前年度決算を全会一致承認/埼玉・蕨市議会が閉会

埼玉県蕨(わらび)市議会定例会が30日閉会しました。今議会では、頼高英雄市長が提出した条例案、補正予算案、2014年度決算認定など19議案が可決・承認・同意され、このうち決算認定の9議案は全会一致で承認されました。

蕨市では14年度、市民の暮らしが圧迫される中、市として就学援助の要件緩和や、国民健康保険税を引き続き低い水準に抑えるなど、暮らしを守るための施策を行ってきました。

補正予算には、子育て世代の定住促進施策の「三世代ふれあい家族住宅取得支援事業」の事業費が盛り込まれています。同事業は、親世帯と同居・近居するために住宅を建て替え・取得した子世帯に助成するもので、10月1日から施行されます。

(しんぶん赤旗2015年10月1日付より)

【蕨市】市政発展決意新た 市議会で頼高市長あいさつ

埼玉県蕨(わらび)市議会定例会が17日開会し、無投票で3選を果たした頼高英雄市長が就任あいさつをしました。

頼高市長は、市長選の結果について、2期8年間、市民とともに進めてきた「あったか市政」が評価された表れと述べ、「引き続き市民との直接の対話・ふれあいを原点にしつつ、蕨のさらなる発展に向けて全力を尽くす」と表明しました。

3期目に進める「安全・安心」「にぎわいのあるまち」「みんなにあたたかくすみやすいまち」の三つのビジョンに基づき、公共施設の耐震化などの防災対策や教育環境の整備、子育て・介護支援などを進めていくと語りました。

市政報告では、3期目のマニフェストに掲げた認可保育園の増設について、秋に1園開設し、来年4月にも2園開設する予定で、これにより2007年の市長就任から認可保育園が5園から12園に、定員が600人から1108人に増えると述べました。

市議会には、条例案1件、補正予算案1件、人事案3件など7議案を提出しました。補正予算には認可保育園の整備費などが盛り込まれています。

(しんぶん赤旗2015年6月18日付より)

【蕨市】頼高市政支える4氏 全員当選果たす

当選を喜ぶ(右から)梶原、宮下、山脇、鈴木の4氏。左端は梅村さえこ衆院議員=2015年5月31日、蕨市

当選を喜ぶ(右から)梶原、宮下、山脇、鈴木の4氏。左端は梅村さえこ衆院議員=2015年5月31日、蕨市

埼玉県蕨市(わらび)市議選(定数18、立候補20人)で5月31日、日本共産党は、山脇紀子(42)、鈴木智(49)、梶原秀明(52)=以上現=、宮下奈美(39)=新=の4氏が全員当選しました。

共産党は、同時選挙の市長選で無投票3選した頼高(よりたか)英雄市長が進める、暮らし応援の「あったか市政」を支える党市議団の役割を強調。また、安倍自公政権の「戦争法案」に「蕨からノーの声をあげよう」と訴え、4議席を確保しました。

4氏は低く抑えてきた国民健康保険税を守っていくことや認可保育園の増設、コミュニティーバス「ぷらっとわらび」の逆回りコースの実現などの公約実現に全力をあげるとしています。

公明党は現状維持の3選。民主党は現職が落選し2から1議席になり、自民系無所属が1議席増やしました。

(しんぶん赤旗2015年6月2日付より)

5/31 蕨市議選結果

蕨市議会議員選挙 選挙結果
2015年5月42日告示・31日投票
定数18 立候補20人

やまわき紀子 やまわき紀子(42)現 999票 17位
鈴木さとし 鈴木さとし(49)現 1,234票 9位
かじわら秀明 かじわら秀明(52)現 1,097票 15位
みやした奈美 みやした奈美(39)新 1,215票 10位

投票総数 25,335  投票率 44.45%

得票総数 4,545票  議席占有率 22.22%

願い届ける4氏必ず 蕨市議選あす投票

やまわき紀子候補

やまわき紀子候補

鈴木さとし候補

鈴木さとし候補

かじわら秀明

かじわら秀明

みやした奈美

みやした奈美

埼玉県蕨(わらび)市議選(定数18、立候補20人)は31日に投票日を迎えます。日本共産党は、やまわき紀子(42)、鈴木さとし(49)、かじわら秀明(52)、みやした奈美(39)の4候補の全員当選を何としてもと、宣伝、対話・支持拡大に全力をあげています。

市議選と同時に告示された市長選で、頼高英雄市長が無投票3選を果たしたことに、どこでも喜びの声が返ってきており、「頼高市長の『あったか市政』を支え、前進させるのが共産党4人の市議団です」と語っています。

小中学校へのエアコン設置や国民健康保険税を低い水準で据え置くなどの実績を伝えるとともに、コミュニティーバス「ぷらっとわらび」の逆まわり運行実現などの公約を語って、「市民の願いを届ける仕事を、引き続き共産党の4人の市議団にさせてください」と訴えています。

4候補は「蕨から『戦争する国づくり』ストップの声をあげましょう」と強調。「『戦争法案』反対、平和の願いを共産党に託してください」と訴えています。市民からは、候補者カーや事務所に法案反対の署名が届けられています。

選挙戦はいずれも有力候補による少数激戦。自民系陣営は議席増を狙い、国会議員や県議が新人候補をてこ入れして地域を締め付けるなど、1票を争う大接戦になっています。

(しんぶん赤旗2015年5月30日付より)

埼玉・蕨市議選 日本共産党4候補の第一声

24日告示(31日投票)された埼玉県蕨(わらび)市議選(定数18)での、日本共産党4候補の第一声を紹介します。

 

100歳になっても安心の街

やまわき紀子候補(42)=現=

150524_03市議団が行った市民アンケートには「毎年下がり続ける年金。これでは老後が心配」など切実な声が寄せられています。安倍政権の悪政から市民の命と暮らしを守ります。

介護・i医療・福祉の各施策の連携で、100歳になっても安心して住み続けられるまちづくりを進めます。頼高市長の「あったか市政」に市民のみなさんの願いを届けて、ぷらっとわらび(コミュニティーバス)に「逆コース」をつくるなどルート改善をします。

 

地域の業者応援の施策を

鈴木さとし候補(49)=現=

150524_04市民の切実な声をまっすぐ市政に届け、実現することで「あったか市政」を充実させ、さらに前に進めてきました。

議会で取り上げた1人暮らしの高齢者や障害を持つ方の見守り活動の充実などが実現しました。これまでの提案を発展させ、誰もが安心して暮らせる地域でのネットワークづくりに取り組みます。認可保育園や学童保育の増設、地域の事業者を応援し、元気にする施策を実現します。

 

国保税の据え置きを維持

かじわら秀明候補(52)=現=

150524_051000件を超える生活相談を受けてきました。市民からの暮らしの切実な声が寄せられています。国民の困難の原因は自民党政治です。「暮らしを壊す安倍暴走政治ストップ」の声を託してください。

蕨市国民健康保険運営協議会委員として、国保税の値上げをしないよう求めてきました。その結果、国保税を県内で最も低い水準に据え置いています。頼高市政と力を合わせて、今の国保税を維持するために頑張ります。

 

母として戦争法案に反対

みやした奈美候補(39)=新=

150524_06志村茂議員の後継者として立候補を決意しました。

子育てや父親の介護を通して感じているのが、毎日の暮らしと政治は深く関わりがあるということです。母親として「戦争法案反対!」と強く言いたい。

頼高市長は教育環境の整備や、子ども医療費無料化拡大など、暮らしを守るために奮闘しています。頼高市政とともに、個性を尊重した、いじめのない学校づくりや学童保育の充実など、笑顔あふれる蕨にします。

 

(しんぶん赤旗2015年5月26日付より)

【蕨市】みんなの居場所がある蕨へ力尽くす/頼高市長3期目へ決意

当選が決まり市民と喜び合う頼高市長=2015年5月24日、蕨市

当選が決まり市民と喜び合う頼高市長=2015年5月24日、蕨市

24日告示の埼玉県蕨(わらび)市長選で、無投票で3選を果たした頼高(よりたか)英雄市長は同日、支援者を前に決意表明しました。

選挙結果について頼高市長は「『あったか市政』を実現していこうと、市民のみなさんに『オール蕨』の形で支えていただき、さらに市政をもっと前に進めてほしいという願いが無投票という形につながったのではないでしょうか」と述べ、「そういう点で結果をうれしく思うと同時に、市長の重責を引き続き担うことに大変緊張しています」と気を引き締めていました。

介護や子育て、防災対策など地方自治体の果たす役割がますます重要になっていると語り、「歴史があり、同時に都市部に近く利便性もある日本一コンパクトな蕨において、住みやすく、市民の心が通い、みんなで蕨をつくっていき、みんなの居場所がある、そういう全国に誇れるまちづくりに力を尽くす決意です」と語りました。

(しんぶん赤旗2015年5月26日付より)

埼玉・蕨市議選告示 やまわき・鈴木・かじわら・みやした4候補

埼玉県蕨(わらび)市議選(定数18、立候補20人)が24日告示され、日本共産党の、やまわき紀子(42)、鈴木さとし(49)、かじわら秀明(52)=以上現=、みやした奈美(39)=新=の4氏が立候補。塩川鉄也、梅村さえこ両衆院議員の応援を受けて第一声をあげました。

4候補は「『戦争法案』反対の声を日本共産党に託してください」と力説。また、よりたか英雄市長が進める、暮らし応援の「あったか市政」を支える共産党市議団の役割を強調し、低く抑えてきた国民健康保険税を守っていくことなどを訴えました。

(しんぶん赤旗2015年5月25日付より)

【蕨市】頼高市長が3選 無投票「あったか市政」に支持

当選を喜ぶ、よりたか氏(左から2人目)=2015年5月24日、埼玉県蕨市

当選を喜ぶ、よりたか氏(左から2人目)=2015年5月24日、埼玉県蕨市

24日告示された埼玉県蕨(わらび)市長選は、よりたか(頼高)英雄氏(51)=無所属・現、フレッシュみんなの会推薦=が無投票で3選を果たしました。

無投票当選が決まった午後5時すぎ。事務所に集まった大勢の市民に出迎えられた、よりたか氏は、握手を交わして喜びを分かち合いました。

あいさつした、よりたか氏は、選挙結果について「市長として掲げてきた『あったか市政』を実現しようと、市民の皆さんに『オール蕨』の形で支えていただきました。さらに、今の施策をもっと前に進めてほしいという願いが、無投票での3選につながったと思います」と語りました。

介護や子育て、防災対策など地方自治体の果たす役割は大きいと述べ、「みんなが住みやすく、市民の心が通い、みんなでつくるまちづくりに力を尽くします」と語りました。

よりたか氏は、日本共産党市議(3期)を経て、2007年から市長。1期目、2期目の市長選は、いずれも自民党、公明党などが推す候補者との一騎打ちに勝利しました。

(しんぶん赤旗2015年5月25日付より)