国民に応え参院選勝利 埼玉で一斉宣伝


日本共産党埼玉県委員会は26日、県内全駅頭宣伝に取り組みました。東京都議選での党の躍進を参院選にもつなげ、比例での5議席以上獲得、埼玉選挙区での勝利を実現しようと、党員、後援会員が「しんぶん赤旗」号外や「新埼玉」号外を配って党の政策を訴えました。

党の躍進を訴える伊藤候補(左)と塩川衆院議員=2013年6月26日、春日部市

党の躍進を訴える伊藤候補(左)と塩川衆院議員=2013年6月26日、春日部市

伊藤岳参院埼玉選挙区候補は、春日部駅前(春日部市)で演説。都議選の結果について「自民党の暴走政治をストップしてほしいという都民の願いが共産党に託されたものだ」と述べ、「政治を変えてほしいという願いを参院選でも共産党に託してほしい」と訴えました。伊藤氏は、改憲や原発推進、雇用・賃金改悪などの安倍政権の狙いを批判し「参院選で審判を下そう」と語り、「自民党の暴走政治、民主党や『第3極』政党に不安を感じる方は、今度は共産党に任せてほしい」と訴えました。

国会を終えて駆け付けた塩川鉄也衆院議員は、参議院で安倍首相に対する問責決議案が可決され、生活保護法改悪案が廃案になったことを報告。「暮らしを守る政治への転換を、参院選で日本共産党を大きくすることで実現しよう」と呼びかけました。

辻もとみ参院比例代表候補は、志木駅前(志木市、新座市)で党の躍進を訴えました。(しんぶん赤旗首都圏版)