峯さんで憲法生かす市政 川口市長選告示 塩川議員が応援


峯りみこ候補=2014年2月2日、川口市

峯りみこ候補=2014年2月2日、川口市

埼玉県川口市長選が2日告示(9日投票)され、「市民のための明るい川口市政をつくる会」の峯りみこ氏(63)=無所属新、日本共産党推薦=が立候補しました。

ほかに、自民党前県議の奥ノ木信夫氏(62)=無所属、自民・公明推薦=と田中千裕(かずひろ)氏=無所属=、元市議の近藤豊氏(52)=無所属=が立候補し、新人4人のたたかいになりました。

第一声で、峯氏は117億円の市財政調整基金の一部を使って市民生活を守ると強調。「市民生活最優先の市政を実現する」と訴えました。

さらに、消費税増税に反対し、公共料金に転嫁しないこと、子ども医療費無料制度の支給制限撤回・年齢を18歳まで拡大、小中学校へのエアコン設置、認可保育所の増設などの政策を掲げました。

日本共産党の塩川鉄也衆院議員が応援演説して、子ども医療費やエアコンの問題で市民の願いに応える訴えをしてきたのが峯氏だと強調。「憲法を守り生かす市政実現の願いを、何としても峯さんに」と訴えました。

新日本婦人の会の伊藤有紀さんは「子ども医療費無料化や学校へのエアコン設置問題で要望書を市に提出した時、峯さんは子どもの命を最優先にと訴えて応援してくれました。私たちの手で峯さんを市長に押し上げたい」と語りました。(赤旗2014年2月4日付より)