秘密保護法撤廃求める決意表明


「秘密保護法の制定を許さない埼玉の会」(柳重雄代表)は12日、名称を「秘密保護法の撤廃を求める埼玉の会」に改め、同法の撤廃を求めていくとした声明を発表しました。声明では「『戦争する国』につながるあらゆる動きを許さないために全力をあげる」と決意を表明しています。

同会は来年1月22日午後6時半から、さいたま市のさいたま共済会館で、新たなたたかいに向けた「スタート集会」を開きます。(赤旗2013年12月13日付より)