●飯能市議選23日投票 金子・山田・新井・滝沢候補がいのちと暮らし守る議席確保へ全力

埼玉県飯能市議選(定数19、立候補26人)は23日、1票を争う大激戦のまま投票日を迎えます。日本共産党は、金子としえ(61)、山田とし子(69)、新井たくみ(61)、滝沢おさむ(61)の現職4候補の全員当選へ、全力をあげています。

共産党が取り組む、学校給食費の無償化を求める署名には多くの子育て世代が署名。「子どもが4人もいるから(無料になったら)とても助かる」などの反応があり、市民のくらしを支える共産党の政策に期待と共感が寄せられています。

一方で、現有3議席をめざす公明党は、「共産党は、『子ども医療費無料化の年齢拡大をやった』と言っているが、本当にやったのは公明党」などと主張。しかし、大久保勝市長が中学卒業までの医療費無料化について、「2014年から実施したい」と表明していたのに対し、「医療療費の負担を考えなくなり、モラルハザード(倫理崩壊)が起きる」などと反対し、実施を1年遅らせたのが自民系、公明の議員です。

共産党は、市民とともに中学卒業までの医対療費無料化を求める署名を約9000人分集めるなど、実現の先頭にたってきました。

党と後援会は「打って出れば支持は広がる。担い手を広げて全有権者規模での対話・支持拡大を」と呼びかけています。

(「しんぶん赤旗」4月22日付より)

●飯能市議選23日投票 金子・山田・新井・滝沢の4候補が全力 税金は市民のために

16日告示(23日投票)された埼玉県飯能市議選(定数19、立候補26人)に立候補した、日本共産党の金子としえ(61)、山田とし子(69)、新井たくみ(61)、滝沢おさむ(61)の現職4候補は告示第一声で、「市民のくらし・いのちを守る市政の実現へ頑張ります」と訴えました。

4候補は、自民系や公明の議員が中学卒業までの医療費無料化に「財政が破綻する」などと反対し、実施を1年遅らせたことを批判。財政調整基金には18億円の貯金があることを指摘し、国民健康保険税・介護保険料の引き下げ、保育所の待機児童ゼロ、学校給食費の無料化、デマンドバス・循環ワゴンなど市民の足の確保を実現すると述べ、「市民の税金を市民のくらし・福祉のために使う仕事を、共産党にやらせてください」と呼びかけました。

塩川鉄也衆院議員、伊藤岳参院埼玉選挙区候補、柳下礼子県議が応援に駆けつけました。塩川氏は「共産党は、安倍暴走政治にストップをかけ、新しい政治の流れを起こす要。共産党の4人全員の当選で、安倍政治ノーの審判を」と呼びかけました。

市議選は、共産4、公明3、民進1、維新1、無所属17の計26人が立候補し、7人はみ出しの多数激戦です。

(「しんぶん赤旗」4月18日付より)

●長時間労働解消ともに 共産党埼玉県委員会が県内労組に申し入れ

埼労連で懇談する荻原健委員長(左2人目)=13日、さいたま市

日本共産党埼玉県委員会は13日、「長時間労働を解消し、過労死を根絶するために」の緊急提案を持ち、県内の労働組合に協力・共同の申し入れを行いました。

荻原初男委員長や大野辰男書記長らが埼労連、連合埼玉、金労協の県本部や加盟労組の事務所13カ所を訪問。対応した役員に、過労死ラインを超える長時聞労働の合法化を許さず、特例なしに週15時間・月45時間・年360時間を残業時間の上限に法定化することや、勤務間のインターバル規制を導入するなど「緊急提案」の内容を紹介しました。

懇談では「こういう提言を出して、労働組台運動を後押ししていただいていることはありがたい」「インターバル規制の導入は、とても大事な問題」「職場の三六協定では残業時間の上限は月50時間。政府案(月100時間)は長時間労働を合法化するもの」「政府の実行計画は、『働き方改革』などと言えるものではない。長時間労働の解消は私たちも一緒の考えです。お互いに頑張りましょう」などと対話が弾み、共謀罪や教育勅語、森友問題などでも意見を交わしました。

(「しんぶん赤旗」4月18日付より)

●前島ひでお氏が事務所開き 5月7日告示 さいたま市長選

市長選勝利へ決意を語る前島ひでお候補=14日、さいたま市

さいたま市長選(5月7日告示、21日投票)に立候補表明している「みんなのさいたま市をつくる会」の前島ひでお氏(64)=新、日本共産党推薦=の事務所開きが14日、JR浦和駅西口近くの事務所で行われ、約200人が参加しました。

決意表明した前島氏は清水勇人市長の市政について「二つの民主主義の危機がある」とし指摘。①ビッグイベントや駅周辺開発に税金をつぎ込む一方で、保育や教育、市民生活の基盤整備は遅れている②安保法制=戦争法を強行した安倍暴走政治に物を言わない―と批判しました。

前島氏は「民主主義、市民の危機を乗り越え、市政を刷新して、あったかい、市民のための市政を実現します」と力を込めて訴えました。

市民団体や労働組合の代表が前島氏を激励し、共産党の荻原初男県委員長は「暮らし、福祉最優先を掲げる前島さんの勝利は市民に希望を与え、安倍暴走政治ストップの流れを進めます。政治は変えられるという希望を前島さんの勝利で全国に発信しよう」と訴えました。

(「しんぶん赤旗」4月18日付より)

●桶川市議補選 星野氏及ばず

埼玉県桶川市議補選(定数1、立候補3人)は16日投開票され、日本共産党の星野紀治氏(77)=新=は3位で及びませんでした。

投票率が22・35%と、2015年11月の市議選の約半分にとどとまる中、星野氏は2302票(得票率16・94%)を獲得し、共産党の15年市議選での得票(2308票)をほぼ維持しました。

開票後、星野氏は「結果は残念だが、有権者の党への期待をじかに感じることができた。引き続き党市委員長として、2人の市議とともに、学校給食費費の無料化など公約実現に頑張りたい」と話しました。

(「しんぶん赤旗」4月18日付より)