戦争法ノー期待大 埼玉・朝霞市議選 当選の3氏決意


当選を喜ぶ(前列左2人目から)山口、石川、斉藤の各氏=2015年12月7日未明、朝霞市

当選を喜ぶ(前列左2人目から)山口、石川、斉藤の各氏=2015年12月7日未明、朝霞市

6日投開票された埼玉県朝霞市議選(定数24、立候補28人)で、日本共産党の斉藤弘道(53)、山口公悦(65)=以上現=、石川啓子(52)=元=の3氏は全員が得票を伸ばして当選し、前回獲得議席を維持しました。

3氏は合計で3770票(得票率10.61%)を獲得し、石川氏が2位で当選するなど、前回の2849票(得票率8.20%)から大きく伸ばしました。

3氏は、陸上自衛隊朝霞駐屯地を抱える「基地のまち・朝霞」から「戦争法ノー」「安倍暴走政治ノー」の声をあげようと強調し「平和と暮らしの願いを共産党へ」と訴えてたたかいました。党事務所に自民党員という市民から「今の安倍政治は許せない。今回は共産党に投票したい」と電話がかかってくるなど、幅広い市民のなかで期待と共感が広がりました。

事務所に集まった全員当選を喜ぶ支援者らに3氏は感謝を述べるとともに、市民からの大きな期待を感じた選挙だったと述べ「みなさんから寄せられた期待に応えるために、公約実現へ頑張ります」と決意を語りました。

(しんぶん赤旗2015年12月8日付より)