埼玉県内の小選挙区候補選挙事務所

衆議院小選挙区事務所連絡先
小選挙区事務所
住 所 電 話 FAX 個人サイト・SNS
1区 鳥羽めぐみ

 

さいたま市見沼区東新井  4-17 048-686-7069 686-7049  https://twitter.com/toba_megumi

https://www.facebook.com/megumi.toba.3

2区 平川みちや

 

川口市前川2-28-10 048-267-8411 261-3528 https://twitter.com/jcpsaitamananbu
4区 あさか秀義

 

新座市大和田4-18-45 048-478-7117 478-8207  http://www.jcp-niiza.com/asaka/
6区 戸口佐一

 

上尾市向山3-4-14 048-781-6111 781-6114 https://www.facebook.com/saichi.toguchi
7区 長沼ちね

 

川越市小仙波町3-13-4 049-226-5000

 

222-4821 https://twitter.com/tinenaganuma
8区 つじモトミ

 

所沢市上山口180-2 042-921-0703 921-0705 https://www.facebook.com/jcp.sai
9区 神田三春

 

入間市仏子774-5 04-2931-3742 2932-2840
10区 柿沼はるき

 

坂戸市千代田1-2-49 049-283-0318 283-0361
11区 柴岡ゆうま

 

大里郡寄居町桜沢      3315-2 048-581-0113 581-0408 https://twitter.com/shibaoka_yuma
12区 林ひでひろ

 

 

熊谷市瀬南34-2 048-523-2870 525-3760  https://twitter.com/hayashihide22
14区 苗村京子

 

吉川市栄町1444-5 048-972-4957 983-2631  https://www.facebook.com/kyoko.nae
15区 梅村さえこ

 

蕨市中央5-9-17 048-443-8332 444-6531  https://twitter.com/umemura_saeko

 

本日総選挙公示。12日間のたたかいはじまる

比例は「共産党」へ 第1声に400人がかけつける!

 

いよいよ、日本の命運がかかった衆院選が公示されました。
JR浦和駅西口でおこなわれた比例北関東ブロック、小選挙区1区、15区合同出陣式には400名が駆けつけました。とばめぐみ1区候補、梅村さえこ15区・比例(重複)候補、塩川鉄也比例候補が必勝の訴え。
5区での立候補をとりやめた山本ゆうこさんの訴え、今井弘行社民党15区議長、山森要さん(学生)の応援挨拶に大きな拍手がよせられました。

●9条改憲阻止へ3党挨拶 オール埼玉が地域連絡会交流会議

固く握手する荻原(左端)、枝野(中央)、武井(右から2人目)の各氏=2日、さいたま市

安保法制廃止、立憲主義回復、9条改憲阻止をめざして活動するオール埼玉総行動実行委員会は2日、さいたま市浦和区で地域連絡会交流会議を開きました。

会議には日本共産党の荻原初男埼玉県委員長、社会民主党の武井誠埼玉県連代表、立憲民主党の枝野幸男代表が参加。「安倍政権を倒し、新しい政治を実現するには市民と野党の共闘の道しかない。われわれは共闘を変わらず進めていく。共闘への門戸も広く開いている」(荻原氏)、「選挙になったら弱音は吐けない。統一候補を一人でも多く勝利させるために力を合わせよう」(武井氏)、安倍政権の暴走を止め、政権を倒すために努力することを約束する。立憲主義を守る、安保法制の違憲部分を絶対に許さないとのことは引き続きしつかり貫く」(枝野氏)とあいさつしました。

会議では各選挙区の地域連絡会の活動交流が行われました。民進党所属議員の動きに対する怒りの声や、動揺したという意見が出た一方で、「希望も持っている。明日市民連合として議員に申し入れをする」「今まで積み上げた共闘は崩さないよう、共闘態勢をつくっていく」などの決意も出ました。

各区の地域連絡会は日本共産党の神田三春(9区)、梅村さえこ(15区、比例重複)両候補と、社民党の池田まさよ候補(13区)を統一候補として決めました。

(「しんぶん赤旗」10月4日付より)

●共闘堅持 ぶれない共産党 志位委員長が浦和駅前で躍進を訴え 

志位委員長ととともに激励にこたえる社民党の池田氏、共産党の塩川氏、梅村氏らの候補者=30日、さいたま市

安倍政権を退場させる歴史的チャンスの総選挙(10日公示、22日投開票)で、市民と野党の共闘の成功、日本共産党躍進で新しい政治をつくろうと30日、志位和夫委員長を迎えた街頭演説が埼玉・浦和駅前で行われました。共産、社民両党が一本化を合意した埼玉15区の梅村さえこ(北関東比例重複)、13区の池田万佐代(社民党県連副代表)の両氏らが、共闘で安倍政権を倒そうと決意表明。志位氏が「市民と野党の共闘にこそ未来がある。〝大義の旗〟を揺るがず掲げている共産党の躍進が、市民と野党の共闘を発展させ、日本の政治をよくする一番のカになります」と訴えるとロータリー沿いにぎっしり詰め掛けた聴衆の盛大な拍手と声援で熱気に包まれました。

塩川鉄也、梅村さえこ両氏ら北関東比例、各小選挙区の候補が登壇。塩川氏は「埼玉でも共闘の大きなうねりがある。共闘を進める要の共産党の躍進を」、梅村氏は「市民とともに歩み、共闘に本気でとりくむ共産党が伸びれば政治は大きく変わる」と力を込めました。

社民党の池田氏は「戦争しない国、人間らしく働き暮らせる、その選択肢を国民に提示することが統一候補の私の仕事です」と表明しました。

弁士の青年や母親も「ブラック企業規制を実現してほしい」、「ぶれずに共闘を進める共産党は頼もしい」と期待を寄せました。

志位氏は、憲法破壊、民意踏みつけ、国政私物化という安倍暴走政治に退場の審判を下そうと訴え。さらに、北朝鮮の核・ミサイル問題と安保法制=戦争法、消費税10%大増税、憲法9条改定、核兵器禁止条約などの大争点で、日本共産党の立場を示し、政治を変える一番の力である共産党を比例で躍進させ、小選挙区でも勝利に押し上げでほしいと呼びかけました。

志位氏は、自民党政冶の補完勢力「希望の党」への合流をきめた民進党の決定を批判するとともに、共闘に一時的な逆流が持ち込まれるもとでも「勇気をもって共闘の立場で頑張る政党、議員、候補者の方々とは心をひらいて共闘をさらに発展させます」と表明。「日本共産党は、共闘の門戸を広くあけています。共闘の力で安倍政権を倒すために、みんなで力を合わせようではありませんか」と呼びかけると、聴衆は力強く「よーし」の掛け声と大きな拍手で応えました。

(「しんぶん赤旗」10月1日付より)