小池書記局長が、おくだ・伊藤両候補を応援 越谷

IMG_2204

越谷で小池書記局長が、おくだ・伊藤候補を応援 右から、おくだ比例候補、小池歔欷協調、伊藤選挙区候補

「戦争する国にさせない」おくだ・伊藤両氏が訴え

埼玉県越谷市で23日、日本共産党の小池晃書記局長を迎えて行われた街頭演説は、始まるとJR南越谷駅のロータリーに人の輪がふくらみ、熱気に包まれました。訴えに車内から拍手を送るタクシー運転手や、ビルの中で耳を傾ける人の姿がありました。

小池氏は、「埼玉で比例70万票を獲得して『ベスト9』の1人として、おくだ智子候補を必ず国会に送り、選挙区では伊藤岳候補を勝たせてください」と訴えました。

小池氏に「市議・県議14年。今度は国政で大活躍してもらおう」と紹介された、おくだ候補は「戦争反対を貫いて94年の共産党を大きく伸ばすことが、憲法を守る一番の力になります。憲法破壊の安倍政権にはお引き取りいただきましょう」と呼びかけました。

「『原発さよならデモ』などで県内をくまなく回り、市民と思いを一つに運動の先頭に立ってきた」と紹介された伊藤候補は、祖母の「戦争だけはダメ」という言葉が政治家としての原点だと強調。「戦争する国にはさせません。安倍政権はもう、この選挙で変えましょう」と訴えました。

マイクを握った、草加市の「ママの会」の笹本美香さんは「安倍政権を倒すために共産党・伊藤岳さんに投票を」と呼びかけました。

改選数3の埼玉選挙区は現在、自公が2議席を占めています。自民党は、地方議員が「比例は自民党、選挙区は公明党候補へ」と言って有権者を訪問し、公明党は公示前日に菅義偉官房長官、公示日に山口奈津男代表が埼玉入りするなど、自公一体の激しい選挙戦となっています。

(2016年6月24日付「しんぶん赤旗」より)

おくだ・伊藤両氏の第一声inさいたま

IMG_2083修正

(右から)おくだ比例候補、塩川衆院議員、伊藤選挙区候補=22日、浦和駅東口

学生・ママ応援演説
おくだ・伊藤両氏訴え

おくだ智子参院比例候補と伊藤岳参院埼玉選挙区候補は(6月22日)、さいたま市のJR浦和駅東口で、塩川鉄也衆院議員の応援を受けて第一声をあげました。駅前は聴衆で埋まり、開始後もさらに輪が広がっていきました。

おくだ氏は「戦争する国づくりを許すのか、憲法をしっかり守る政治をつくるのか問われる選挙です」と述べ、戦争法廃止に全力をあげると表明。貧困と格差をなくすために、税金の使い方のチェンジなどの政策を語りました。

伊藤氏は、低賃金のもとで高い奨学金の返済に苦しむ若者の声を紹介し、アベノミクスの失敗を認めず、戦争法を強行した安倍政権は「もう限界です。今度の選挙で変えましょう」と強調。「市民とともに進める新しい政治の道を切り開きましょう」と訴えると、聴衆は歓声とともに大きな拍手を送りました。

戦争法に反対する学生・高校生グループ「VIP埼玉」の山森要さんと安保関連法に反対するママの会@埼玉の高松久美子さん、医師の本田宏さんが応援演説。山森さんは「どの問題でも個人の尊厳を守り、国民の声を政治に届けてくれるのが共産党です」と語ります。

塩川氏は「参院選で安倍暴走政治の全体にきっぱりとした審判を下し、市民の力、野党共闘の力で政治が変わることを示しましょう」と話しました。
(2016年6月23日付「しんぶん赤旗」より)

駆ける 埼玉選挙区 伊藤岳

駆ける 埼玉選挙区 伊藤岳

若者が共感「頼れる人」

若者が希望の持てる社会をとくろうと、「ブラックな働き方を変える4つの改革提言」を発表し、人間らしく働けるルールづくりを訴えています。

実態調査行う

その一環として大学の高学費と奨学金の返済問題に取り組み、街頭でアンケートを実施するなど実態調査を行っています。

共産党と民青同盟が開いた「学費・奨学金問題」のシンポジウムで、若者が訴えました。「大学時代から毎日アルバイト。就職してからも手取り月14万円の中から2万円の奨学金の返済。お金や将来のことは考えないようにしてきました」

発言を受けて、伊藤岳さんが語ります。「若者が社会に出ると同時に何百万円もの借金を負わせられたら、世の中を良くしようという意欲はわいてきません。学生が置かれた深刻な実態を打開するために、学費の半減と給付制奨学金の創設へ全力をあげます」

地域の演説会やつどいでも政策を縦横に語っています。参加した私立大学の岡本陽介さん(18)は「伊藤さんの話はユーモアにあふれ、高齢者や子育て世代、学生の立場に立つ、頼れる人だと思いました。議員になって僕たちの主張を代弁してほしい」。

自民党、公明党、民進党の3現職に伊藤さんが挑む選挙戦。勝利のためには、比例でも選挙区でも前回の1.8倍の60万票以上を獲得することが必要です(*)。

空前の規模で

伊藤さんを応援する勝手蓮「G9サポ」が結成されたり、地域の医師会の有志に講演会の弁士として招かれたり、これまでにない変化が生まれています。共産党は、市民との新たなつながりも生かして、空前の規模での宣伝・組織戦に挑戦しています。その先頭にたつ伊藤候補。力を込めて訴えます。

「日本共産党は安倍政権に代わる政権構想、『国民連合政府』の構想を持っています。命と暮らしを守る対案があります。負けられないたたかいです。比例での躍進とともに、選挙区で何としても勝ち抜く決意です」

(2016年5月17日付「しんぶん赤旗」より)

*その後、日本共産党埼玉県委員会は、得票目標を比例、選挙区ともに「70万票以上」に改めました。