7.4埼玉オンライン総決起集会

史上初のオンラインによるラストスパート総決起集会を開きます!!
7月4日(月)10時より、県委員会のユーチューブチャンネルで
ご視聴いただけます。
「今度は共産党が伸びてほしい」「梅村さんに何としても当選してほしい」
みなさんの思いを集め、参院選を必ず勝利します!!
【プログラム(予定)】
・ミライワゴン(青年・学生後援会による宣伝カー)の追っかけムービー
・「勝ちたい!勝つんだ!」#比例は共産党リレーメッセージ
・片山和子比例候補の訴え
・梅村さえこ選挙区候補の訴え
・荻原県委員長の報告・提起
その他

埼玉/入間市議選で3議席確保/市庁舎建て替え見直し、コロナ対策強化を

埼玉県入間市議選(定数22)が3月7日告示(14日投票)されます。日本共産党は安道よし子(64)、小出わたる(58)、佐藤ただし(61)=いずれも現=の各候補の当選で3議席確保を目指します。28人が立候補見込み。

党市議団は、市にコロナ対策強化をくり返し求め、水道料基本料金の2カ月間半額や、国民健康保険税の減免、子育て世帯への支援金、小規模事業者への追加支援事業などの実施に力を尽くしてきました。また、市民とともに小中学校の普通教室へのエアコン設置や、中学校卒業までの子ども医療費無料化を実現してきました。

入間市は、コロナ禍にもかかわらず、巨額を投じる市庁舎建て替えを推進。避難所でもある小中学校や公民館に加え、保育所などの公共施設の統廃合計画も進めています。

共産党は、高すぎる国保税・介護保険料の引き下げや、子どもの国保税均等割の廃止、18歳までの子ども医療費無料化、小中学校の給食費無料化、市内循環バスの拡充、災害対策強化などを公約に掲げています。

また、新型コロナワクチンの徹底的な情報公開や、自治体・病院への支援強化、PCR検査の幅広い実施、中小・小規模事業者への営業実態にみあった補償を国に求めます。

小出わたる市議

佐藤ただし市議

安道よし子市議