「青年といっしょに政治を変えよう」民青県代表者会議であいさつ


民青同盟県代表者会議であいさつする小松崎県委員長=2010年1月24日、上尾市

民青同盟県代表者会議で来賓あいさつする小松崎県委員長
=2010年1月24日、上尾市

 
小松崎久仁夫・日本共産党埼玉県委員長は、1月24日に上尾市内で開かれた第48回日本民主青年同盟埼玉県代表者会議で来賓のあいさつをしました。
小松崎県委員長は、「青年たちがひどい労働実態をうったえ、青年大集会で力をあわせて社会にうったえるなど青年のがんばりが、昨年の総選挙で自公政権を退場させる大きな力になった。今年夏にたたかわれる参議院選挙で政治を変えよう」とうったえ、「日本共産党は民青同盟の相談相手。民青同盟の要望にこたえる努力をしていきたい。どんどん日本共産党にも声をかけていただきたい」とよびかけました。
 
民青県代表者会議では、「毎回ご飯をつくって食べながら班会をしている。カルタ大会やもちつき、核兵器廃絶署名など楽しくとりくんでいる」(草加市の地域班)、「昨年秋の芋煮会に参加して民青に入った。アットホームな雰囲気で、一人一人の話を聞いてくれるのがいい。その後もお好み焼きや焼肉など班会のたびにみんなで食事をつくるのも楽しい」(久喜市などの地域班)、「参加しない時期もあったが、班のフットサル大会に参加して復活した。ずっと連絡をくれた仲間に感謝したい。みんなで集まると楽しいし、エネルギーが充填できて元気になれるのが民青」(川越市などの地域班)と代議員たちが、活動の様子や民青の魅力を語り合い、活動計画を採択しました。
 
また会議では新しい民青埼玉県委員会役員を選挙し、委員長に安部里美さん、副委員長に河野匠さんが選出されました。