党県委員会と県議団が上田知事に予算要望

日本共産党埼玉県議会議員団は10月23日に「2018年度埼玉県の施策並びに予算編成に対する重点要望・提案」を提出し、上田清司知事と懇談しました。

日本共産党埼玉県委員会から荻原初男県委員長、党県議団から柳下礼子団長、村岡正嗣県議、秋山文和県議、金子正江県議、前原かづえ県議が出席し、上田知事はじめ、奥野立・飯島寛副知事が応対しました。

要望では、第一の柱として「北朝鮮の核実験・ミサイル問題の危機打開、核兵器禁止の実現、戦争のできる国づくりをストップさせるために」、第二の柱として「国民健康保険の共同運営開始にあたっての特別要望」をはじめとして、389件を要望・提案しました。

懇談の場では、党側から憲法を守り、生かす県政の実現を求めました。とくに、国民健康保険制度の共同運営にあたって、財政の責任主体として国保税の引き上げをせず、引き下げるよう市町村を指導することなどを強く強調しました。

一方、知事は、国保はナショナルミニマムであり、国が本来やるべき。過渡的に都道府県運営となっているが、国が財政負担を増やすようしっかり対応したいなどと述べました。

志位委員長が越谷で訴え 塩川・梅村両候補を応援

志位委員長(中央)と塩川候補(左)、梅村候補(左)=20日、埼玉・南越谷駅前

千葉、埼玉両県、東京都の街頭演説で南関東比例の、さいとう和子、北関東比例の塩川鉄也、梅村さえこ、東京比例の笠井亮各候補らも「国民の願いを国会に届け実現するため絶対に負けられない」と気迫を込め、市民弁士も「比例は共産党」と応援。どこでも次々に通行人が足を止め、駅前などをぎっしり埋めた聴衆の盛大な拍手と歓声が飛び交う熱気となりました。

志位氏は、全国遊説を通じて、(1)市民と野党の共闘―三つの野党+市民連合が力を発揮し、本気の共闘に発展しているところでは自民党を追い詰めている(2)「比例代表は共産」の声が、これまでにない広い方々から起こっている―の二つを実感していると強調。他党や著名人も「多くの候補者を降ろしてまで共闘のために尽力してくれた。だから比例は共産党」の声を寄せていると紹介しました。

最終盤にあたり、志位氏は、日本共産党への一票が、(1)安倍政権の暴走政治への一番の痛打(2)「ブレない党」への一票であり、政治を変える一番確かな力(3)市民と野党の共闘を前に進める一番確かな一票―になると力説しました。

「憲法ないがしろ、民意踏みつけ、国政私物化―5年間の安倍自公政権の暴走を一つひとつ思い出し、審判を下そう」と訴えた志位氏。他党も共産党の「政治の監視役」「調査能力」「理詰めの追及」に注目していると紹介し、その力を安保法制=戦争法や「森友・加計」の問題で発揮してきたと語りました。

消費税10%大増税ストップの声を共産党にと呼びかけ、「共産党は庶民増税反対で絶対にぶれない党です。それは、消費税に頼らない財源政策をもっているからです」とズバリ。大企業・富裕層への優遇税制をただせば消費税2%増税分の財源が確保できるとして、「こういう対案を示せるのは、日本共産党が、財界中心から国民中心へ、政治を大本から変える志をもつ党だからです。共産党を伸ばすことが、暮らしを守る一番確かな力になります」と訴えました。

安倍9条改憲についても、「憲法改悪反対で絶対にぶれない党が共産党です」と志位氏。現行憲法を生かし新しい日本をつくろうと掲げる「党綱領の裏付け」、過去の侵略戦争に命がけで反対した唯一の政党としての「歴史の裏付け」を示し、支持を呼びかけました。

最後に志位氏は、民進党の「希望の党」への合流という逆流のもとでも、「断固として共闘の道を貫いたのが日本共産党です」と力説。前回選挙で8から21議席へ躍進したことで、議案提案権を得てブラック企業規制法案を提出し、政府が調査・是正に乗り出すなど、現実政治を動かしてきたと紹介しました。

「日本共産党の躍進が、共闘を発展させ日本の政治を良くする一番確かな道です。どうか21議席を絶対に確保させてください。比例で共産党を広げに広げ、さらに上積みをさせてください」と熱く訴え、盛大な拍手と歓声が湧き起こりました。

(「しんぶん赤旗」10月20日付けより)