●埼玉から自公を少数派に 参院埼玉選挙区 伊藤岳氏が決意

2019年参院選埼玉選挙区(改選数3)への立候補を表明した、日本共産党の伊藤岳氏(57)=新=は10日、県庁での記者会見で、「99%の国民のための政治と、命と将来への不安のない国づくりを進めたい」と決意と語りました。

昨年の参院選で、同選挙区候補としてたたかった伊藤氏は「『オール埼玉総行動』実行委員会や『ママの会』な市民運動をしている方々の中から、ぜひ次回もという声を多くいただき、立候補を決意した」と表明。市民と野党の共闘を進めようと、県内各地で「オール埼玉総行動」実行委員会が呼びかけた地域連絡会が結成されているとして「うそと強権の政治を進める安倍政権に代わり、新しい政治の実現のために議席を勝ち取りたい。参院選でも衆院選でも、埼玉から自公を少数に追い込む」と強調しました。

同席した党県委員会の荻原初男委員長は、「森友学園」への国有地売却や南スーダンへの自衛隊派遣、「共謀罪」法案などの問題で、国民に真実を明らかにしない安倍政権の姿勢が浮き彫りになったと強調。「きたる総選挙では野党共闘の勝利と共産党の躍進を勝ち取り、参院埼玉選挙区では、必ず議席を獲得したい」と述べました。

(「しんぶん赤旗」3月15日付より)

 

●富士見市議選4氏必ず 塩川衆院議員迎え演説会

埼玉県富士見市の日本共産党は11日告示(26日投票)の市議選(定数21)勝利へ、塩川鉄也衆院議員を迎えて演説会を開きました。-

川畑かつひろ(46)、寺田りょう(44)、小川たくみ(32)=以上現=、木村くにのり(47)=新=の4候補が決意表明しました。

4候補は、市民と力をあわ昨年の台風9号で浸水被害を受けた民間認可保育園への市独自の改修費補助や災害見舞金の増額、発達障害などのある子どもたちが特別の指導を受ける通級指導教室の増設などを実現したと報告。環太平洋連携協定(TPP)調印・批准反対など、市民の願いにこたえる多くの意見書を可決させてきた共産党の4議席の値打ちを強調し「市民の声と運動が政治を動かします。4人全員の当選で、安倍暴走政治に厳しい審判を下しましよう」と訴えました。

塩川氏は、台風9号彼害の問題で、被災者のことを第一に支援策の拡充をと、市に正面から追ってきたのが共産党市議団だと指摘。「ぎたる解散・総選挙では野党共闘の勝利と共産党の躍進で安倍政権を退陣させ、市議選では市民要求実現のたに4人全員の当選を」と呼びかけました。

(「しんぶん赤旗」3月15日付より)

 

●消費税10%中止させよう 各地で重税反対統一行動

「消費税増税反対」と声をあげデモ行進する参加者。左は前島氏=13日、さいたま市大宮区

3.13重税反対全国統一行動に呼応して13日、埼玉県内各地で集会とデモ行進が行われました。

さいたま市大宮区の高鼻コミュニテイセンターで開かれた集会には、自営業者ら約120人が参加。「消費税増税反対」「中小業者に仕事をまわせ」とコールしながら、会場から大宮税務署までデモ行進し、集団申告しました。

集会であいさつした桑原利久実行委員長は、安倍政権について「大企業には減税しながら、低所得者には消費税増税や社会保障切捨てを押し付けて軍事費は増やすなど、税金の取り方と使い方がおかしい。声をあげましょう」と呼びかけました。「みんなのさいたま市をつくる会」の前島ひでお市長候補もあいさつし、現市政につい、強権的な税の徴収を行っていることや、市民の福祉よりもビッグイべントや大型開発を優先していることを批判。「市民のための巾政実現へ、先頭に立で頑張ります」と訴えました。

参加した、美容院を営む女性「消費税税が8%に上がった時は大変だったし、お客さんもだんだん減っているから10%になったら厳しい。増税はしないでほしい」と話しました。

(「しんぶん赤旗」3月14日付より)

●入間市議選 4市全員当選 暮らしと平和守る公約に支持

当選を喜ぶ(左から)佐藤、安藤、(一人おいて)吉沢、小出の4氏=入間市

12日投開票された埼玉県入間市議選(定数22、立候補27人)で、日本共産党は、安道佳子(60)、吉沢かつら(40)、小出亘(54)=以上現=、佐藤匡(57)=新=の4人全員が当選し、改選比1議席増で、前回獲得した4議席を確保しました。共産党4人の得票合計は7055票(得票率14.74%)で、前回(6392票、13.16%)を数・率ともに上回りました。

共産党は、安倍暴走政治に正面から対決し、野党共闘を前進させるためにも4人の議員団を確立することがどうしても必要だと主張。航空自衛隊入間基地拡張ストップや、国民健康保険税の引き下げ、字校紿食費半額補助など、暮らしと平和を守る公約を掲げてたたかいました。

「安倍首相だけは許せない。今度は共産党に入れる」と保守的な立場の市民からも、期待の声が寄せられるなど支持が広がりました。

公明党は増減なしの4人、民進党は1人落選、2人が当選、自民党は推薦した現職が1人落選しました。

(「しんぶん赤旗」3月14日付より)

●入間市議選 4人全員当選 得票数・率伸ばす

入間市議選の開票結果(12日投開票)

吉沢かつら(40)=現 1990票 10位
小出わたる(54)=現 1958票 11位
安道よし子(60)=現 1869票 12位
佐藤ただし(57)=新 1239票 20位

今回得票総数・得票率  7056票 14.74%
前回得票総数・得票率  6392票 13.17%