成カットなどをしてきたと指摘。「無駄な公共事業をストップし、特養ホームや認可保育所の増設など市民の生活環境を改善する県政に転換します」と訴えました。

今村候補に住民が駆け寄り「あと少しですね」と握手する場面も。

自宅から出て演説を聞いていた女性(67)は「共産党は、自民党よりもずっと頑張っている」と今村氏に期待を寄せました。(赤旗2015年4月10日付より)

【草加市】県立高校統廃合だめ 今村県議候補ら

埼玉県議選南1区(草加市・定数3)で、日本共産党の今村のり子候補(68)=新=は28日、東武線・草加駅前で伊藤岳参院埼玉選挙区候補と街頭演説し、国の悪政にストップをかけ、県立草加高校定時制の存続など県民・市民要求の実現に全力をあげると訴えました。

今村候補は、県が重度障害者医療費助成の年齢制限や県立高校の統廃合など冷たい政治を行っていると批判。「ブラック企業」規制条例や公契約条例制定などの公約を語り、「『暮らしと命、平和を守れ』の声を日本共産党の私に寄せてください」と訴えました。

伊藤氏は、安倍内閣の「戦争する国づくり」などの暴走政治をストップさせるために「いっせい地方選挙で審判を下そう」と強調しました。

同選挙区は、今村候補と自民・自民系の新人3人、公明、民主の現職各1人、元市長の無所属1人の計7人による多数激戦の様相です。(赤旗2015年3月31日付より)

【草加市】田中市長再選

2期目に向けて意気込みを語る田中氏=2014年10月26日、草加市

2期目に向けて意気込みを語る田中氏=2014年10月26日、草加市

埼玉県草加市長選(26日投開票)で再選した田中和明氏(65)=無所属現、日本共産党支持、自民・公明・民主・社民推薦=は「住み続けたいと思えるまちづくりを進める」と抱負を語りました。

市長選は、暴力団との癒着などが批判され、前回敗れた木下博信氏(49)=諸派・元=と田中氏との再度の一騎打ちになりましたが、約1万8000票の大差をつけて田中氏が勝利しました。

当選後、田中氏は「市民に意見をいただきながら事業を一つずつ進めてきた。4年前(の木下市政)に戻してはならないと選挙をたたかった」と語りました。2期目に向けて「子育て世代や高齢者が、いつまでも住み続けたいと思えるまちにしていく」と述べ、教育環境の整備や健康づくり施策の推進、防災対策などに力を入れると語りました。

共産党の平野厚子市議団長は「前市政の復活を許さないという一点共闘が実現した市長選でした。田中市長の勝利は市民の良識の勝利」と話しました。(赤旗2014年10月28日付より)

草加市議選 5人全員当選

5人全員当選を喜ぶ(前列左から)佐藤、後藤、平野、藤家、斉藤の各氏=2014年10月27日、草加市

5人全員当選を喜ぶ(前列左から)佐藤、後藤、平野、藤家、斉藤の各氏=2014年10月27日、草加市

26日投開票の埼玉県草加市議選(定数28=2減、立候補34人)で、日本共産党は平野厚子(54)、斉藤雄二(36)、佐藤憲和(29)=以上現=、後藤香絵(36)、藤家諒(27)=以上新=の5氏が全員当選して現有議席を確保しました。

当選が確実になったのは日付を越えてから。事務所に集まった5氏と支援者が激戦を勝ち抜いた喜びを分かち合いました。

選挙戦で共産党は、「生活が苦しい」という市民の声に応え、暮らしを守る党市議団の役割を訴えました。公約に国民健康保険税の引き下げや認可保育所の増設、奨学金制度創設などを掲げました。

5氏の得票合計は1万2738票(得票率15.29%)で、前回の得票を維持しました。

公明党は得票を増やして現有6議席を確保。民主党は前回当選3人でしたが任期中に2人離党し、1議席に後退しました。市長選で落選した木下博信元市長が市議選に擁立した新人も落選しました。(赤旗2014年10月28日付より)

10/26 草加市議選結果

草加市議会議員選挙 選挙結果
2014年10月19日告示・26日投票
定数28 立候補35人

平野あつ子

平野あつ子(54)現

2,991票 3位
斉藤ゆうじ

 斉藤ゆうじ(36)現

2,206票 26位
佐藤のりかず

佐藤のりかず(29)現

2,670票 12位
後藤かえ

後藤かえ(36)新

2,613票 14位
藤家あきら

藤家あきら(27)新

2,258票 24位

総投票数 85,690  投票率 44.07%
得票率 15.29% 議席占有率 17.85%

草加市長選あす投票 田中市長候補再選へ全力

田中かずあき市長候補

田中かずあき市長候補

現・元の一騎打ちとなった埼玉県草加市長選は26日投票です。日本共産党は、田中かずあき候補(65)=無所属現、自民・公明・民主・社民推薦=を支持し、再選に向け全力をあげています。

田中氏が掲げるのは「フェアで市民のためのまごころ市政」です。前市長による、暴力団との癒着や市民への負担増という「ブラック市政」の復活を阻止するため、再び、党派を超えた市民の支援を呼びかけています。

田中氏は、中学卒業までの医療費無料化や全小中学校へのエアコン設置、認可保育所の増設などの実績を語りながら、市民が安心して暮らせるまちづくりや市民と協働した地域活性化を訴えています。

木下博信候補(49)=諸派・元=の陣営は、一部の市議候補らと反共攻撃をしています。

共産党は「民主主義と相いれない攻撃をする人物に市政を渡せない」と、党市議5候補の勝利とあわせて、田中氏勝利に奮闘しています。(赤旗2014年10月25日付より)

草加市議選あす投票 党5候補全員当選必ず

平野あつ子候補

平野あつ子候補

斉藤ゆうじ候補

斉藤ゆうじ候補

佐藤のりかず候補

佐藤のりかず候補

後藤かえ候補

後藤かえ候補

藤家あきら候補

藤家あきら候補

埼玉県草加市議選(定28、2減、立候補34人)は一票を争う激戦のまま26日の投票日を迎えます。日本共産党の平野あつ子(54、斉藤ゆうじ(36)、佐藤のりかず(29)=以上現=、後藤かえ(36)、藤家あきら(27)=以上新=の5候補は、全員当選・現有議席確保で市民が主人公の市政の流れをさらに前進させようと全力をあげています。

共産党は、「生活が苦しい」という市民の切実な声に寄り添い、暮らしや地域の要求に応えて活動する党市議団の役割を強調しています。

田中かずあき市長の市政の下、共産党市議団が市民の運動と力を合わせて実現した、中学卒業までの医療費無料化などの実績を語り、国民健康保険税の引き下げなどの公約を訴えています。

有力な候補者がひしめき、地域・組織の締め付けも強まる中、誰が落ちてもおかしくない選挙情勢です。共産党と後援会は「あらゆるつながりを生かして、最後まで支持を訴え抜き、激戦を勝ち抜こう」と対話・支持拡大に奮闘しています。(赤旗2014年10月25日付より)

草加市議選告示で党5候補 冷たい市政に戻さぬ

平野あつ子候補

平野あつ子候補

斉藤ゆうじ候補

斉藤ゆうじ候補

佐藤のりかず候補

佐藤のりかず候補

後藤かえ候補

後藤かえ候補

藤家あきら候補

藤家あきら候補

埼玉県草加市議選が19日告示(26日投票)され、定数28(2減)に日本共産党5、公明党6、民主党1、諸派1、無所属21の34人が立候補し、6人がはみ出す多数激戦となりました。

共産党は、紙智子参院議員と塩川鉄也衆院議員の応援を受けて、平野あつ子(54)、斉藤ゆうじ(36)、佐藤のりかず(29)=以上現=、後藤かえ(36)、藤家あきら(27)=以上新=の5候補が第一声をあげました。

5氏は「ブラック」で市民に冷たい前市政への逆戻りを許さず、田中市政の「フェアで思いやりのある市政」を前進させると語り、そのために5人全員当選が必要だと強調しました。国民健康保険税の引き下げや認可保育所の増設、奨学金制度創設などを訴えました。

紙、塩川両氏は、共産党の勝利で市民の願いを前に進めるとともに、安倍政権の暴走政治にノーの審判を下し、退陣に追い込もうと訴えました。(赤旗2014年10月21日付より)