レッド・パージは国民を弾圧 埼玉連絡会が総会/若者に体験伝えよう

レッド・パージ反対埼玉連絡会は11月28日、川越市内で第4回総会と講演会を開きました。

日本共産党員であることを理由に1950年前後に職場を解雇された、県内在住の被害者の体験を伝えるパンフレット『聞いてください! 私のレッド・パージ体験』の普及や被害者の名誉回復と国家賠償を求める国会への請願署名、埼玉弁護士会への人権救済申し立てなどの活動を引き続き強めていく方針を確認しました。

高木太郎弁護士が講演。非正規労働者の増大など今日の働く現場の実態を報告し、労働者が声をあげられない状況がレッド・パージの時代と共通していると語りました。レッド・パージで共産党員らが国民から引き離された一方で、被害者たちが民主的な組織をつくりあげてきたと指摘し「多数派を形成し、歴史の教訓として二度と繰り返さないために、若い世代に事実を伝えよう」と呼びかけました。

参加者から、「レッド・パージは共産党員だけへの弾圧ではなく、国民への弾圧だ。人権侵害に反対するたたかいと運動を広げていきたい」などの発言がありました。

共産党の伊藤岳参院埼玉選挙区候補が司会を務め、治安維持法犠牲者国家賠償要求同盟県本部の矢島恒夫会長、荻原初男共産党県委員長があいさつしました。

(しんぶん赤旗2015年12月4日付より)

「ピンチをチャンスに」 党埼玉県委 本田宏医師と懇談

本田氏(右端)と懇談する(左から)伊藤、荻原、村岡の各氏=2015年10月29日、さいたま市

本田氏(右端)と懇談する(左から)伊藤、荻原、村岡の各氏=2015年10月29日、さいたま市

日本共産党埼玉県委員会は29日、「戦争法廃止の国民連合政府」の党の提案をめぐって、NPO法人医療制度研究会副理事長の本田宏医師(元済生会栗橋病院院長補佐)と懇談しました。本田氏は「提案」について「もちろん大賛成です。(戦争法をめぐる闘争は)最大のピンチだけど最大のチャンスです」と語りました。

共産党から荻原初男県委員長、村岡正嗣県議、伊藤岳参院埼玉選挙区候補が出席しました。

本田氏は「提案」実現には各党合意など難しさがあることを指摘しつつ「(国民連合政府を)やるしかないという世論をつくるしかない」「立憲主義が破壊されたという危機をどう国民に説明するか工夫が必要だ」と話しました。

「ピンチの状況でも明るく乗り越えていこう」と話す本田氏に、伊藤氏らは「ご一緒に力を合わせましょう」と応じ、握手を交わしました。

(しんぶん赤旗2015年10月30日付より)

【さいたま市】女性レッドアクションが学習・懇談/「国民連合政府」学ぶ 党県委員長が報告

国民連合政府の実現へ意見を出し合う参加者=2015年10月20日、さいたま市

国民連合政府の実現へ意見を出し合う参加者=2015年10月20日、さいたま市

埼玉県の女性団体や個人でつくる「戦争ゆるさない女性のレッドアクション実行委員会」は20日、日本共産党が提案した戦争法廃止の国民連合政府について学ぼうと、さいたま市内で学習会と懇談会を開きました。

共産党県委員会の荻原初男委員長が報告し、戦争法案ストップに県内でいち早く立ち上がったレッドアクションに敬意を表し、国民連合政府の提案は「戦争法を廃止に」という国民の願いに応え、立憲主義と民主主義を取り戻すためのものだと語りました。

参加者からは「タイムリー」「柔軟で思い切った提案」「本当に実現できるのかという思いはある」などさまざまな感想が出されましたが「野党共闘は安倍政権を倒すための希望です」「世論を高めて各党がぶれない状況をつくりたい」など提案を積極的に受け止める発言が相次ぎました。

また、「誰も戦争をしたいと思っていない。保守の人にも働きかけを」「共産党に対する間違ったイメージを取り除かないと」「戦争法がもたらした『非常事態』の中身をもっと学ぶべきだ」などの問題意識を交流し、国民連合政府の実現をめざして取り組みを進めることで一致しました。

(しんぶん赤旗2015年10月22日付より)

「国民連合政府」実現へ 共産党 各団体と懇談/ママの会@埼玉

伊藤参院選挙区候補ら

日本共産党埼玉県委員会は6日、さいたま市内で「安保関連法に反対するママの会@埼玉」の母親らと、共産党が提案した「戦争法廃止の国民連合政府」の実現について懇談しました。共産党から荻原初男県委員長、伊藤岳参院埼玉選挙区候補、前原かづえ県議らが参加しました。

 

「ママの会」のメンバーと懇談する(右2人目から)伊藤、荻原、前原の各氏ら=2015年10月6日、さいたま市

「ママの会」のメンバーと懇談する(右2人目から)伊藤、荻原、前原の各氏ら=2015年10月6日、さいたま市

荻原委員長が提案について詳しく説明すると、「ママの会」メンバーから質問や意見が相次ぎ、「これを読んだとき、『ようやくこういうのが出たか』と号泣した」「沖縄の選挙で勝ったイメージを、ぜひ埼玉でも再現したい」などの感想が出されました。

伊藤候補は「今回の提案にあたり、戦争法廃止のたたかいは国民的な大義のあるたたかいであり、団結していかなければならないと、私も学ばされた。かつてない広がりを見せた運動をさらに広げていくために、来年の参院選で頑張りたい」と決意を語りました。

「ママの会」の佐藤真由果さん(40)は「政治を自分の暮らしのこととして考えられていない人が多い。選挙で自公政権を退陣させ、連合政府を実現するために、まちの人たちとの『つなぎ役』としての役割が、私たちにはあると思います」と応じました。

(しんぶん赤旗2015年10月8日付より)

戦争法に怒り集めよう/党県委「オール埼玉実行委」に要請

日本共産党埼玉県委員会は9月30日、戦争法廃止のための「国民連合政府」の実現について、「集団的自衛権を行使容認した閣議決定撤回を求めるオール埼玉総行動実行委員会」に申し入れました。

共産党から荻原初男委員長、梅村さえこ衆院議員、伊藤岳参院埼玉選挙区候補が出席し、「オール埼玉」の小出重義実行委員長(元埼玉弁護士会会長)らと懇談しました。

「オール埼玉」実行委員会は「集団的自衛権行使容認の閣議決定撤回」の一点で政治信条・党派の違いを超えて幅広い団体と個人が結集。5月31日に1万400人、9月4日に1万5000人の集会を成功させています。

梅村議員は、国会での野党共闘や、国会前に集まった若者らの「野党がバラバラじゃだめだ」の声に押されて「国民連合政府」の提案を行ったと報告。「戦争法と、立憲主義の破壊への怒りを集中させることが必要です」と語りました。

小出実行委員長は「『閣議決定撤回』で一点共闘する私たちがやりたいことは、まさにこれ(国民連合政府)です。国民の中には共産党に対する誤解などもあり、理解してもらう努力も必要です。そういった面で協力したい」と述べました。

(しんぶん赤旗2015年10月2日付より)

国民連合政府に賛意/党埼玉県委 県労連訪れ懇談

伊藤議長(左端)、宍戸事務局長(その隣)と懇談する、(右から)おくだ、荻原、伊藤の各氏=2015年9月25日、さいたま市

伊藤議長(左端)、宍戸事務局長(その隣)と懇談する、(右から)おくだ、荻原、伊藤の各氏=2015年9月25日、さいたま市

日本共産党埼玉県委員会は、戦争法廃止へ共産党が提案した「国民連合政府」の実現に向けて、県内各団体を訪問し申し入れを行っています。25日は荻原初男委員長と伊藤岳参院埼玉選挙区候補、おくだ智子参院比例候補が県労働組合連合会(埼労連)を訪れ、伊藤稔議長、宍戸出事務局長と懇談しました。

荻原委員長は、戦争法案ストップの運動が国民のなかから自発的に起こり、法案強行後も続いていることや、野党が結束してたたかったことなど、運動の特徴をあげ、戦争法廃止の国民の運動、願いに応えるために「国民連合政府」を提案したと語りました。

伊藤議長は、戦争法ストップのたたかいを通じて、国民が主権者として立ち上がるようになり、国民の運動が野党の結束をつくり出していると述べました。「国民連合政府」の提案に賛意を表明し「迷っている民主党などの野党に、共産党の呼びかけに応えるよう働きかけることなどを考えたい」と語りました。宍戸事務局長は、「オール埼玉」など県内の戦争法廃止の運動に労組として取り組んでいくと話しました。

(しんぶん赤旗2015年9月26日付より)

自共対決へベストチーム 埼玉15小選挙区候補を発表

総選挙勝利へ意気込みを語る(左から)荻原、塩川、梅村の各氏と小選挙区候補=2014年11月19日、埼玉県庁記者クラブ

総選挙勝利へ意気込みを語る(左から)荻原、塩川、梅村の各氏と小選挙区候補=2014年11月19日、埼玉県庁記者クラブ

埼玉県内15小選挙区すべてに候補者を擁立した日本共産党県委員会は県庁内で記者会見。

荻原初男県委員長は「安倍内閣と国民との矛盾が深まり、国民と共産党の運動が追い詰めた結果の解散です。総選挙の様相は自共対決。候補者はそれにふさわしいベストチームです」と語りました。

塩川鉄也、梅村さえこ両衆院比例北関東ブロック候補も同席し、塩川氏は、消費税増税の中止や格差を拡大した「アベノミクス」の撤回、「戦争する国づくり」のストップ、原発ゼロの社会実現などを訴えていくと述べ、「北関東では比例で2議席以上を確保し、小選挙区でも議席に挑戦するたたかいをしたい」と語りました。

梅村氏は、北関東ブロックは安倍内閣の「政治とカネ」問題の発祥地だと述べ「政党助成金を廃止し、『政治とカネ』問題に決着をつける」と語りました。(赤旗2014年11月20日付より)

 

日本共産党 衆院選埼玉小選挙区候補

日本共産党埼玉県委員会は19日、次期衆院選の小選挙区候補15人を発表しました。

■埼玉1区
松村としお(40)=新=
党県委員、党さいたま地区常任委員

■埼玉2区
おくだ智子(45)=新=
党南部地区委員、元鳩ヶ谷市議4期、埼玉県議1期

■埼玉3区
宮川まさゆき(39)=新=
党東部南地区常任委員、元越谷市議1期

■埼玉4区
桜井はる子(58)=新=
党県委員、党西部東地区常任委員、元志木市議4期

■埼玉5区
山本ゆう子(62)=新=
党5区くらし・教育相談室長

■埼玉6区
戸口佐一(64)=新=
党中部地区常任委員

■埼玉7区
長沼ちね(64)=新=
党県委員、党西部地区委員長

■埼玉8区
辻もとみ(43)=新=
党県委員、党西南地区委員長

■埼玉9区
広森すみ子(66)=新=
党西南地区委員、党狭山市委員長、狭山市議8期

■埼玉10区
石井ゆういち(63)=新=
党西部地区委員、党東松山市委員長

■埼玉11区
柴岡ゆうま(30)=新=
党准中央委員、党県委員、党北部地区委員長

■埼玉12区
鈴木ちか子(59)=新=
党県委員、党東部北地区副委員長、元北川辺町議5期

■埼玉13区
秋山文和(67)=新=
党東部北地区常任委員、党春日部市委員長、元春日部市議8期

■埼玉14区
苗村みつお(58)=新=
党県委員

■埼玉15区
田村つとむ(66)=新=
党県委員

 

※8区辻候補の漢字は、しんにょうの点1つが正しい表記です。

暮らし守る予算に 共産党が埼玉県に要望

上田知事(右側中央)に要望する県議・県議候補ら=2014年10月24日、埼玉県庁

上田知事(右側中央)に要望する県議・県議候補ら=2014年10月24日、埼玉県庁

日本共産党埼玉県委員会と県議団は24日、2015年度の県予算編成に対して要望しました。

上田清司知事に、暮らし、福祉、教育、防災、地域経済など211項目の要求・提言をしました。荻原初男県委員長と柳下礼子、村岡正嗣、奥田智子の各県議、青柳伸二、石島陽子、新藤孝子の各県議候補が出席しました。

荻原委員長は、県の世論調査でも生活が苦しくなったとの回答が増え、一人親家庭や子どもなどの貧困が広がっていると指摘し、「県民の暮らしを守る思い切った施策を実施してほしい」と求めました。

柳下県議は、重度心身障害児の入所施設が不足しているために1300人を超える待機者がいる実態を示し、「国へも働きかけて施設を増設するよう」求めました。

奥田県議は、大雪被災農家への補助金支給が遅れている問題で、迅速に対応するよう要求。上田知事は「より深刻な人から優先して対応していきたい」と述べました。

村岡県議は、東京湾につながる新芝川沿いの船置き場「芝川アリーナ」の有効活用を提案しました。(赤旗2014年10月25日付より)

共同広げ選挙勝利へ/埼玉全県の議員会議開く

講演する大門参院議員(左端)=2014年8月20日、熊谷市

講演する大門参院議員(左端)=2014年8月20日、熊谷市

日本共産党埼玉県委員会は20日、熊谷市内で全県地方議員会議を開き、来春のいっせい地方選と国政選挙勝利に向けた方針を意思統一しました。県・市町議員と候補者、県・地区委員会役員が参加しました。

大門実紀史参院議員が、安倍政権の経済政策「アベノミクス」について講演。実体経済の伴わない株価つり上げ政策が、経済破たん、格差拡大を招くと批判し、「アベノミクスそのものが安倍政権の命取りになる」と指摘しました。

荻原初男県委員長が、政治情勢の特徴などを報告。9月議会に向けて、消費税10%増税阻止や集団的自衛権行使容認の閣議決定の撤回など議会内外で共同を広げ、国への意見書提出などに結びつく取り組みを提起しました。今月の活動として、いっせい地方選に向けてのたたかいと党建設で飛躍しようと呼びかけました。

候補者を代表して青柳しんじ県議候補(さいたま市見沼区)が決意表明し、「躍進月間」の取り組みを中断させず、山下芳生書記局長を迎えた31日の演説会を成功させると述べました。

分科会が開かれ、党中央選対局の近藤護氏が、選挙の政策づくりやビラの作成などについて講義しました。ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)の実践講座もありました。(赤旗2014年8月22日付より)

いっせい地方選勝利を 埼玉県共産党後援会が総会

埼玉県日本共産党後援会は24日、さいたま市内で2014年度総会を開きました。来年のいっせい地方選勝利に向け、後援会を確立・強化する方針を確認しました。

荻原初男党県委員長は、集団的自衛権行使容認などの安倍政権の暴走に対抗する国民の共同が広がっていること、「自共対決」の政治状況が強まっていることを強調。情勢を切り開く、強く大きな共産党にするため「躍進月間」に取り組んでいることを紹介し、「力を合わせて頑張りましょう」と訴えました。

酒井隆三事務局長が、「躍進月間」の提起に応え、後援会としても奮闘することを呼びかけ、得票目標に見合った会員の拡大や活動の日常化などの方針を提案しました。

討論では、要求署名を持って対話し、会員を増やしていることや、気軽に党を知ってもらう工夫をしていることなど、各地の取り組みが紹介されました。

奥田智子県議が来賓あいさつ。川野幸徳会長(再任)ら新役員が新任されました。(赤旗2014年5月31日付より)