参院選 改選3から6議席に前進 伊藤岳候補は大善戦


7月10日投開票の参議院選挙で日本共産党は、比例代表で5議席(改選3)を獲得し、選挙区では東京選挙区で議席を獲得しました。埼玉選挙区(改選数3)で伊藤岳候補は、486,778票(15.81%)を獲得し、前回比で133,184票の大幅増をかちとったものの、議席には及びませんでした。

参議院では非改選8議席と合わせて14議席になり、政治を動かす力が大きくなり、選挙中にかかげた公約実現に全力をあげます。

日本共産党は、今回の参議院選挙を、民意に背く「安倍暴走政治」の全体にノーの審判、チェンジの意思を示す選挙として……独裁と戦争への逆流か、立憲・民主・平和の新しい政治か、日本の命運をかけた選挙としてたたかいました。

日本共産党は、野党共闘の勝利と日本共産党の躍進で「政治を変える」選挙として、たたかいました。選挙戦は「自公+補完勢力対、4野党+市民・国民」の対決構図と、野党共闘の威力がますます鮮明になり、市民・国民が自らの選挙として立ち上がる、史上かつてない選挙戦となりました。とくに、全国の32の1人区のすべてで野党統一候補を実現したことが、多くの有権者の期待をあつめました。

野党4党は、「安保法制廃止、立憲主義を取り戻す」という、国民的大義のもとに結束しています。同時に、野党4党は、国民生活と民主主義にかかわるさまざまな分野での「共通政策」を豊かに発展させています。

「自民党改憲案」=安倍改憲を許さず、安保法制=戦争法廃止にむけて、共闘の輪をさらにひろげるために全力を尽くします。

2016年7月          日本共産党埼玉県委員会