参院比例代表候補に、梅村さえこ氏

前衆院議員1期、党準中央委員、国民運動委員、53歳

決意

消費税増税阻む

祖父が空襲で亡くなり、母は女手一つで育てられ、苦労するなかで「女だから」と言って上の学校に行けませんでした。〝戦争は絶対ダメだ〟〝女性の差別をなくしたい〟との思いが政治活動の原点です。
9条改憲の動きを、もう一度国会に行って止めたいと立候補を決意しました。
19年10月には消費税10%への増税が計画されています。10%増税は2度断念させています。参院選で、この流れを強くすることが3度目の断念に追い込む決定打になります。なんとしても国会に駆けあがりたいと思います。
(「しんぶん赤旗」2017年12月28日付より)

活動地域=北関東

戸口氏 トップ当選 上尾市議補選 衆院選の1.9倍得票

当選を喜ぶ戸口氏ら

17日投開票された埼玉県上尾市議補選(定数2、立候補6人)で日本共産党は、戸口佐一候補(67)=新=がトップ当選し、現有5議席からの議席増を果たしました。得票は1万6606票で、10月の衆院選比例票の1・9倍、昨年の参院選比例票も上回りました。

市議補選は、前市議会議長が、市が発注したごみ処理施設の業務委託をめぐり、業者に入札情報を漏らしたなどとして前市長とともに逮捕され、辞職したことによるもの。戸口氏は、前議長が所属していた自民系会派「新政クラブ」の議員が推す候補らを破り、当選を果たしました。この結果、共産党は公明党(5議席)を上回る6議席となり、市議会第1党(会派としては保守系に次ぐ第2会派)となりました。

戸口氏は選挙戦で、「共産党は、政党助成金も企業・団体献金も1円も受け取っていない清潔な政党です。金権にまみれた市政を変えるために、共産党の議席を増やしてください」と訴えてたたかい、市民の期待と共感が広がりました。

同時に投開票された上尾市長選は、日本共産党が応援した鈴木しげる候補(無所属、前市議)が、24,695票(37.88%)を獲得し、善戦しましたが、及びませんでした。