埼玉・川口/塩川・梅村氏ら/飲食店経営者を訪問

埼玉県川口市で11日、日本共産党の塩川鉄也衆院議員、梅村さえこ衆院北関東比例候補、おくだ智子衆院埼玉2区候補は緊急事態宣言下での影響を聞き取るため飲食店経営者を訪問しました。村岡正嗣県議、金子幸弘市議が同行しました。

市内にある「和食Nobu」を経営する田島靖士(のぶひと)さんは「直近の売り上げは前年度比3割程度」「緊急事態宣言を受け午後8時までに営業時間を短縮しているが、午後7時以降がピークのため、今は店を開けない方が良いくらい売り上げがない」と訴え。

塩川氏が、12日~2月7日の営業時短協力金(最大162万円)に触れると、田島さんは「固定費や仕入れで月70万円くらい必要。2カ月で無くなる。しかもそこに生活費は含めていない」「今回の要請は4回目だが、実はまだ1回目の協力金が支給されていない」と話しました。

都内の飲食店を経営する女性は「会社員が主な客層だったが、コロナ禍で外食しなくなり、リモートワークでそもそも会社に来なくなった。テイクアウトに切り替えたが、売り上げは落ちたままだ」と訴えました。

塩川氏や村岡氏は「飲食店は大事な社会インフラの1つ。関係業種も含め、支えるのは当たり前だ」と話しました。

飲食店を訪問して話を聞く、(奥側・左から)梅村前衆院議員、塩川衆院議員、奥田2区予定候補、村岡県議

共産党新春宣伝/コロナ禍 政権の人災

日本共産党の塩川鉄也衆院議員、伊藤岳参院議員、梅村さえこ衆院北関東比例予定候補は1月1日、埼玉県川口、さいたま両市で宣伝しました。

3氏は市議団や地元の党員らとともに、県が指定する新型コロナウイルスとインフルエンザを診療・検査する医療機関の一覧が書かれたビラを配布し、「お困りごとがあったら、ご相談ください」と訴え。川口市では、おくだ智子衆院埼玉2区予定候補、村岡正嗣県議も訴えました。

伊藤氏は、「『医療従事者に感謝を』と言いながら、多くの病院でボーナスが十分に支払われなかった。政府はただちに医療機関の減収補てんを」と強調。梅村氏は「コロナでストレスを抱える子どもたちに、これ以上がまんさせるわけにはいかない。少人数学級をさらに広げましょう」と呼びかけました。

塩川氏は「2021年は、野党連合政権をつかみ取ろう。そのためにも、きたる総選挙では比例で共産党を大きく伸ばしてください」と訴えました。

さいたま市で訴えを聞いた男性は、「安倍さんもだめだが菅さんもだめ。頑張って」と3氏を激励。川口市で訴えを聞いた女性(65)は「去年のクルーズ船の時から政府の対応はずっとおかしいと思っていたし、コロナは人災だと思う。障害者のグループホームで働いているので、そういう所への検査をしっかりやってほしい」と話しました。

左から村岡県議、奥田2区予定候補、梅村北関東比例予定候補、伊藤参院議員、塩川衆院議員(マイク握る)