●オスプレイ配備中止を求めよ ブラック企業対策を 県議会で金子・前原両県議が主張

金子正江県議

前原かづえ県議

埼玉県議会予算特別委員会は21日、上田清司知事を答弁者にした総括質疑を行い、日本共産党は、金子正江、前原かづえ両県議が質間しました。

前原氏は、米軍横田基地(東京都)へのCVオスプレイ配備計画は延期ではなく中止を求めるよう主張しました。また、今月6~17日の日米合同訓練に参加したMVオスプレイが埼玉上空を飛行したことを県平和委員会の調査から示し、県や市町村には飛行ルートが明らかにされていと指摘。今後は飛行ルートを公表するよう米軍に求めるべきだと迫りました。

上田氏は「県民の安心・安全を守る意味で、飛行ルートを情報開示することは重要だ」と述べました。

前原氏は飛行ルートの推定や情報提供は県の責任だ」として、予算や人員体制の拡充を要求。上田氏は「検討する」と答えました。

金子氏は、電通の新入社員過労自殺問題を取り上げ、県としての労働相談体制の拡充やブラック企業対策を要求。県の「入札参加停止等の措置要綱」の基準事例に労働法違反を加え、『埼玉県庁はブラック企業と付きあいません』宣言をしたらどうか」と提案しました。

上田氏は「ブラック企業と付き合わないのは当然。ケースバイケースで考える。『労働法違反』を加えるかどうかは法令等も検討しなければならないので、時間をいただきたい」と話しました。

(「しんぶん赤旗」3月24日付より)

●防災ヘリ手数料「慎重に」 小鹿野町議会が知事、県議会議長に意見書提出

埼玉県の防災へリコプターで救助された山岳遭難者から燃料代分の手数料を徴収する条例改定案について、「日本百名山」の両神山などがある小鹿野町の町議会は17日、条例案の慎重審議を求める意見書を、上田清司知事と宮崎栄治郎県議会議長に送付しました。

条例改定案は自民党が開会中の県議会に提出したもの。

意見書は、救助へリの手数料を遭難者から徴収することは「山岳救助の現場に混乱をもたらすばかりでなく、秩父地域の重要な観光資源である登山客の減少など悪影響をもたらすおそれがあり、その効果や影響について多角的かつ慎重に検討する必要がある」と求めています。

意見書は、16日の町議会で日本共産党などの賛成8、公明党などの反対5の賛成多数で可決しました。

(「しんぶん赤旗」3月22日付より)

●さいたま市議会 新年度予算など可決 久保市議ら大規模プロジェクト路線を批判

さいたま市議会は17日、2017年度予算案や条例案などの採決を行い、77件の市長提出議案を可決・同意しました。日本共産党は17年度一般会計予算案、18年度からの国民健康保険の都道府県単位化を見すえて賦課限度額を段階的に引き上げる条例案など、12件に反対しました。
予算案について、久保美樹市議が討論に立ち、市民の福祉を削り、市民に身近な公共施設の建設・改修を遅らせる一方で、ピッグイベントには多額の予算を投入し、「2都心4副都心」の駅前大型開発に157億円もの予算が計上されていることを批判。「地域経済振興策をビッグイベントと大型公共事業に頼るのをやめて市民の所得を増やす施策を進め、税や公共料金の値下げや福祉・教育の充実を進めるべきだ」と主張しました。
国保に関する条例案に対する討論に大木学市議が立ち、審議を通じて、国保税の賦課限度額の引き上げの目的が、国保税の値上げと一般会計からの繰り入れの解消にあることが明らかになったと指摘。「都道府県単位化を口実にした便乗値上げはあってはならない」と批判しました。
(「しんぶん赤旗」3月22日付より)

●国保税引き下げこそ 富士見市議選4候補が全力 26日投票

注目

埼玉県富士見市議選(定数21、立候補28人) は26曰、大激戦のまま投票日を迎えます。日本共産党は、川畑かつひろ(46)、寺田りょう(44)、小川たくみ(32)=以上現=、木村くにのり(47)=新=の4候補の金員当選へ、全力をあげています。

4候補は、26億円もの財政調整基金の活用など財源も示して、国民健康保険税の引き下げ、18歳までの医療費無料化、市民総合体育館利用料の値上げ中止などの政策を訴えています。

4候補の「安倍政権ノーの審判を富士見から」「暮らしを守る願いを共産党に」との訴えに期待と共感が寄せられ、市民から「うそばかりの安倍政権は許せない。共産党が先頭に立たないと政治は変わらない」「国保税が本当に高い。引き下げる政策をやってほしい」などの声が寄せられています。公明党支持者からも「今度は共新産党に入れる」との反応がありました。

一方で、市議会各会派が議席増を狙い、維新も議席確保をめざすなかで、1票を争う大激戦・大接戦となっています。党選対は「折り入って作戦」で担い手を広げ、「全有権者規模での宣伝と対話・支持拡大を」と呼びかけています。

(「しんぶん赤旗」3月25日付より)

●富士見市議選4氏勝利へ全力 財源生かし暮らし改善を 26日投票

19告示(26日投票) された埼玉県富士見市議選(定数21、立候補28人)で、日本共産党し川畑かつひろ(46)、寺田りょう(44)、小川たくみ(32)=以上現=木村くにのり(47)の4候補は第1声で、「暮らしと憲法を守る市政の実現へ全力で頑張ります」と訴えました。

4候補は、共産党が実施した市民アンケートに8割の人が「暮らしに不安がある」「生活が苦しい」と回答したと紹介し、「国の悪政のもとで市民の暮らしが厳しくなっており、それを改善するのが自治体の役割だ」と強調。

市の財政は毎年10億円以上の黒字だと指摘し、26億円もの財政調整基金も活用して、国市健康保険税の引き下げ、18歳までの医療費無料化、市民総合体育館の利用料値上げ中止などを実現すると訴えました。

塩川鉄也、梅村さえこ両衆院議員、前原かずえ県議が応援に駆けつけました。塩川氏は、「森友学園」問題など国会情勢を報告し「暴走する安倍政権に、きっぱりとノーの審判を下しましょう。市民の立場で、全力で頑張る共産党の4人の全員当選を」と呼びかました。

市議選は、共産党4人のほか、公明党4、日本維新の会1、諸派・無所属19の計28人が立候補し、7人はみ出しの多数激戦です。

保守系候補や公明党の陣営には多数の国会議員が応援に駆けつけましたが、国政についてはまったく語らず、市政についてもまともな政策を語りませんでした。

(「しんぶん赤旗」3月21日付より)

●国保税引き下げを訴え 富士見市議選 19日告示 4候補全員当選へ全力

埼玉県富士見市議選(定数21)が19日告示(26日投票)されます。日本共産党は、川畑かつひろ(46)、寺田りょう(44)、小川たくみ(32) =以上現=木村くにのり(47)=新=の4候補の全員当選へ、全力をあげています。

市議選は、市議会各会派が議席増を狙い、維新も議席確保をめざすなど28人の立候補が見込まれ、大激戦の様相です。

国政でも市政でも暴走政治と対決し、市民の暮らしを守るために奮闘ずる共産党に、期待が広がっています。「『自民党に入れたら戦争になるから、今度は共産党』と言って、候補者と一緒に地域を回っている」(自民党支持者の男性)、「自宅のポストに入っていた、共産党が取り組むか国民健康保険税引き下げを求める署名を、患者さんから集めている」(市内の病院の医師)など、これまでにつながりのなかった市民とも、ともにたたかう選挙になっています

4候補は、「富士見から安倍暴走政治にストップをかける」と強調するとともに、市民本位の市政実現のため、国保税・介護保険料の引き下げ、18歳までの医療費無料化、市民総合体育館の使用料の値上げ中止を進めると訴えています。

(「しんぶん赤旗」3月18日付より)

●埼玉から自公を少数派に 参院埼玉選挙区 伊藤岳氏が決意

2019年参院選埼玉選挙区(改選数3)への立候補を表明した、日本共産党の伊藤岳氏(57)=新=は10日、県庁での記者会見で、「99%の国民のための政治と、命と将来への不安のない国づくりを進めたい」と決意と語りました。

昨年の参院選で、同選挙区候補としてたたかった伊藤氏は「『オール埼玉総行動』実行委員会や『ママの会』な市民運動をしている方々の中から、ぜひ次回もという声を多くいただき、立候補を決意した」と表明。市民と野党の共闘を進めようと、県内各地で「オール埼玉総行動」実行委員会が呼びかけた地域連絡会が結成されているとして「うそと強権の政治を進める安倍政権に代わり、新しい政治の実現のために議席を勝ち取りたい。参院選でも衆院選でも、埼玉から自公を少数に追い込む」と強調しました。

同席した党県委員会の荻原初男委員長は、「森友学園」への国有地売却や南スーダンへの自衛隊派遣、「共謀罪」法案などの問題で、国民に真実を明らかにしない安倍政権の姿勢が浮き彫りになったと強調。「きたる総選挙では野党共闘の勝利と共産党の躍進を勝ち取り、参院埼玉選挙区では、必ず議席を獲得したい」と述べました。

(「しんぶん赤旗」3月15日付より)

 

●入間市議選 4市全員当選 暮らしと平和守る公約に支持

当選を喜ぶ(左から)佐藤、安藤、(一人おいて)吉沢、小出の4氏=入間市

12日投開票された埼玉県入間市議選(定数22、立候補27人)で、日本共産党は、安道佳子(60)、吉沢かつら(40)、小出亘(54)=以上現=、佐藤匡(57)=新=の4人全員が当選し、改選比1議席増で、前回獲得した4議席を確保しました。共産党4人の得票合計は7055票(得票率14.74%)で、前回(6392票、13.16%)を数・率ともに上回りました。

共産党は、安倍暴走政治に正面から対決し、野党共闘を前進させるためにも4人の議員団を確立することがどうしても必要だと主張。航空自衛隊入間基地拡張ストップや、国民健康保険税の引き下げ、字校紿食費半額補助など、暮らしと平和を守る公約を掲げてたたかいました。

「安倍首相だけは許せない。今度は共産党に入れる」と保守的な立場の市民からも、期待の声が寄せられるなど支持が広がりました。

公明党は増減なしの4人、民進党は1人落選、2人が当選、自民党は推薦した現職が1人落選しました。

(「しんぶん赤旗」3月14日付より)

●入間市議選 4人全員当選 得票数・率伸ばす

入間市議選の開票結果(12日投開票)

吉沢かつら(40)=現 1990票 10位
小出わたる(54)=現 1958票 11位
安道よし子(60)=現 1869票 12位
佐藤ただし(57)=新 1239票 20位

今回得票総数・得票率  7056票 14.74%
前回得票総数・得票率  6392票 13.17%

●富士見市議選19日告示 くらし応援の市政へ 共産党4候補必勝へ全力

 19日告示(26日投票)される埼玉県富士見市議選(定数21)で日本共産党は、川畑かつひろ(46)、寺田りょう(44)、小川たくみ(32)=以上現=、木村くにのり(47)=新=の4候補の当選で、現有4議席の確保をめざします。

市議選には、共産党4、公明党4、日本維新の会1、諸派・無所属19の計28人の立候補が見込まれています。すでに駅頭では各陣営がひしめきあうなど、激しい争いとなっています。

共産党が行った市民アンケートには、前回市議選時より200人以上多い、520人以上が回答。「国民の気持ちとかけ離れた政治ばかりで絶望しそう」「法律が何でも通ってしまう。野党が協カしてもっと頑張ってほしい」など、暴走する安倍政権に対する怒りと、共産党や野党共闘への期待の声が多数寄せられています。

共産党は、前回市議態で3から4議席に前進。議会での発言力も増し、この4年間で他会派にも働きかけて多くの意見書を提案し、「川内原発再稼働に抗議」「環太平洋連携協定(TPP)への調印・批准に反対」など22件を可決させてきました。

市民アンケートでは、8割の人が「生活が苦しくなった」「くらしに不安をもっている」と回答し、くらし応援の市政実現を求める声も切実です。

ところが、市は介護保険料の大幅値上げや大規模改修によりの休館中の市民総合体育館の使用料を25~35%も値上げ。保守系会派や公明党はこれに賛成してきました。

共産党は、負担増にきっぱりと反対し、市民のくらしを守るために全力をあげてきました。

昨年、市内も大きな被害を受けた台風9号では、共産党はただら現地調査を行い、県議や国会議員とも協力して、浸水被害を受けた民間認可保育園への市独自の改修補助を実現。他会派にも働きかけ、市の災害見舞金の増額も実現しました。

4候補は、「共産党の4人全員当選は、安倍政権の悪政から市民のくらしを守り、新しい政治を開く野党と市民の共闘を発展させる力です」と強調。市の一般会計が毎年10億円以上の黒字であることや、財政調整基金のためこみが26億円あることを指摘し、公約として、国民健康保税・介護保険料の引き下げ、18歳までの医療費無料化、体育館利用料の値上げ中止などを掲げています。

(「しんぶん赤旗」3月12日付より)