●9月3日投開票 八潮市議選 日本共産党3議席

9月3日投開票された八潮市議会議員選挙(定数21)で日本共産党の候補者の得票結果は次の通りです。
郡司 伶子(73) 現 1115票(11位) 当選
鹿野 泰司(65) 現 1048票(13位) 当選
池谷  正(67) 新 1030票(14位) 当選
高波 幸雄(63) 現  665票(22位) 次点

●埼玉県議南5(大宮)区補欠選挙 竹腰連候補 11%獲得

埼玉県議南5(大宮)区補欠選挙(定数1)は27日、投開票されました。選挙結果は次の通りです。

竹腰 連候補(25) 共新 2511票

藤井健志候補(41) 諸新 8571票 当選

西山晃一候補(30) 民新 6816票

石川康仁候補(38) 諸新 4739票

●八潮市議選8月27日告示、9月3日投票 共産党4氏勝利へ全力

ぐんじ伶子(れいこ)

  • 北海道・芦別市生まれ、道立芦別高校卒業●三井観光㈱、富士ホーロー㈱勤務●殺処分ゼロをめざすNPO法人「ねこの家」役員●党市議団長、市議6期、福祉環境常任委員

 

かの泰司(やすじ)

  • 八潮市生まれ。潮止小・八潮中・川口工高(電気科)卒業、日大理工学部Ⅱ部中退●通産省工業技術院公害資源研究所勤務●市子育連大瀬小支部長・潮止中PTA会長歴任●市議6期、総務文教常任委員

 

高波ゆきお(たかなみ)

  • 新潟県松之山(現・十日町市)生まれ●東洋大学Ⅱ部文学部卒●医療介護現場で働く●YSK(八潮市精神障害者家族会)会長、埼玉県精神障害者家族会連合会理事●介護福祉士●市議1期、福祉環境常任委員

 

いけや正(ただし)

いけや和代議員からバトンタッチ

  • 1950年(昭和25年)、静岡県生まれ●岩手大学教育学部卒●都立障害児学校(現・特別支援学校)で教員として38年間勤務●家族:妻(和代)と娘

●南5区(大宮区)県議補欠選挙に竹腰連氏を擁立

8月18日告示、同27日投票の南5区(大宮区)の県議補欠選挙(定数1)に、日本共産党は、竹腰連(たけこしれん)氏を擁立してたたかいます。

1991年生まれ。埼玉育ち。杏林大学卒業。学生時代は野球とマジックに打ちこむ。民青同盟埼玉県委員会勤務。県内の青年運動をけん引。「子どもの権利条約に関する国連会議」「核兵器禁止条約に関する国連会議」に市民代表として参加。青年の要求実現と国際的な視野から県政を希望に変えることに挑戦します。

議会改革提案

  1. 政務活動費20%カットとWEBでの領収書公開の義務
  2. 費用弁償は実費に。実現するまで受け取らず返還します

「暮らし、福祉、教育優先の県政へ」

  1. 国民健康保険税の大幅値上げストップ
  2. 認可保育所の大幅増設で待機児童をゼロに、保育の質確保
  3. 県独自の給付制奨学金の創設
  4. ブラック企業、ブラックバイトの規制

 

「核兵器禁止条約に参加する政府」の実現を

大宮区から安倍政権NO!の審判を

●三郷市議選 4氏全員当選 暮らし優先に期待・共感

23日投開票された埼玉県三郷市議選(定数24、立候補31人)で、日本共産党は、稲葉春男(69)、工藤智加子(55)=以上現=、佐藤智仁(37)、深川智加(35)=以上新=の4氏が全員当選し、改選時比1増で、前回獲得した4議席を確保しました。

4氏の合計得票は6440票で、投票率が前回から大幅に下がるなか、得票率を0・86ポイント前進させました。

共産党は、同市上口の陸上競技場への大型ビジョン設置計画など、開発優先の税金の使い方を「市民の暮らし優先に転換する」と強調し、国民健康保険税の引き下げや学校給食費の無料化などの実現を訴えてたたかいました。市民からは「大型ビジョンをつくるお金があるなら、学校給食費を無料にしてほしい」などの声が寄せられ、共産党の政策に期待と共感が広がりました。

選挙結果を受けて4氏は、「掲げた公約実現に全力をあげます」と述べました。

 

【開票結果】

深川 智加(35)新 2009票 4位 当選

工藤智加子(55)現 1880票 10位 当選

佐藤 智仁(37)新 1386票 16位 当選

稲葉 春男(69)現 1165票 21位 当選

(「しんぶん赤旗」7月25日付より)