豪雨被災者支援早く 氾濫原因の究明と対策 埼玉県に党県議団 

写真1

柳瀬川沿いの倒壊寸前の家屋=24日、埼玉県所沢市

写真2

申し入れを行う柳下礼子県議団長ら=24日、埼玉県庁内

台風9号による豪雨対策について、日本共産党埼玉県議団は24日、県に今後の対策についてきんきゅうに申し入れました。

柳下礼子県議団長は、23日に現地調査を行ったことを報告。所沢市内の柳瀬川沿いには、倒壊寸前の家屋があり、11世帯の住民が長期避難を余儀なくされる見通しであることや、同市内の東川は2011年度に地下河川が完成しているにもかかわらず、氾濫したことから「ごみなどによって地下への排水ができなかったのではないか」など、市民から疑問の声があがっていることなどを紹介しました。

村岡正嗣県議は、「河川の被害が頻発する地点はだいたい決まっている。今後も豪雨はありうる」として、危険個所の重点対策を求めました。

申し入れ書では、このような被災者への支援を急速に進めるために○被害状況をすみやかに把握し、被災自治体と連携して被災者支援に万全の措置をとる○災害救助法の適用申請を積極的に検討し、国の被災者生活再建支援制度と県の市町村安心支援制度の活用を早急に進める○治水対策を進めてきた河川の氾濫について、原因究明と対策を早急に明らかにする――ことなどを求めています。

対応した木崎秀夫危機管理防災副部長は、県庁内各部署で申し入れの内容を共有すると述べました。

(「しんぶん赤旗」2016年8月26日付より)

被災者目線で支援早く 入間で塩川・梅村両氏 大雨被害を調査

水害調査

写真)地元住民から被害状況を聞く(右から)梅村、(2人おいて)柳下、塩川の各氏=23日、埼玉県入間市

日本共産党の塩川鉄也、梅村さえこ両衆院議員は23日、台風9号による大雨被害を受けて、埼玉県入間市で現地調査を行いました。柳下礼子県議、入間市議団が同行しました。

塩川氏らは、大雨により氾濫した市内を流れる霞川と不老川の周辺を視察。霞川は駐車場の地面が削り取られ、不老川は周辺の道路が冠水するなどの被害が出ました。

不老川の近くに住み、自宅が浸水被害を受けた男性(68)は「川からあふれてきた水がどんどん流れてきて、腰ぐらいの高さまできた。植木も全部だめになった。今頑張って片付けているが、とても大変だ」と話しました。

調査を終えた塩川氏は「これだけの被害が出ているのだから、これまでの防災対策を検証していくとともに、被災者のみなさんの要望を受け止めて支援策に取り組みたい」と述べました。

調査後、柳下氏と入間市議団は、飯能市の県土整備事務所を訪れ、担当者から被害状況や対策を聞きました。担当者は、土のう袋の用意など市とも連携しながら対応していると話しました。

富士見市長選 瀬戸口候補健闘 得票25%

7月31日投開票された埼玉県富士見市長選で、「富士見明るい市政をつくる会」が擁立した元市議の瀬戸口幸子氏(64)=無所属・新、日本共産党推薦=は、7960票(得票率24.98%)を獲得し、健闘しましたが及びませんでした。

当選した元県議の星野光弘氏(58)=無所属・新、自民党推薦=は、大型開発や企業誘致推進を強調。それに対し瀬戸口氏は「市民の暮らし最優先」の市政への転換を掲げ、学校給食費の半額補助や国民健康保険税引き下げなどの政策を訴えました。

結果を受けて瀬戸口氏は「年配の方や赤ちゃんを連れた若い母親などから多くの期待が寄せられた。公約が実現するよう引き続き頑張りたい」と話しました。

富士見市議補欠選 小峰氏は21%

  7月31日投開票された埼玉県富士見市議補選(定数2、立候補3人)で、日本共産党の小峰孝志氏(68)=新=は、6595票(得票率21.25%)を獲得しましたが及びませんでした。

小峰氏は国民健康保険税や介護保険料引き下げなどの公約実現に引き続き奮闘するとしています。

(2016年8月2日「しんぶん赤旗」より)

富士見市長選 せとぐち候補勝利へ全力 24日公示

IMG_2972せとぐち24日告示、31日投票で行われる埼玉県富士見市長選で、日本共産党も加わる「富士見明るい会は元市議は、せとぐち幸子(64)=無所属、新=の勝利に全力をあげています。
市長選挙は、せとぐち氏と、現市政の継承を掲げる自民党元県議の星野光弘氏(58)=無所属、新=との一騎打ちになる見込みです。
せとぐち氏は「あなたの声が富士見市を変える。『困っている』を見逃せないまちに」と訴え、大規模開発優先から、市民の切実な要望に応える市政への転換を掲げています。
現市政は、年金の給付減や消費税増税などで苦しむ市民に寄り添わず、逆に徴税を強化するなど冷たい対応だと批判し、「国の悪政から市民を守り、福祉の充実に最優先に取り組むと」と強調。24億7000万円ある財政調整基金の活用や大型商業施設への適切な課税などで財源を生み出し、国民健康保険税の1人1万円引き下げと多子世帯さらなる軽減、学校給食費の半額補助、18歳までの医療費無料化
などを実現すると訴えています。
(2016年7月20日付「しんぶん赤旗」より)

参院選 改選3から6議席に前進 伊藤岳候補は大善戦

7月10日投開票の参議院選挙で日本共産党は、比例代表で5議席(改選3)を獲得し、選挙区では東京選挙区で議席を獲得しました。埼玉選挙区(改選数3)で伊藤岳候補は、486,778票(15.81%)を獲得し、前回比で133,184票の大幅増をかちとったものの、議席には及びませんでした。

参議院では非改選8議席と合わせて14議席になり、政治を動かす力が大きくなり、選挙中にかかげた公約実現に全力をあげます。

日本共産党は、今回の参議院選挙を、民意に背く「安倍暴走政治」の全体にノーの審判、チェンジの意思を示す選挙として……独裁と戦争への逆流か、立憲・民主・平和の新しい政治か、日本の命運をかけた選挙としてたたかいました。

日本共産党は、野党共闘の勝利と日本共産党の躍進で「政治を変える」選挙として、たたかいました。選挙戦は「自公+補完勢力対、4野党+市民・国民」の対決構図と、野党共闘の威力がますます鮮明になり、市民・国民が自らの選挙として立ち上がる、史上かつてない選挙戦となりました。とくに、全国の32の1人区のすべてで野党統一候補を実現したことが、多くの有権者の期待をあつめました。

野党4党は、「安保法制廃止、立憲主義を取り戻す」という、国民的大義のもとに結束しています。同時に、野党4党は、国民生活と民主主義にかかわるさまざまな分野での「共通政策」を豊かに発展させています。

「自民党改憲案」=安倍改憲を許さず、安保法制=戦争法廃止にむけて、共闘の輪をさらにひろげるために全力を尽くします。

2016年7月          日本共産党埼玉県委員会