【さいたま市】県民の願い届ける共産党大きく 池内衆院議員

青柳県議候補(右端)と(左から)とば、戸島の両市議候補の勝利を訴える池内衆院議員(右から2人目)=2015年4月10日、さいたま市見沼区

青柳県議候補(右端)と(左から)とば、戸島の両市議候補の勝利を訴える池内衆院議員(右から2人目)=2015年4月10日、さいたま市見沼区

日本共産党の池内さおり衆院議員は10日、さいたま市の大宮区と見沼区で街頭演説し、県議選南6区(見沼区、定数2、立候補3人)の青柳しんじ県議候補=新=と、市議選見沼区(定数8、立候補11人)の戸島よし子=現=、とばめぐみ=新=の両候補、同大宮区(定数5、立候補7人)の山本ゆう子候補=新=を応援しました。

池内氏は「共産党に議席を大きく伸ばすことに日本の現在と未来がかかっています」と述べ、共産党の躍進で、安倍政権が狙う「戦争する国づくり」や「企業が世界一活躍しやすい国づくり」にストップをかけ、「政治とカネ」の問題にけじめをつけさせようと力説しました。

青柳候補は「県民、市民の暮らし、平和を守るのが共産党の議席です。あと二回り、三回りと支援の輪を広げて押し上げてください」と訴えました。(赤旗2015年4月11日付より)

自・民現職と激しく競り合う/激戦区の様相

埼玉県議選 さいたま市見沼区(定数2)

青柳しんじ 67 新

青柳しんじ県議候補

青柳しんじ県議候補

埼玉県議選南6区(さいたま市見沼区、定数2)で、日本共産党の青柳しんじ候補(67)=新=は、地元紙が「議席獲得へ、あと一歩に迫っている」と報じるなど、自民、民主の2現職と激しく競り合っています。

8年前に失った同区の共産党の議席。4年前は無投票で自民、民主の「オール与党」による議席独占を許してしまいました。公明党が推薦する自民党候補は、改憲右翼団体「日本会議」のメンバーで、2.26事件を賛美する人物。高校教育への政治介入や憲法9条改悪の急先鋒(せんぽう)です。現知事が支援する民主党候補は、患者・家族を犠牲にした県立小児医療センターの移転など「弱者に冷たい政治」を、自民、公明などと後押ししてきました。

「『戦争立法』をはじめ安倍暴走政治にストップをかけ、異常な県政・県議会を変えるため、党派を超えて共産党の青柳しんじを」

青柳候補の訴えに「絶対に勝ってほしい」「夫婦で期日前投票しました」と声がかかります。

テレデータを使った対話で、「3軒に1軒は支持、半分は支持を検討」という地域も。「共産党に投票したことはないが、安倍首相はこわい」と話す人に、後援会員は「『戦争立法』ストップ、安倍暴走政治と真っ向から対決できるのが共産党です」と語り、支持を訴えています。

選対は、対話・支持拡大のテンポを一気に上げるため「党員・後援会員の総決起をつくろう」と全力をあげています。(埼玉県・川嶋猛)

(赤旗2015年4月11日付より)

国・県政の異常ただす 埼玉県議選南6区 青柳候補が訴え

「憲法と平和、暮らしを守る議席を」と訴える青柳候補=2015年4月7日、さいたま市見沼区

「憲法と平和、暮らしを守る議席を」と訴える青柳候補=2015年4月7日、さいたま市見沼区

定数2で激戦

埼玉県議選南6区(さいたま市見沼区)で、定数2を、自民、民主両党の現職と激しく争っている日本共産党の青柳しんじ候補=新=は、連日駅頭や街頭に立ち、「安倍暴走政治ストップの一票を、党派を超えて共産党の私、青柳しんじへ託してください」と訴えています。

小雨が降りしきる7日、早朝の駅立ちのあと、候補者カーに乗り込んで市街地や農村地域の路地を走り、各所でマイクを握りました。

青柳候補は、安倍政権の暴走や県政・県議会の異常をただすため、共産党が大きくなることが必要だと力説。県議会の自民党などによる高校教育への政治介入や明文改憲を迫る決議の強行など民主主義破壊の暴走政治がまかり通っていると述べ「こうした異常な政治の中心に座っているのが、見沼区の自民党県議です」と厳しく批判しました。

また、重症の子どもを治療する県立小児医療センターの移転を、知事が患者家族の不安を無視して進め、自民、民主の現職が弱者切り捨ての移転計画を後押ししていると指摘。「憲法と平和、暮らしを守れのみなさんの願いをまっすぐ届けるのが共産党の議席。さいたま市から送り出してください」と訴えました。

駅頭では、いつも他陣営と一緒の宣伝になりますが、他候補は名前の連呼。青柳候補だけが政策を語り、面識のない何人もの市民が「頑張って」と握手を求めてきます。

町なかでは演説が始まると住民が玄関の外に出て、じっと耳を傾ける場面も。演説に大きく手を振った女性(74)は「共産党は一人ひとりの声を真剣に聞いてくれる。今回は絶対に青柳さんに勝ってほしい」と話しました。(赤旗2015年4月8日付より)

埼玉変える提案権 山下氏・各候補訴えに拍手

訴える山崎あきらさいたま市議候補と青柳しんじ県議候補、さいたま市議候補ら=2015年4月5日、さいたま市

訴える山崎あきらさいたま市議候補と青柳しんじ県議候補、さいたま市議候補ら=2015年4月5日、さいたま市

「何としても8人以上の県議団と11人のさいたま市議団を」。日本共産党の山下芳生書記局長が5日、埼玉県春日部、上尾、さいたまの各市で行った街頭演説は、冷たい雨が降るなか、どこでも聴衆の熱気に包まれました。

県議選東7区(春日部市、定数3)の秋山文和候補=新=は、過去に11議席を持っていた共産党県議団が中小企業振興条例を提案し、最大会派の自民党も動き、全会一致で条例が実現したことを紹介して「8議席以上になり議案提案権を獲得すれば、県政を変える大きな力になります」と強調しました。

南6区(さいたま市見沼区、定数2)の青柳しんじ候補=新=は、見沼区の自民党現職県議が中心となり、平和教育への異常な政治的介入を行っていることを批判し「『憲法守れ』『戦争はごめんだ』の願いを、党派を超えて私に託してください」と呼びかけました。

南13区(上尾市・伊奈町、定数3)の新藤たか子候補=新=も決意表明しました。

さいたま市議選大宮区(定数5)の山本ゆう子候補=新=は39年の教師の経験を語り「私の原点は『教え子を戦争に送るな』です。『戦争立法』に反対し、平和と暮らしを守るために、全力で市議会に駆け上がります」と訴えました。

戸島よし子(見沼区)、山崎あきら(中央区)、久保みき(桜区)、もりや千津子(南区)=以上現=、とりうみ敏行(浦和区)=元=、大塚たけひで(西区)、とばめぐみ(見沼区)、松村としお(緑区)、大木学(岩槻区)=以上新=の各候補も訴えました。(赤旗2015年4月7日付より)

県民の願いとスクラム組み、実現する党を大きく/埼玉3市 山下書記局長が訴え

聴衆の声援にこたえる(左から)秋山文和県議候補と山下芳生書記局長=2015年4月5日、春日部市

聴衆の声援にこたえる(左から)秋山文和県議候補と山下芳生書記局長=2015年4月5日、春日部市

聴衆の声援にこたえる(左から)新藤たか子県議候補、山下芳生書記局長、伊藤岳参院埼玉選挙区候補、奥田智子参院比例候補=2015年4月5日、上尾市

聴衆の声援にこたえる(左から)新藤たか子県議候補、山下芳生書記局長、伊藤岳参院埼玉選挙区候補、奥田智子参院比例候補=2015年4月5日、上尾市

訴える山下芳生書記局長と青柳しんじ県議候補=2015年4月5日、さいたま市

訴える山下芳生書記局長と青柳しんじ県議候補=2015年4月5日、さいたま市

日本共産党の山下芳生書記局長は5日、埼玉県春日部市、上尾市、さいたま市の駅頭で演説し、「どんなに後ろ向きの県政であっても、県民の願いとスクラムを組んで頑張り抜き、実現するのが共産党だ」と述べ、党躍進で県政、さいたま市政を前に動かす力をさらに大きくと訴えました。

現有2議席から議案提案権を持つ8議席以上をめざす埼玉県議選。現有7議席のさいたま市議選では全行政区の11議席に挑みます。どの駅頭でも多くの聴衆から何度も声援と拍手が送られました。

「アジアへの侵略戦争に命がけで反対した筋金入りの反戦平和の党、共産党に『戦争立法』ノーの願いを」

山下氏はこう語るとともに、「『世界で企業が一番活躍しやすい国』ではなく、国民が世界で一番、安心して暮らせる日本を、その願いを共産党に託してください」と呼びかけました。

上田県政は、「住民福祉の増進」という地方自治体の本来の役割を投げ捨てる一方、治水・利水に役立たない八ツ場ダム(群馬県)建設にさらに132億円をつぎ込もうとするなど、無駄な巨大開発を推進。この逆立ちした県政に、共産党以外は何でも賛成の「オール与党」です。自民党や右派会派などは自分たちの気に入らない日本史教科書を採択した高校長8氏を文教委員会に呼んでつるし上げ。県立高校の修学旅行の平和教育も問題視し、生徒の感想文を提出させ、審議するなど異常な事態です。

「教育の内容や子どもたちの内心にまで土足で介入する。政治が絶対にやってはならないことだ」と批判した山下氏。「知事の逆立ちをたださないだけじゃない。自分たちの歴史観、教育観が逆立ちしている。こんな議員に埼玉の県政、子どもたちの未来を託すことはできない」と力説すると、「そうだ」の声と拍手がわきました。

山下氏は、共産党が県民の願いに応えて提案し、▽竜巻などの災害を受け、県独自の被災者生活再建支援制度を創設▽人口あたりの医師数が全国最低の現状打開へ、県独自の医学生奨学金創設などの医師確保対策に踏み出したことなどをあげ、8議席以上への躍進を訴えました。

埼玉県春日部、上尾、さいたまの3市で5日、山下芳生書記局長を迎えて行われた街頭演説では県議候補の秋山文和(春日部市)、新藤たか子(上尾市・伊奈町)、青柳しんじ(さいたま市見沼区)の3氏、さいたま市議候補10氏も訴えました。(赤旗2015年4月6日付より)

運動広げ、賃上げ勝ち取ろう 埼玉土建・建設埼玉が初の共同集会

「賃金・単価引き上げを」と要求を掲げ=2015年3月16日、さいたま市

「賃金・単価引き上げを」と要求を掲げる参加者=2015年3月16日、さいたま市

建設労働者の賃金・単価の引き上げと、社会保険加入を保障する法定福利費の確実な確保を要求する「埼玉集会」が16日、さいたま市の埼玉会館大ホールで開かれ、約1000人が参加しました。埼玉土建一般労働組合(斉藤顕委員長)と建設埼玉(吉田三男委員長)による初めての共同集会で、全建総連、埼労連、連合埼玉の代表も参加して、あいさつしました。

バブル崩壊から建設産業の賃金下落が続き、建設現場の若者不足、高齢化は深刻です。両労組は「力を合わせなければ事態を打開できない」と運動を共同で進めてきました。

基調報告した建設埼玉の荻野晃喜書記長は、建設業労働者が2000年から10年までに28%減少し、若者は60%以上減少している、とのべました。

平均年収が395万円と製造業より50万円も低いことや社会保険の未整備、低単価受注による労働環境の劣悪化が背景にあると指摘。標準見積書の活用や賃金・単価引き上げ要求、公契約条例制定などの運動のさらなる拡大を呼びかけました。

日本共産党や自民党、民主党などの国会議員、県議、さいたま市議らか出席。共産党の塩川鉄也、梅村さえこ両衆院議員、柳下礼子、村岡正嗣両県議、青柳しんじ県議候補らがあいさつしました。(赤旗2015年3月20日付より)

【さいたま市】青柳県議候補と市議候補11人/憲法輝く県政に 暮らし守る市政を

「県政に憲法の光を」と訴える青柳県議候補(左端)と、さいたま市議候補=2015年3月13日、さいたま市の大宮駅前

「県政に憲法の光を」と訴える青柳県議候補(左端)と、さいたま市議候補=2015年3月13日、さいたま市の大宮駅前

そろって訴え

さいたま市のJR大宮駅東口で13日、日本共産党の青柳しんじ埼玉県議候補(南6区=同市見沼区)=新=と11人のさいたま市議候補がそろって街頭演説し、「さいたま市から日本共産党の県議を」「暮らし、平和守る市議候補11人の全員当選を」と訴えました。

演説したのは、青柳県議候補と、山崎あきら、神田よしゆき、戸島よし子、もりや千津子、久保みき=以上現=、とりうみ敏行=元=、山本ゆう子、とばめぐみ、松村としお、大木学、大塚たけひで=以上新=の各市議候補。

青柳氏は「県議会は、自民党などが教育に政治介入し、憲法を敵視して明文改憲を迫る異常な状況です。私は憲法が輝く県政に変えていきます」と力説しました。

各市議候補は、下水道料金や介護保険料の引き上げなど市民に負担を強いる姿勢を批判。「値上げに何でも賛成の他の議員では、暮らしは守れません。共産党が伸びれば政治は確実に変わります。なんとしても議会に送り出してください」と訴えました。

党員が「認可保育所増やして」「国保税下げて」など要求を掲げたプラスターやのぼり旗を掲げ、ビラを配りました。通行人が候補に握手を求めて駆け寄る場面もありました。

通りかかった女性(83)は「消費税が上げられて、暮らしはますます切ない。共産党にちゃんと入れますよ」と期待を寄せました。(赤旗2015年3月16日付より)

目立つ初参加者 各地で党演説会/川口市 さいたま市 大門・梅村・塩川氏

埼玉県内では21日に川口市で大門実紀史参院議員、さいたま市西区、大宮区では梅村さえこ衆院議員を迎え、同市見沼区では22日、塩川鉄也衆院議員を迎え、演説会を開きました。

声援を受ける、大門、村岡の両氏と市議候補=2015年2月21日、川口市

声援を受ける、大門、村岡の両氏と市議候補=2015年2月21日、川口市

川口市では、県議選南2区(川口市、定数7)の村岡まさつぐ候補=現=が、現県政による重度心身障害者医療費助成制度への年齢制限導入などの社会保障切り捨てや、自民党などによる教育現場への政治的介入を批判。県内の竜巻被害や大雪被害で各地を視察して現場の声を聞き、県独自の被災者安心支援制度や大雪で被害を受けた農家への国と県の補助が実現したと強調し、「いっせい地方選は安倍政権の暴走政治に審判を下す選挙です。生きることを支える政治の実現へ、先頭に立って頑張りぬきます」と訴えました。

市議候補の板橋ひろみ、松本さちえ、今井はつえ、矢野ゆき子、金子ゆきひろ=以上現=、井上薫、平川みちや=以上新=の7氏が決意表明。平川氏は会社員時代に派遣労働者などの過酷な働き方を見てきた経験を語り、「若い人を使い捨てにする社会は許さない」と述べ、井上氏は「憲法9条を守り、平和と豊かな暮らしをつくるために何としても勝利します」と訴えました。

産婦人科医師の芳賀厚子さんが「誰もが安心して暮らし、子どもたちが格差を感じることなく成長できる社会にしてほしい」と共産党への期待を寄せました。

 

声援をうける(左から)青柳、塩川、戸島、とばの各氏=2015年2月22日、さいたま市見沼区

声援をうける(左から)青柳、塩川、戸島、とばの各氏=2015年2月22日、さいたま市見沼区

声援に応える山本市議候補(左)と梅村衆院議員(右)=2015年2月21日、さいたま市大宮区

声援に応える山本市議候補(左)と梅村衆院議員(右)=2015年2月21日、さいたま市大宮区

さいたま市では、県議選南6区(見沼区、定数2)の青柳しんじ県議候補と、大塚たけひで=西区・新=、山本ゆう子=大宮区・新=、戸島よし子=見沼区・現=、とばめぐみ=同・新=の4市議候補が訴えました。(赤旗2015年2月24日付より)

埼玉県議選 2人区勝利へ奮闘

埼玉県政は上田清司知事の「オール与党」で、くらし・福祉を切り捨て、「戦争する国づくり」を押し付ける教育介入をしています。県政を変えるために、4月の県議選で議案提案権を持つ8人以上の共産党県議団を実現しようと、定数2の選挙区でも果敢に候補者を擁立し奮闘しています。


 

おかざき郁子県議候補=2015年1月11日、さいたま市

おかざき郁子県議候補=2015年1月11日、さいたま市

戸田市

市民の願いに応えようと現職市議が決意

 

戸田市区(定数2)では、4歳の子を持つ母親で市議の、おかざき郁子さん(44)が挑戦します。

「いま、戸田市には、税金徴収の功績をたたえた上田知事からの表彰状が掲げられています。戸田市は年間1千件もの差し押さえをおこない強硬な徴税をしています。県はそれを止めるどころか、もっとやれをあおっています。その一方で県議の海外派遣には2400万円も無駄遣い。県政はもっと住民の暮らしに目を向けるべきです」と話します。

おかざきさんは市議5期18年目で、任期を2年残しての立候補です。戸田市区では革新の県議の議席は36年間得られず、これまでも同市の党は県議選に挑戦してきましたが議席には届きませんでした。そのため“貴重な議席を失ってまで挑戦する意義はあるのか”という声もありました。「市でいっせいに行われている公共料金値上げに反対する運動を広げる上でも、市民に日本共産党の姿を示さなくては。県議選に挑戦して総選挙で寄せられた期待にこたえよう」と話し合いました。これを受けて、おかざきさんは「みなさんに市議として育てていただいた。今度は自分が体を張ってたたかうときがきたと思う」と決意しました。

戸田市区の現職県議は保守系無所属と自民党が占めています。今回、自民党が現職県議が引退を表明し、内部で候補者争いがおき、同党の陣営は分裂する見通しです。

「ある意味でチャンスです。戸田は若い、子育て中の世代が多い街です。同じ子育て世代であることを訴えながら、これまでつながりの薄かった無党派や保守の方々にもとびこんで支持を広げたい」と、おかざき候補は連日、朝晩、戸田市内の三つの駅頭に立って、市民に県議選への挑戦を報告し、支援を訴えています。

 


 

街頭で訴える青柳しんじ県議候補

街頭で訴える青柳しんじ県議候補

さいたま市見沼区

命と暮らし、憲法守る議席何としても

 

さいたま市見沼区では、定数2の県議選には青柳しんじ(67)=新=を、定数8の市議選には戸島よし子(64)=現=、とばめぐみ(55)=新=の両氏を立て、「県議奪還と市議の複数獲得」をめざしています。

県議会では、自民党を中心に、改憲を主張し、過去の侵略戦争を美化・肯定する勢力が多数を握っています。改憲右翼団体・日本会議の地方議員連盟に名を連ねる県議が議会のおよそ半数を占め、教育内容や教科書選定への介入、明文改憲や日本軍「慰安婦」問題での「新談話」を求める意見書の可決強行など“やりたい放題”。見沼区選出の自民党県議はその急先鋒に立っています。

「今年は戦後70年。戦争か平和かの大きな曲がり角にきています。二度と日本を戦争する国にしないために憲法9条を守り抜きます」。連日、街頭でマイクを握る青柳さんは、命と暮らし、憲法を守る議員を何としても県議会に送り出してほしいと訴えています。

県立小児医療センター(同市岩槻区)の、さいたま新都心(同市中央区)への移転計画も県政の大問題です。青柳さんは宣伝やビラで「新都心の大型開発の失敗の穴埋めに知事の思いつきで進められた計画です。患者と家族の願いは現地存続です」と訴えています。患者の家族が「私の思いと同じことを言ってくれている。頑張ってほしい」と電話をかけてくるなど共感が広がっています。

さいたま市政も、国の悪政そのままに大型開発を推進し、下水道料金の大幅値上げなど市民に負担増を強いています。暮らしを守る共産党市議団の役割は大きくなっています。

県議選は自民、民主の現職に共産が挑む三つどもえの様相で、市議選は共産、自民、公明、民主、無所属の各党派があらそい、2人程度がはみ出す見込みの激戦です。

党と後援会は激戦を勝ち抜くために、街頭、駅頭での宣伝や対話・支持拡大を連日行い、約7000人まで増やしてきた後援会員を1万人に伸ばして選挙をたたかおうと奮闘しています。(赤旗2015年1月26日付より)